ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フラッシュシステム


ヨミ: フラッシュシステム
掲示板をミル!
22カキコ!

フラッシュシステムとは、アニメ機動新世紀ガンダムX」に登場するシステムである。


概要


ニュータイプの持つを利用するためのシステム
それまでのガンダムシリーズで言う所のサイコミュに該当するシステムであり、ニュータイプを持つ人間波を介してビットやビットモビルスーツの制御を行う。

(旧)地球連邦軍はこのシステムをビットモビルスーツの操縦のために利用したのに対し、宇宙革命軍は移動式小台であるビットの制御のために使ったというコンセプトの違いがある。
その他、一部の機体では機体そのものの制御に対してもシステムが利用されている他、サテライトシステムを搭載するガンダムXにおいてはサテライトシステム初回起動時に面基地への認を行うのにも利用される。

システムが開発された当初はあくまでニュータイプを利用する手段の一つであったが、ニュータイプ軍事的に利用する技術ばかりが先行した結果、「フラッシュシステムを起動させられるのがニュータイプ」と言うように入れ替わってしまう。
そのため、常人ではあり得ない異を持つ人間でも、システムを起動させられないがために「偽者」の烙印を押され人格を否定され、フロスト兄弟のような人間を多数生み出す事になってしまった。


搭載機


作中に登場した中でフラッシュシステムを搭載している兵器は、外伝作品「機動新世紀ガンダムXUNDER THE MOONLIGHT~」も含めて、以下の通り。

要するに、ガンダムと名の付くMS全てとベルティゴラスヴェートパトゥーリアの3機。
この中で作中で実際にビットまたはビットモビルスーツを使ったのはベルティゴラスヴェートだけで、この2機とガンダムXガロード機)以外では設定上搭載されているというだけでシステムは起動されていない。


ガンダムエックス


ガンダムエックスおよびダブルエックスサテライトシステムを搭載している関係上、フラッシュシステムも搭載している。
どちらもサテライトシステムの初回認を行っているためフラッシュシステムが起動されている。このうち、ガロード機は作中で実際にシステムの起動を行った。

ジャミル機のGXはシステムに加え、戦中にシステムによってビットMSも操縦している。
ガロード機のGXおよびダブルエックスはビットMSを使っていないが、スーパーロボット大戦においてはダブルエックスでビットMSを使うシーンが存在する(パイロットは非ニュータイプガロードだが、サブパイロットティファを乗せることでシステムを起動している)。


エアマスター・レオパルド


これらは戦時に開発された機体であり、その時はGXに乗ったジャミルと同じくニュータイプパイロットがビットMSを従えて乗ったのだと思われるが、戦後ニュータイプではないウィッツとロアビィが乗っているため起動されていない。

修機のエアマスターバーストレオパルドデストロイは、「同一の機体を修したものである」と言う性質上、システムはわざわざ取り外されてはいないと思われる。


ヴァサーゴ・アシュタロン


ヴァサーゴ・アシュタロンにも設定上はシステムが搭載されている。

戦後に開発された、非ニュータイプであるフロスト兄弟の専用機に何故システムが?」と言う疑問が度々上がるが、これらの機体はそもそもフロスト兄弟の専用機ではない。ガンダムベルフェゴールデータを基に、戦後の新連邦軍がめて開発したNTMSの試作機の中の1機がそれぞれフロスト兄弟の搭乗機となっただけである。
ただ、経緯はともかくとして作中ではフロスト兄弟以外のパイロットが登場していないため、システムは起動されていない。

後継機のチェストブレイクハーミットクラブは不明。
チェストブレイクについては、一応機体の分類としては「サテライトシステム搭載MS」となっており、サテライトシステムといえばフラッシュシステムによる認だが、作中ではフロスト兄弟は部下による手動操作によって認しにマイクロウェーブの照射を受けている。しかし、「面基地を制圧し手動によるマイクロウェーブ照射をする事が必須」と言う前提でフラッシュシステムしのサテライトシステムを搭載する事は少々考えにくいため、GXと同じくフラッシュシステムを用いた認の上で自動照射を受けられるシステムになっていたが、パイロットフロスト兄弟でありシステムを起動できなかったため、面基地を制圧して強引に使用した・・・と考えるのが妥当だろうか。
ハーミットクラブについては、チェストブレイク側がフラッシュシステム・サテライトシステムの担当であり、こちらはランチャー台である事を考えると、元機と同じくフロスト兄弟以外のNTパイロットを想定しての開発か、エアマスターデストロイのように同一機をいくらか修しただけの機体でない限り、システムは搭載されていない可性が高い。


ラスヴェート


ラスヴェートはヴァサーゴやアシュタロンと同じく戦後になってから新連邦軍によって開発されたNTMSであるが、こちらはアベルバウアーと言うニュータイプパイロットが搭乗したためにシステムが起動され、実際にビットMSを操っている。

ラスヴェートβとはコミックボンボン漫画版にて登場した機体。
ラスヴェートと言う名ではあるがベルティゴを元に開発されていると思われるフォルムをしており、フリーデンIIをパクった際に一緒にパクった。カリスが搭乗し、ラスヴェートと同じくビットMSを使用している。


フェブラル・ベルティゴ


この2機はいずれも戦中に宇宙革命軍が開発した機体。

どちらもフラッシュシステムを利用した武装としてビットを搭載しており、ベルティゴは作中で実際にカリスと言うニュータイプ強化人間)によってビットが使用されている。

フェブラルもパイロットランスロー(ニュータイプ)であったためビットを使用したものと思われるが、詳しい描写はい。


パトゥーリア


宇宙革命軍によって戦中開発されていた巨大NT用MA。

非常に多くの有線式ビームを装備しており、これらはフラッシュシステムによってビットのように制御される。
また、これに搭乗するNTは「パイロット」ではなく「生体部品」であるという位置づけから、他のMSのような操縦系統ではなく、機体制御の大部分をフラッシュシステムに依存しているような仕組みだと思われる。


D.O.M.E.専用ビットモビルスーツ


面基地を防衛しているビットモビルスーツは、フラッシュシステムを介してD.O.M.E.によって制御されている。

通常、ビットMSは本体となりニュータイプパイロットが搭乗する有人のMSと全く同じ外見をし、本体を発見され難くする的もあるが、このビットMSはそもそも本体が存在しない。全て、面基地から直接フラッシュシステムで操縦されている。


ガンダムベルフェゴール


外伝作品「機動新世紀ガンダムXUNDER THE MOONLIGHT~」に登場した機体で、ヴァサーゴやアシュタロンの元となった機体。

第7次宇宙戦争(作中の15年前の、コロニー落としがあった戦争)後期に開発された「対ニュータイプ」のMSで、並のパイロットではあまりの機動等による負荷に耐えられない。
NT用のMSではあるが、このようなスペックの機体を制御するために、これ自身にもフラッシュシステムが搭載されている。


関連項目



最終更新日: 10/09/14 02:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ