ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フリードリヒ3世


ヨミ: フリードリヒサンセイ
掲示板をミル!
5カキコ!

フリードリヒ3世(Friedrich III)とは、

  1. 15世紀後半の神聖ローマ帝国皇帝ハプスブルグ出身。
  2. ホーエンツォレルンドイツ帝国第2代皇帝。咽頭により在位99日にして崩御した「」。 
  3. その他、ドイツ王、ドイツ語圏の貴族神聖ローマの選侯などといった君・当複数
  4. 銀河英雄伝説」の登場人物。ゴールデンバウム朝銀河帝国20代皇帝。「敗軍」として知られる。
    CV.太田哲治オーディオブック版)。

である。この項では4.について解説する。


概要


ゴールデンバウム朝銀河帝国20代皇帝(在位R.C.330?~336?)。先レオンハルト2世の子。
その治世のさなかに起きた「ダゴン域会戦」に歴史的大敗を喫したため、「敗軍」の異名を持つ。第21皇帝マクシミリアン・ヨーゼフ1世は異侯爵ステファン・フォン・バルトバッフェル上級大将は異

名君と呼ばれることはなく、とはいえことさら暗君というわけでもないが、彼の治世はゴールデンバウがもっとも深く腐敗と退と陰謀の中に沈んでいた時代であり、「暗赤色の六年間」と呼ばれた。


即位


の甥であったフリードリヒ皇帝となったのには理由がある。
それは先レオンハルト2世に実子がなかった、という、5世紀近いゴールデンバウ歴史のなかでもよくある程度の理由であるが、フリードリヒの場合にはややその趣が異なっていた。

レオンハルト2世皇后クリスティーネといったが、自身との間含め、夫に跡継ぎとなるべき子がいないことを考えた彼女は、夫に甥であるフリードリヒを養子にするよう勧めたのである。そしてその養子縁組が成立した直後、レオンハルト2世は急死し、フリードリヒ位につくことになったのだった。

この奇妙な展開は、当時の宮廷を巡る陰世情もあって、周囲に陰謀の存在を噂させるに充分であった。フリードリヒがもともと皇后クリスティーネと不倫関係にあったために養子に推薦されたのではないかと囁かれ、いわずもがなレオンハルトは暗殺されたのではいかという推定も可だが、事実は定かではない。


治世


先だっても記述しているように、彼の治世は「暗赤色の六年間」と呼ばれる、陰謀と腐敗にられたものであった。

皇太子である長男グスタフ病弱をいいことにして三男ヘルベルト大公と四男リヒャルト大公位継承権を巡る陰惨な競争を続け、次男マクシミリアン・ヨーゼフは母親に後ろがないために視されていた。この争いはフリードリヒ3世の死後に表面化し、最終的に次男マクシミリアン・ヨーゼフ2世の登極と革を生むことになる。

を暗殺したという疑惑が事実だったのか、フリードリヒ自身も暗殺と叛乱の恐怖に怯えた。皇帝を守るべき近衛師団が叛乱を起こすのではないかと恐れた彼は皇宮新憂宮の内部に近衛師団と対決できる戦を別に備えることとし、北に「北騎兵団」を、西に「西歩兵団」を設置。これらの部隊の口をつねに近衛師団部に向けることで近衛師団を牽制し、自らの安寧を得ようとした。

そして何より、彼の治世の初期にあたる帝国331年、叛徒、すなわち「自由惑星同盟」が発見されている。フリードリヒ長男グスタフを見限り、新たに三男ヘルベルト大公皇太子に立てるための「箔付け」としてヘルベルトを討伐官に任じた。しかし敵を侮った「ダゴン域会戦」の結果帝国軍は敗を喫し、敗走したヘルベルトは失脚。帝国の権威も著しく低下する事態となった。


死後


「暗赤色の六年間」の余波はフリードリヒの死後も続いた。

まず彼の異マクシミリアン・ヨーゼフ1世が一時的に皇帝の地位を継ぎ、続いてフリードリヒ長男グスタフ位についたが在位約100日にして殺された。その結果、次男マクシミリアン・ヨーゼフ2世が第23皇帝となり、「」として澱みきった帝国を立て直すこととなる。

マクシミリアン・ヨーゼフ2世が同盟との戦いを選ぶことはなく、フリードリヒ3世の設置した「北騎兵団」と「西歩兵団」も、悪しき時代の産物として解体された。その次代コルネリアス1世もまた、同盟征伐に際して充分な兵備を整えてから実行している。


関連動画



関連項目



最終更新日: 19/04/30 19:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ