ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フルメタル・パニック!


ヨミ: フルメタルパニック
掲示板をミル!
930カキコ!
[画像を見る]

フルメタル・パニック!とは、著:賀東招二イラスト四季童子発行:富士見ファンタジア文庫角川書店ライトノベルシリーズ。またはそれを元にしたアニメ(一期)である。略称は『フルメタ』『FMP』。

概要

1990年代末期、史実と異なりソビエト連邦が崩壊しておらず、ソによる東西冷戦が依然として続いている現実世界パラレルワールド舞台にしたSFアクションコメディ。"ブラックテクノロジー"と呼ばれる異常に高度な科学技術をもたらす特殊な人間"ウィスパード"を巡ると戦いが描かれる。

作品ジャンルは多岐に渡っており、人兵器アーム・スレイブ(AS)が活躍するロボットもの・数多くの兵器が登場するミリタリーもの・作品の根幹設定に関わる部分ではSF戦闘シーンの多さからアクション主人公ヒロインが織り成す学園ラブコメディと様々。作者によれば「強いて言えば冒険活劇もの・B級アクション映画でも観るつもりでお楽しみください」(一巻あとがき)とのこと。

原作小説ミリタリーアクションシリアスメインストーリーが展開される「長編」全10作/12巻、長編のサイドストーリーを描く「サイドアームズ(特別短編集)」2巻、打って変わって"戦争ボケ"の主人公と意地っりなヒロインが繰り広げる学園コメディの「短編」全9巻の三部構成で刊行されている(短編集にも一部長編のサイドストーリー的短編が収録されている)。「長編」「短編」シリーズについては完結したが、アニメ第四期の制作に合わせて新作の刊行予定が発表されている。

原作者・賀東招ニのこだわりにより、ASの構造や操縦システム等は細かく作り込まれており、これらの機体やその武装の開発メーカーとしてボフォース[外部]オート・メラーラ[外部]ラインメタル[外部]IMI[外部]など、実在する軍需産業の名も多く登場する。『機動警察パトレイバー』のレイバーや『装甲騎兵ボトムズ』のアーマードトルーパー、『ガサラキ』のタクティカル・アーマー(TA)・フェイク等の人兵器に通じる描写と設定が有る。

2011年には長編シリーズ完結後の十数年後を描くスピンアウトシリーズフルメタル・パニック!アナザー」(賀東氏は原案、執筆はメキシコ人、ホセオークロ又はホセサントス尚人氏)の開始(2011/8/20発売)が発表[外部]。第一巻は発売後、富士見ファンタジア文庫レコードを塗り替える速度で重版される人気となっている。こちらは2016年完結

TRPGスパロボフィギュアプラモデル等の展開については公式サイトWikipediaを参照のこと。

2015年10月にはテレビアニメ第四期の制作が発表され、2016年12月にはオーディオドラマ開、2017年11月よりアニメ第一期を再編集したディレクターカット劇場版開(全3作)、テレビアニメ2018年4月より放映が開始される。またゲーム版も同年5月に発売予定。

あらすじ(原作一巻『戦うボーイ・ミーツ・ガール』)

時は20世紀末。いかなる国家にも属さず、世界の十年先を行く装備と凄腕の人材をえ、武介入による平和維持活動を遂行する極秘の軍事組織ミスリル>。

ミスリルに所属する精鋭の傭兵相良宗介とその同僚達は、上官であるアンドレイ・カリーニン少佐から東京在住の女子高生千鳥かなめの警護任務を命じられる。少佐によれば、彼女KGBを始めとする各諜報機関拉致される可性があるという。

宗介に課された任務とは、彼女の通う都立高校に転入(潜入)して、日本政府千鳥かなめ本人にも気付かれぬよう秘密裏に彼女の身辺警護を行う事であった。かなめと同年代であるという特徴を活かし、同僚のクルツ・ウェーバーメリッサマオと共同しながら同級生として彼女の警護にあたる宗介。しかし、幼い頃からゲリラ傭兵として数多の戦場を駆け抜けてきた歴戦の兵士である彼にとって、"平和日本での普通高校生としての日常"は理解の範疇を越えたものだった。爆発物騒ぎ・備品破壊・不法侵入・授業妨……騒動を起こす度にかなめや担任の神楽坂恵里に怒られ、「自業自爆」の悪戦苦闘の日々が続く。

なぜミスリルが、どう見ても女子高生でしかない少女を護衛しなければならないのか疑問に思いながらも、警護任務を続ける宗介達。敵の機関ミスリルの潜水母トゥアハー・デ・ダナンミサイル攻撃で撃破し、護衛任務の終了を告げられた直後、季節外れの修学旅行沖縄へと向かった高校の生徒達を乗せた旅客機が正体不明のテロリストハイジャックされてしまう。
かなめは自覚していなかったが、彼女は"ブラックテクノロジー"と呼ばれる現代の科学準をかにえたオーバーテクノロジーをもたらす特殊なを持つ人間"ウィスパード"だった。犯行グループは、かなめ以外の生徒達をハイジャックした飛行機ごと爆破し、かなめ拉致を偽装しようとしていた。

孤立援の状況下でありながらも、テロリストに一人連れ出されたかなめを救出する為に決死の反撃を開始する宗介。やがて援軍が到着し、形勢は逆転したかに見えたが、そこに宗介の宿敵・ガウルンが"ラムダドライバ"と呼ばれる兵器を搭載したアーム・スレイブを駆って現れる。
通常兵器による攻撃を全く受け付けないラムダドライバの前にミスリル仲間が立たない。宗介達が絶体絶命の窮地に陥ったその時、彼の前にトゥアハー・デ・ダナンから射出されたラムダドライバ搭載アーム・スレイブ"ARX-7 アーバレスト"が姿を現したのだった――

アニメ版

第一期『フルメタル・パニック!』2002年1月~同年6月
通称無印GONZO制作原作長編の『戦うボーイ・ミーツ・ガール』『疾るワン・ナイト・スタンド』『揺れるイントゥ・ザ・ブルー』三作、原作短編「人はスペシャリスト(放映タイトルパートタイム・ステディ」)」「仔猫のR&R」「エンゲージシックスセブン」とオリジナルエピソードの全24回で放送された。
なお、本来は2001年から放送の予定だったが、米国での9.11事件の発生により、作中のハイジャックシーンを考慮して放送が延期された。
第二期フルメタル・パニック?ふもっふ2003年8月~同年11月
通称ふもっふ京都アニメーション制作原作短編のみをベースに全12回(全17話)で制作された。ASでの戦闘シーンシリアス展開はほぼ存在しない全な学園ラブコメである。
なお、当初のフジテレビの放送では長崎での幼児誘拐殺人事件を受けて一部が放送されず、全11回での放映となっている(再放送以後は全12回に復帰)。
第三期フルメタル・パニック! The Second Raid2005年7月~同年10月
通称TSR』。前作に引き続き京都アニメーション制作原作長編の『終わるデイ・バイ・デイ』がベースだが、原作を補するオリジナルエピソードが追加された構成となっている。
全なギャグ調だった前作とは180度作が異なり、物語軸は<高校>から<ミスリル>へと戻り、<アマルガム>との戦いが描かれるシリアス作品。一部にグロテスクシーンや残虐な描写がある為、R-15定となっている。全13回。
OVAフルメタル・パニック! The Second Raid 特別版OVA2006年5月26日
短編五巻『どうにもならない五里中?』に収録されていた「わりとヒマな戦隊長の一日」を映像化した作品。
第四期フルメタル・パニック! Invisible Victory2018年4月~)
通称『IV』。実に11年振りとなるアニメ化で、制作XEBEC原作長編『つづくオン・マイ・オウン』以降がアニメ化される予定で、脚本・構成は原作賀東招二が担当し、メインキャストどが三期から引き継がれる模様。これに先行して2016年12月には『踊るベリーメリークリスマス』がオーディオドラマ化(2018年現在開終了)された。
なお、当初は2017年期の放送予定だったが製作上の都合から2018年期に放送が延期された。

作品関連用語

主な登場人物

相良宗介   CV関智一 籍:
主人公ミスリル西太平洋戦隊特別対応班(SRT所属(階級:軍曹コールサインウルズ7)。都立高校2年4組所属(ゴミ係)。生徒会会長補佐官・安全保障問題担当。
千鳥かなめ [画像を見る] CV:雪野五月 籍:日本
メインヒロインウィスパード。ミスリルによるコールサインは"エンジェル"。都立高校生徒会副会長。2年4組所属。

ミスリル

テレサ・テスタロッサ [画像を見る]  CVゆかな 籍:アメリカ
メインヒロインウィスパード。ミスリル西太平洋戦隊戦隊長(階級:大佐コールサインアンスズ)。潜水艦トゥアハー・デ・ダナン(TDD)の艦長にして設計者。通称は「テッサ」。
リチャードヘンリー・マデューカス  CV西村知道 籍:イギリス
係のおじさん西太平洋戦隊所属(階級:中佐)・TDD副長。通称は「公爵(デューク)」。フォークランド紛争にも出征した元英国海軍潜水艦艦長で、ミスリルに入る以前から世界でも屈の実戦経験豊富な潜水艦乗りである。潜水艦乗りのテッサカールを救った過去があり、カール亡き後はテッサ父親代わりのように接している。帽子キャップ)がトレードマーク
アンドレイ・セルゲイヴィッチ・カリーニン  CV大塚明夫 籍:ソ連
西太平洋戦隊・陸戦部隊作戦指揮官(階級:少佐コールサインパース1)。元ソ連軍の特殊部隊スペツナズ)の指揮官だったが、現在では陰謀によりソ連を追われている。飛行機事故で孤児となった宗介の育ての親。専らTDDの発所から後方指揮官として宗介達の揮を執っているが、生身での戦闘トップクラステッサレナードとの接触後に大きな決断をする。

次へ»
最終更新日: 19/10/14 19:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ