ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フレイヤ


ヨミ: フレイヤ
掲示板をミル!
32カキコ!

フレイヤ(Freja, Freyja)とは、北欧神話に登場する女神の一柱である。フレイアフライアとも。


概要


美、欲、豊魔法戦闘などをつかさどる女神。非常に美しく奔放な性格をした女神で、女性の美徳と悪徳をすべて兼ね備えた存在とされた。

平和々・ヴァン族の出身。は豊と富と港のであるニヨルド、は女巨人スカジ、もしくはニヨルドの姉妹であるとされるがはっきりはしていない。アース族とヴァン族の争いが決着して和解する際に、人質として・ニヨルドおよびフレイとともにアース族の世界アースガルドに移り住んだ。

オードという夫がおり、フノッスとゲルセミという美人姉妹をもうけた。

美しき豊女神であるがゆえに、巨人族に狙われることもしばしば。雷神トールの鎚が巨人族に盗まれたときには代わりにフレイヤを要されたが、フレイヤはこれをつっぱねた(結果困り果てたトールがフレイヤに女装して奪い返すというまさかの展開に)。

性的に奔放で、々・人間問わず多くの愛人がおり、であるフレイとすら関係を持った。中でもオッタルという人間男性がお気に入りだったという。ブリシンガメン(詳細後述)を手に入れる際に、要されるがままに4人の鍛冶小人と一夜をともにしたという記述が、々を人間として書いた『フラー島本』の「ソルリのサガ」にみられる。

一方で夫・オードがに出たまま帰らなかったときには世界中を探し回すという健気な面も持ち合わせる。フレイヤは夫が見つからぬことに涙を流し、それが地中にしみこんでに、に流れて琥珀になったという。このの間、各地でヴァナディースヴァン族の女神の意)、ゲヴィン、スュール、ヘルン、マルデル、シル、スキャルフ、トルングなど様々な名前を使い分けた。


所有物


く炎の首飾りブリシンガメン(またはブリシンガメル)を所有し、のあいだ身につける。これを身に着けたフレイヤの魅は更に高まり、も人もその前には逆らえなかったという。

また身にまとうとの姿に変わりを飛ぶことのできる「の羽衣」も所有する(に関係なくただを飛ぶことのできる羽衣という記述も見られる)。ただしフレイヤが実際にこれを使ったという話はなく、奸智のロキが使う話のみが見られる。

フォールクヴァングという館に住み、その中にある大広セスルームニルでヴァルキュリャが連れてきた戦死者の中から勇敢な戦士を選び取る(残りはオーディンのものとなる)。

の際には2匹のが牽くか、ヒルディスヴィーニというイノシシに乗って移動する。


余談


金曜日英語 "Friday" はもともと「フレイヤの日」を意味する(オーディンの妻であり、近年フレイヤと同一である可性を摘されているフリッグの日とする場合もある)。またドイツ語で(大人の)女性を意味する "Frau" のとも言われる。


創作作品におけるフレイヤ


この女神モチーフにして多数の創作フレイアというキャラクターが生み出された。「フレイア」も参照。


関連商品


■az4775305433
■az4001145502
■az4791751493


関連項目



最終更新日: 10/05/06 12:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ