ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フレイ・アルスター


ヨミ: フレイアルスター
掲示板をミル!
85カキコ!

フレイ・アルスターとはアニメ機動戦士ガンダムSEED』の登場人物である。 CV:桑島法子


概要


フレイナチュラル美少女。C.E.56年3月15日生まれ。年齢は15歳血液型A型身長162cm。体重53kg。が特徴。中の人桑島法子なので論作中で死ぬ。ルックスは究極的に美麗なのだが、エキセントリックな性格で、作中での度重なる愚挙でアニメ放送当時は視聴者(特に女性層)に敵視されていた模様
ブルーコスモスの一員であり大西連邦事務次官でもあるジョージアルスターので、お嬢様育ち。実は他界している。ヘリオポリスでは主人公キラ・ヤマト達の通うカレッジの1期後輩である。キラが密かに気になっていた女性だが、当初はサイ・アーガイルと婚約関係だった。

ザフトの襲撃を受けたヘリオポリス難民としてアークエンジェルに乗艦。後に地球連合軍に入隊、制服を着こなしアークエンジェルクルーになる。ミリアリアサイ等とは異なりブリッジ要員ではなく艦内の雑用として働き、戦時には寝室にいることが多かった。
元々父親の影でコーディネイターに偏見を持っていたが、父親の乗った戦艦ザフト軍に撃沈される間をの当たりにし、偏見どころか復讐の対とみなすようになる。それ故コーディネイターであるキラに対して当初は、父親の死の直後にあんた!自分がコーディネイターだからって、本気で戦ってないんでしょ!」物凄い顔芸をしながら罵詈雑言を浴びせるなど、冷たく当たっていた。
しかし後にアークエンジェル地球に降下する際の戦闘で、キラ難民のシャトルを守れずの前で撃墜されたことで傷心になったと知るや一変、キラ復讐具として利用するために人関係になり彼の好意を弄びながら自分の為に戦うよう仕向けるが、その際キラとのベットシーンが描写され話題となる。土曜18時という時間帯で情事に及んだ事によりお茶の間は凍結男性視聴者股間熱したと言われる。
またそれとは対照的に、サイとは地球降下前までこそ仲まじい様子を見せていたものの、キラと付き合って以降は婚約を一方的に破棄し「私、夕べはキラの部屋にいたんだから!」と堂々と言い放つまでに至り破局、サイストライクに搭乗して暴走するきっかけを作る(しかも謝罪に行くどころかその場から立ち去っている)。更にカガリキラの仲が良くなると嫉妬心をむき出しにするなど、何かとヤな女としての活躍クローズアップされ、視聴者からの嫌われ者の地位を不動のものとする。

戦いの中、復讐具にすぎなかったキラに次第に惹かれていくが、キライージスアスラン・ザラ)との戦いでMIA戦闘中行方不明)になると艦内での立場を失い、以後キラの代わりにトリィの面倒を見ていた。
キラがいなくなったことに自分でも気付かぬ動揺を隠せぬまま彼女は、なんとサイと寄りを戻そうとする。しかし…

トールがいなくて、キラがいなくて、みんな悲しいんだ。も、悲しい…」
「だから、いま君を慰めてやることなんか、出来ないよ。ごめんな、か他のに言って」

サイ…けど…私、本当は」

フレイ!!」

「あなた、分かってたじゃない!私、ホントはキラのことなんか…

いい加減にしろよ!!

「!!」

「君はキラのことが好きだったろ!?


「…ッ違うわ!

「違わないさ!!」

と、図を突かれた上に冷たく拒絶される。
後悔の念に苛まれるのもつかの間、タイミング悪く二人は近くの医務室からザフト軍の捕虜のディアッカ・エルスマンの挑発に昂したミリアリアを発見。キラと共にMIAとなったトールの敵とばかりにディアッカナイフで襲い掛かる彼女撃するや否や、フレイキラへの思いを転するように再びコーディネイターへの憎しみ爆発させ、なぜか医務室にあったピストルで射殺しようとしたりと大忙しで、またまた視聴者からの嫌われ者の地位を不動のものとする。

その後はアラスカ基地にアークエンジェルが到着するとなぜか転属命が出る(ブルーコスモス嬢なので前線から離す命が上層部から降りた?)が、基地がザフト軍と戦闘に突入した際、偶然ザフト軍の指揮官ラウ・ル・クルーゼ拉致されてしまう。
以後しばらく、あれほど憎んでいたザフト軍服を着て宇宙へ上がり、クルーゼのそばで働かされていたが、戦争を終わらせる鍵」(ニュートロンジャマーキャンセラーのデータを渡されて戦場に放たれるような形で解放される。

宙域を漂っていたところを「鍵を持っている」と通信しながらアークエンジェルに助けをめるが、逆にアークエンジェルと交戦していたアズラエル率いる地球軍のドミニオンに救助され、結果的に地球軍の核兵器の使用のきっかけを作ってしまう(それを論んだ上でクルーゼに解放されたのは言うまでもない)。終盤から最終決戦にかけては、今度は地球軍の軍服を着て、しれっとドミニオンのオペレーターを務めていた。ブリッジで働けたのか…。
たかつてのアークエンジェルの副官であり、現ドミニオン艦長になっていたナタル・バジルールと再会。なんだかんだでザフトに居たのは怖かったのか、安堵して泣きつく様子を見せている。なおこの場面、両者の担当声優が同じ桑島法子であり一人二役ドラマを演じたことからよくネタにされる。

番組後半にクルーゼ拉致された後は戦場にただ流されるままに大人しく行動しており、(彼女を甘やかす相手が居なかったというのもあるが)アークエンジェルに乗艦していた頃の暴走狂言ぶりは影を潜めていた。しかしキラが生きていたことを知るや否や、彼を案じている様子も伺われた。

最終決戦ではドミニオン沈する前にクルーと共に脱出艇に乗り、戦場キラと再会する。キラと交戦していたクルーゼプロヴィデンスガンダム)が脱出艇にビームライフルを撃つも、キラが間一シールドで脱出艇を死守する。一度は助かったかに思われたが、その直後ドラグーンシステムが攻撃を行い脱出艇は撃墜され、死亡する。しかし死の直後、精世界になったフレイは、キラに素直な気持ちで感謝と謝罪の言葉を述べる。
キラは涙しながらも決意を固め、クルーゼと死闘を繰り広げるのだった。

序盤では自分勝手な性格で視聴者に死ぬ程嫌われていたフレイだが、物語が進むにつれて徐々に人間として成長していき、特に最終話での活躍は最ヒロインと言っても過言ではなかったのではないだろうか?異論は認める


ゲーム作品では


本編では散々な嫌われ方、末路を辿った彼女であるが、クロスオーバー作品では彼女らしい言動のほかに、異なった展開を見せている作品もある。

スーパーロボット大戦シリーズでは本編とは異なりキラと良好な関係を築いている作品もあり、特にスーパーロボット大戦Wではコーディネイターへの偏見からするシナリオが存在する。

ガンダム無双ではオペレーターとして登場、ガンダムEXVSにおいてもプレイヤーナビとして登場する。EXVSでは「イライラして心がうまくコントロールできないの…ずっとそばにいて…」等、ヤンデレ的なキャラクターが強調されている。


…しかし、フレイにおいて最も意外な展開を見せる作品は、SDガンダムGジェネレーションSEED、及びSDガンダムGジェネレーションDSであろう。
この作品でのフレイの最大の特徴は、何と言ってもフレイMSパイロットとして操作できる、というものである。
DSの方はキラと和解する専用のシナリオまで用意されており、スタッフ情が滲み出る作品となっている。
SEEDの方はかなりの数のボイスパターンが用意されており、オペレーターだけでなくパイロット、果ては艦長まで彼女らしい台詞付きで見ることができる。


■sm6587954[ニコ動]

「私だけ不幸なのは嫌…だから死んでよね!(SPアタック時)」
アンタ、私に近づいた代償は高いわよ?(格闘時)」
「ふ~ん!じゃ、消えてちょうだい!(傷反撃時)」
「何故か今の私…外す気がしないの!(SPアタック射撃時)」
「私は脱出するから、あとの事はお願いね!(艦長時撃沈)」
フフフッ…ア、アハハハーーーッ!プレッシャー発動)」

初期値こそ貧弱だが実戦に耐えうるまで鍛えさえすれば、カテジナさんをもぐ最女性兵士に…
というかむしろキャピタル安なので、GジェネSEEDのエンブレムバグの恩恵を受けやすくむしろ強化し易いとも言われている。


関連動画


■sm7360799[ニコ動]
■sm9097617[ニコ動]
■sm1788999[ニコ動]
■sm4101464[ニコ動]


関連商品


■azB003F9VZSE
■azB007RXDBYA
■azB005G673S0
■azB000EHQXKU
■azB00FEATD86
■azB0062FL0DS


関連項目



最終更新日: 17/09/28 16:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ