ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フレッシュプリキュア!


ヨミ: フレッシュプリキュア
掲示板をミル!
529カキコ!

[HV][字幕]フレッシュプリキュア!

日曜あさ8:309:00 テレビ朝日系
制作:ABC ADK 東映アニメーション
2009年2月1日2010年1月31日 全50

フレッシュプリキュア!とは、プリキュアシリーズの6作である。

先代のプリキュアたちも総出演する春休み映画
プリキュアオールスターズDX みんなともだち 奇跡全員集合!」はDVD好評発売中!

キュアパッション映画初登場!
「フレッシュプリキュア!おもちゃは秘密がいっぱい?!」はDVD好評発売中!

キュアパッション、歴代プリキュアと初体面
プリキュアオールスターズDX2 希望 レインボージュエルを守れ!」はDVDブルーレイにて好評発売中!

そして、新たなプリキュアたちとの出会い
プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ虹色の花」はDVDブルーレイにて好評発売中!


概要


プロデューサーを始め、スタッフや方針をガラリと変えてスタートした新体制のシリーズ
5シリーズで築かれてきた要素を受け継ぎつつも、野心的なチャレンジを秘めた作品である。

一見色だけ見るとそれほど代わり映えがしないようにも見えるが、プリキュアとしては大きく方針転換している。
まず、前作までほぼ印的には同じだった等身を底上げし、体大人びた感じになっているのが特徴。
コスチュームデザインもこれまでとは全く違う方向性を打ち出しており、後のスイートなどが同じ路線を感じる点こそあるが、を強調したデザイン2011年現在は、本作だけということになっている。 

作品コンセプトも前作以上に明確に打ち出されるようになり、本作では事前調情報から決めたというダンスを採用している。
これと連動してEDはモーションキャプチャーによるダンスへと変更となっている。

音楽製作ガラリと変わって、まず担当が佐藤直紀から高梨康治バトンタッチ
おかげで今まで以上にロックが劇伴の多くを占めるようになり、キュアメタルとして以降もされている。

そして本作で一番話題をさらった点と言えば、扱いの重があがった追加戦士の存在であろう。
今までは追加戦士の登場それ自体にまつわるに関して、それほどストーリー上の重視はみられなかった。
しかし本作では前期OPにおいては追加戦士の存在を思わせる要素(作品のプロローグでは何気にある)がかったり、追加戦士の探索やそれに関するミスリードが行われるなど、視聴者の期待感を煽る展開が行われていた。
このようにしてを引っり、最終的に2クールの最後から3クールにかけて新戦士が加入するという流れは、以降のスタンダートとなる。


実績や評価


フレッシュ、というタイトルの通り新鮮な内容を提供した本作は、多くの実績を残している。

まず長らく苦戦していた視聴率は、直前に放送されていたシンケンジャーディケイドの好調の波もあり、大きく回復。
これは以前までは仮面ライダーの時点でテレビを消していた視聴者が、そのまま継続してプリキュアも見るようになったという可性を示している。
実際この頃から芸人などを初め「プリキュア見てる」と言する著名人に見えて増えており、これらがテレビや当人のブログ
で取り上げられたこともある。
これに関して有名なのは、お笑いコンビFUJIWARAの原西が、バラエティでフレッシュの一部の変身ポーズを番組中で大に披露した出来事である。(その後原西はプリキュアシリーズへのゲスト参加を狙っていろいろと動いている)
同じくニチアサキッズタイムで同年度に放送されていたシンケンジャー参加キャスト相馬圭祐が、キュアパッションファン言し、宣伝部長まで名乗るなど、熱心な視聴者も多かった。

さぞ玩具も売れただろうとおもいきや、結果は5GOGOとほぼ変わらない微増という結果となった。
原因は追加戦士キュアパッション玩具が予想以上に売れなかったことで、これは前作で売れに売れたミルキィローズとは逆の現である(つまり初期メンバー玩具は安定して売れたということである)。
大きなお友達ターゲット年齢層とでの人気のギャップがあるという事実は、以降となっている。

とはいえ、総合的にプロジェクトとして見た場合、本作はほぼも(制作サイドが)が認める成功作として終了を迎えたということに変わりはなく、フレッシュで確立したコンセプトは後に大きく生かされている。

これだけの成功を収めたものの、前作の轍を踏むことがないようにということもあり、本作はファンから惜しまれつつも、一年で幕を閉じた。 『美少女戦士セーラームーン』や『おジャ魔女どれみ』、プリキュアシリーズでも2年続いた初代や5など、これまで東映女児向けアニメヒットすると同じキャラクターを何年も引っる傾向が強かったが、本作以降のプリキュアシリーズスーパー戦隊シリーズなどと同様の、人気に関係なく1年ごとに代替わりしていく体制に変更。シリーズの多様性が大きく広がっていくことになる。


本作で確立した点



本作で挑戦したが継続しなかった点



ストーリー


桃園ラブは、四つ葉中学校2年生。
ある日、人気ダンスユニットトリニティ”のライブを見に行ったラブは、トリニティリーダー・ミユキのダンスに大感動!!

あたしもあんなふうに踊りたい!」と夢をふくらませます。
ところが、突如現れた“ナケワメーケ”のせいで、ステキなライブ会場が大パニック!!さらに、それは全世界の支配・統制を論む管理国家ラビリンス”の、遠大な陰謀のごく一部で…!?

「憧れの人を守りたい!トリニティライブをもう一度見たい!!」強い気持ちに突き動かされたラブは、鍵の不思議な妖精ピックルンと変身携帯手帳・リンクルンの伝説戦士プリキュア変身!!

妖精スウィーツ王から来たタルトシフォン、そして幼なじみ美希と祈里と一緒に、希望と祈りのハートで“ラビリンス”の野望を挫く!!

                                                                                         公式HPより抜


おもなキャラクター



主題歌


♪♪前期オープニング 「Let's! フレッシュプリキュア!」
作詞:六ツ見純代|作曲高取ヒデアキ編曲亀山耕一郎|歌:茂家瑞季

♪♪前期エンディングYou make me happy!
作詞:六ツ見純代|作曲:marhy編曲亀山耕一郎|歌:林桃子 

♪♪後期オープニング「Let's! フレッシュプリキュア!~Hybrid ver.~」
作詞:六ツ見純代|作曲高取ヒデアキ編曲亀山耕一郎、村田昭|歌:茂家瑞季

♪♪後期エンディング「H@ppy Together」
作詞:六ツ見純代|作曲:marhy編曲亀山耕一郎、marhy|歌:林桃子


放送リスト



次へ»
最終更新日: 18/12/27 13:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ