ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?


ヨミ: フレッシュプリキュアオモチャノクニハヒミツガイッパイ
掲示板をミル!
4カキコ!

フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?とは、アニメフレッシュプリキュア!」の劇場アニメーション作品である。

2009年10月31日開。映画プリキュアの第7作である(レギュラーシリーズ映画では第6作)。


概要


前作(お菓子の国のハッピーバースディ♪)と次作(花の都でファッションショー…ですか!?)がとても人気が高いため、その影に若干隠れがちな本作だが、捨てられたおもちゃというある意味子供にとって永遠の課題である内容を、話が暗くなることなくしっかりと描かれており、劇場版SS同様もっと評価されるべき作品である。

前半では、それぞれの戦闘ステージに飛ばされてしまった各プリキュアによる個人戦が繰り広げられる。キュアピーチブルース・リーのようなカンフー人形相手に、ジークンドーで戦い、明鏡止水地に入って見事撃退。どう見ても、幼女よりおっさんホイホイプリキュアでもしいバトルシーンを見せる。キュアパッションアカルンのテレポートフル活用し、チェスの兵隊を翻弄したが、あまりにもチート過ぎたために、これ以降戦闘ではほぼ封印されてしまった。

一方、mktnは某SFアニメに登場しそうなレオタードコスプレをさせられたことから、ファンスペースキタンと呼ばれるなど、またしても格好のネタとなってしまった。宇宙船は囮よ!と、これではまるでmktnが良いとこしのように思えてしまうが、後半では、ある一件で心が折れて放心状態のピーチを、ビンタして活を入れる。ここで立ち直ったピーチが「キュアベリー」でも「美希たん」でもなく、「美希」と呼ぶのがポイント。心をして叱するのも、彼女だからこそ為しえた名場面だろう。

ちなみに、本作の敵であるトイマジンは他の劇場版ボスと同様に邪念だけを抽出したコピーがDX3で復活するが、本物はDX2に実はちらっと登場している。DX2のBlu-rayDVDを持っている人は探してみよう。

今回のミラクルライトは、これまでと異なりペンダント形式なのが特徴。形が卑だとクレームが付いたのかこの形状は今回のみであったが、それ以上に特徴的なのはミラクルライトの使い方である。他の映画作品では、大抵プリキュアを強化したり、傷ついたプリキュアたちを回復させているが、今回では捨てられて恨みを抱くおもちゃ達の心をハートで癒やすという本作ならではの働きを見せている(最終的にはプリプー様のが加わって、ピーチキュアエンジェルパワーアップしている)。

TV同様、EDではCGダンスが登場するが、映画本編でも初めてフルCGによる戦闘シーン制作された。相手がトイマジンというおもちゃボスだからこそ、プリキュアでもフルCGバトル違和感く、うまく調和している(この翌年には、オールスターズDX2でもCG戦闘があったが、こちらはどちらかと言えば不評のが多かった模様)。また、本作と翌年のハトプリでは主題歌プリキュア役の声優コーラスに参加したリアレンジバージョンが用いられているが、OPはテレビ本編でも期間限定で使用されている。

なお、タツノコプロ富野由悠季アニメなどを手掛けた美術監督の大重鎮である中村光毅氏は、本作が遺作となった。


スタッフ



主題歌



キャスト(ゲストキャラクターのみ)



関連商品


■azB00342I03U
■azB00QV3NH96
■azB002KJG7SS


関連コミュニティ


■co395


関連項目



最終更新日: 19/07/01 09:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ