ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フロントエンジン・リアドライブ


ヨミ: フロントエンジンリアドライブ
掲示板をミル!
25カキコ!

フロントエンジン・リアドライブ(後輪駆動)とは、の駆動方式の一つである。通常はFRと略される。


概要


体前部にエンジンを置いて、シャフトを通して後輪を回す方式。

現在自動車では、スポーツカートラックに多い。

メリットとして、他の駆動形式にべ構造が単純で大に対応できる。また、操が前輪、駆動が後輪と役割が分離されているため操作性が素直である事が挙げられる。また、FFのように異常に前輪だけく摩耗してしまうようなことがない。

エンジンフロントトランスミッションが前よりの中央(トランスアクスルだと後ろより)、デファレンシャルギヤドライブシャフトリアと、要な重量物が体全体に分散しているため重量配分に優れ、ヨー慣性モーメントが大きいためヨーの発生が穏やか(ある意味欠点でもあるが)である。そのおかげで較的簡単にオーバーステアコントロールしてをスライドさせる事が出来るため、ドリフトしやすい。スポーツカーに多いのはこのため。

そのほかの利点としては、駆動系とエンジンが離れた位置にあるため整備性がよいこと、客席やラゲッジスペースFFほどではないもののMRやRRよりは広く取れる場合が多いことも挙げられるだろう。

エンジンの搭載位置が前軸よりも後ろにあるFRフロントミッドシップと呼ぶことがある。SA22CRX-7が初めてこの呼称を用いた。エンジンが前軸より後ろにあればヨー慣性モーメントが低減されてコーナリングがシャープになる。要するにMR寄りの挙動になる。当然、フロントミッドシップは客席とラゲッジスペースが狭くなる。

FRの欠点としてはプロペラシャフトの分部品点数が多くなるので、重量が重くなって値段も高くなる事と、駆動輪(リア)の荷重が足りないためオフロードといった悪路に弱いことが挙げられる。


歴史


かつて自動車が普及し始めたころは、フロントタイヤを駆動する技術がなかったために、大衆(特にセダンタイプなんか)はほぼこの形式だった。ところが英国miniに始まってVWゴルフアウディ80ホンダシビックなど小からFF化の潮流が流れ込み、大衆からFR駆逐されていった。

ここからFRは全長の長くエンジン重い高級や、一部のスポーツカー向けの駆動方式として存続していくことになる。

日本国内においても80年代になるまで多くのFRを採用していた。しかしながら大半のFR80年代前半のうちにFF化の流れにのまれた。その背景があって、83年に新登場したAE86カローラレビンスプリンタートレノが若年のスポーツ志向の人々の注を集めた。しかしながらそのカローラ系も次世代では全モデルFF化を果たす。

その後はマツダユーノスロードスター(ロードスター)、日産・フェアレディZトヨタスープラといったスポーツカーマツダユーノスコスモトヨタ・ソアラなどのスペシャルティカーFRを採用し続けたが、近年、そういったはたいてい生産終了したり中止になってしまった。

しかし、2012年久々FRスポーツカーとして、86 / BRZ が発売開始となった。これにより、FRが増えてくれればいいが…。日産マツダは刺を受けたのか、FRスポーツ開発中という噂がまことしやかにささやかれている。


大百科に記事のあるFR車



関連動画



■sm1665224[ニコ動]

 ■sm1717481[ニコ動]

関連項目



最終更新日: 13/03/08 21:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ