ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フン族


ヨミ: フンゾク
掲示板をミル!
4カキコ!

フン族とは、古代末期中央アジアからヨーロッパへきた遊牧民族。出自や民族はよく分かっていない。


概要


中央アジアからヨーロッパに出現。4世紀頃には確実に沿に進出し、当時文献に記されたヨーロッパほぼ全てをしていった。最盛期にはライン流域から沿までの広大な領域を誇った。フン族の活躍がガリア人、ゲルマン人、スラブ人の諸族を押し出すことになり、これらの諸族はローマ帝国に侵入。いわゆるゲルマン民族の大移動を引き起こす。東ローマ帝国は貢納や軍事的に従属させること、更にこれらの諸族を傭兵として雇うことが出来たが、経済が低調だった西ローマ帝国東ローマ帝国べ財政基盤が貧弱であり、更に領内に次々ゲルマン人の王が出来ていったため、崩壊の原因となった。

アッティラの死後、従属化にあったゲピド族によって敗北し、アッティラ息子リク王も討ち取られた結果、フン族の覇権は終わった。然しながら、欧州混乱は止まらず、西ローマ帝国の崩壊にともなって暗黒時代ともされる中世に突入するのである。


フン族の獲物


その他、滅亡離散した部族が多数あると推測される。


匈奴説


フン族が、中国史料にある中央アジアで活躍した匈奴と関連があるのではないかという説があるが、現在は関連しているとも、またしていないとも言えない状況である。いくつかの共通点はあるものの状況拠に過ぎない。

匈奴 フン族
遊牧民族である 遊牧民族である
中国北方からモンゴル高原を起としており、モンゴロイドと推測される。 アッティラの外見として間接的ながら以下のことが述べられている。
  • 背が低い
  • が広い
  • 大きな頭
  • が小さい
  • は薄く、灰色がかっている
  • 低い鼻
  • い肌
91年に北匈奴後漢に征討され、現在カザフスタンへ逃走。中華圏からはその動向が不明となる。 370年頃にヴォルガを越えアラン人を破って、中央ユーラシアから北方へ進出。


関連コミュニティ


フン族に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/05/13 01:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ