ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブガッティ・ヴェイロン


ヨミ: ブガッティヴェイロン
掲示板をミル!
34カキコ!

ブガッティ・ヴェイロン EB16.4Bugatti Veyron EB 16.4 )とは、フランスブガッティ・オトモビルが開発した自動車である。


概要


フォルクスワーゲン子会社及びブランドであるブガッティ・オトモビルが製造・販売する、ミッドエンジン4WDフルサイズグランドアラー。通称はヴェイロンヴェイロン16.4ベイロンとも。開発コンセプト1000ps以上、最高速400km/h以上であり、実際に最高速407km/h(253mph)にも達する地上のコンコルドとも呼ぶべきスーパーカーである。

開発者はマルクオリヴィエ(Marc-Olivier)。名称は初期ブガッティエンジニア、レーシングドライバーであるピエールヴェイロン(Pierre Veyron)にちなむ。

1999年東京モーターショーにてブガッティ EB18/4 ヴェイロンとして初めて紹介された。当初はW18気筒エンジンを搭載するモデルであったが、2000年パリモーターショー(モンディアル・ド・ロトモビル、Mondial de l'Automobile)にてW16気筒エンジンへと仕様変更された。この際にモデル名称も現在のものとなる。

2005年東京モータショーにて現在モデルを正式発表。2006年6月から世界300台限定の受注生産が開始された。日本では限定15台が割り当てられるが、もしこれ以上の受注がある場合、世界での受注が300台を満たしていなければ15台以上を日本に割り当てるとの事。現在日本の正規代理店であるニコル・レーシングジャパンでの定価は税込み1億7900万円、アメリカ合衆国でのメーカー希望小売価格は125万ドルである。

2008年アメリカのペブルビーチ・コンクールデレガンスにて、オープントップロードスター(コンバーティブル)モデルブガッティ・ヴェイロン グランドスポーツGrand Sport)を正式発表。こちらは世界150台限定の受注生産であり、ニコルレーシングジャパンでの定価は2億5300万円。


W16エンジン+4ターボチャージャー


ヴェイロンは、フォルクスワーゲン製のW16気筒DOHC64バルブ4ターボ(クアッドターボ)チャージドエンジンを搭載している。全長71cm、重量400kgもの大きさであり、排気量7,993cc、最大出1,001ps/6,000rpm、最大トルク127.5kgf・m/2200-5500rpmを発揮するモンスターエンジンである。

冷却には、冷却50Lとエンジンオイル23Lが必要である。又、ラジエーターは、エンジンクーリングシステムに4基、インタークーラー熱交換器として1基、エアコンシステムに2基、トランスミッションオイルに1基、ディファレンシャルオイルに1基、エンジンオイルに1基の計10基が使用されている。


史上最速の市販車


2005年4月19日ドイツ北部に位置するフォルクスワーゲン私有のテストコース、エーラ・レッシェン テストトラック(Ehra-Lessien test track, 全長約96km、直線区間約9km)にて、6回の走行による公式最高速408.47km/h(253.81mph)を記録。この公式記録は、自動車連盟(FIA)やギネス認定公式記録ではない。

2006年11月には、TopGear会者ジェームズ・メイも同テストトラックにて非公式最高速407.9km/h(253.5 mph)を記録している。

しかし、2007年アメリカシェルビー・SSCアルティメイトエアロギネス認定公式最高速412.28km/h(1回の走行で最高速414.31km/h)を記録し、最速の座は奪われた。

が、2010年エンジンをさらに1200チューンアップし、より高性ボディを採用したブガッティ・ヴェイロン スーパースポーツギネス認定公式最高速度431.072km/h(一度の最高速は434.211km/h)を叩きだし、再び最速の座を奪回した。


関連動画



■sm6365466[ニコ動]

■sm2530991[ニコ動]
■sm5357555[ニコ動]
■sm7497696[ニコ動]


関連商品


■azB0017VK7LI
■azB001D7V5YO
■azB001DP4UMK
■azB001HUWB22
■azB0009F7BZI
■azB000B7M4KQ
■azB000B7I98M


関連項目



最終更新日: 11/11/04 16:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ