ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブライアン・メイ


ヨミ: ブライアンメイ
掲示板をミル!
25カキコ!

ブライアン・メイ(Brian May)とは、イギリスロックバンドQueenギタリストであり天文学者である。

本名ブライアンハロルドメイ(Brian Harold May, CBE)。


概要


1947年7月19日生まれ。イギリス イングランド・ミドルセックス州のハントン出身。

インペリアル・カレッジ・ロンドンにて宇宙工学を専攻しており、Queenデビューする前は中学校で教ふるっていた。

Queenメンバーとしてギターボーカルシンセサイザーなどのパートを担当。その傍らでプロデューサーミュージカル企画などを行っている。

演奏時にはピックを使わず、6ペンス硬貨を使って演奏している。本人く「手の動きを正確に伝えられるから」といって使っているようである。

歌唱も高く、Queenのいくつかの曲(「'39」「Good Company」「Sail Away Sweet Sister」など)においてメインボーカルもとっている。質は少しハスキーかつ高めで切なさを感じさせる繊細な感じである(音域はフレディロジャーには及ばないがそkそこ広い)。

彼の作る曲はハードロックが多く、日本人にもおなじみの「We Will Rock You」であったり「Hammer To Fall」などしい曲が多い。その一方で「Save Me」や「Too Much Love Will Kill You」といったバラードも書け、フレディに負けず劣らず多な楽曲を作ることができる。

最近では大学時代に中断していた天文学の論文を完成させたことにより、校から天文学博士号を授与されている。

ブラック・サバスやヘヴン・アンド・ヘルで活躍しているギタリストトニーアイオミとは40年来の親友で、ブラック・サバスアルバムHeadless Cross」収録の「When Death Calls」にてゲストとしてソロを弾いている。また、フレディー・マーキュリー追悼コンサートでも数々の楽曲において共演している。

コージー・パウエルとも90年代から交流が深く、彼のソロアルバム「The Drums Are Back」の「Ride To Win」にてギターを弾いている。(ちなみにこの曲はのちにメイソロアルバムで「Resurrection」として彼のボーカル入りで再録されている。) 
メイソロコンサートツアーにも帯同しており、メイに持って行きたい一曲としてコージーの嫌いな「Since You've Been Gone」を演奏したいと進言したためメイツアー演奏されている。(コージーは半ば苦笑いだったらしい。) 

本田美奈子.(故人)とも交流があり、彼女が亡くなった際には自身のブログ追悼コメントを掲載している。さらに彼女の死後に発売されたアルバム「心をこめて・・・」に収録されている「Golden Days」のリミックスを手掛けている。

 ちなみに名前の後についているCBEという文字は、大英帝国勲章の勲位三等である官(CBE, Commander of the British Empire)のことであり、三等以上の受勲者は名前の後に自分の位をつけることができるためである。

レッド・スペシャル

自らが父親と共に作成したオリジナルハンドメイドギター(通称”レッド・スペシャル”)は特に有名で、100年以上も前の燥した暖炉の木材をもとに作られた。彼の演奏技術と合わさることで、バイオリンなどの弦楽器トランペットなどの吹奏楽器、さらにはそれ以外の音色を出すことが可である。このギターはあまりに様々な音を出せることからシンセサイザーを使っていると揶揄され、レコードパッケージに「シンセサイザーは使ってない」と明記しなければならないほどだった。

現在、様々なメーカーからこのギターレプリカが作られているが、それでもオリジナルにはまだまだ追い付けないと言われている。


関連動画



■sm6130182[ニコ動]

■sm3265062[ニコ動]
■sm6700465[ニコ動]
■sm3731588[ニコ動]
■sm7291251[ニコ動]
■sm3033373[ニコ動]


関連商品


■azB000FDF322
■azB00000720K

■azB00000DATT
■azB000UBMUHK
■az4401631854
 


関連コミュニティ


■co18603


関連項目



最終更新日: 15/03/18 13:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ