ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブラウン管


ヨミ: ブラウンカン
掲示板をミル!
51カキコ!

ブラウン管とは、映像表示機器の一種である。

バカてめえ愛してんのは綯とブラウン管だけなんだよ」

─────あるブラウン管専門店店の発言


概要


ブラウン管テレビ電気信号を像に変換して出する装置で、テレビパソコンモニタなどに利用されている。ブラウンというのは色という意味ではなく、発明者であるドイツ物理学カールフィルナントブラウンに由来する。また、構造からCRTCathode Ray Tube、陰極線管)とも呼ばれる。

19世紀末に発明され、20世紀初めには現在ディスプレイの原が開発された。その後、テレビ放映の始まりと共に一般庭にも広く普及する。テレビをはじめとして、ディスプレイモニタと名前のつくものはほとんどがブラウン管だった時期もあった。

しかし、2000年頃からテレビパソコンモニタは液晶やプラズマへ徐々に置き換えられるかたちとなり、2010年にはメーカーによる生産が終了した。世界的に見てもブラウン管の生産数はわずかになっている。もっとも、生産終了からそれほど経っていないため、いまだに現役で使用されているブラウン管は多い。


原理


原理を簡略に説明すると、背面にある電子から電子ビーム(陰極線)を発射し、それを電磁石で曲げて、前面のガラスに塗られた物質に照射して発させる。このビームは左から右へ、上から下へと走査線状に走り、一画面の描画にかかる時間はおよそ1/60〜1/30である。

カラーディスプレイ物質に三原色を用い、各色に対応した電子を配置することで実現している。


特徴



関連動画



■sm7513006[ニコ動]

■sm12081071[ニコ動]


関連商品


■azB00009V9UK
■azB000PFSZSO
■az4320086058
■azB003CJSS0U
■azB008H1IUTC


関連項目



最終更新日: 18/11/19 00:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ