ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブラックピット


ヨミ: ブラックピット
掲示板をミル!
903カキコ!

ブラックピットとは、『新・光神話 パルテナの鏡』に登場する(名の通り)天使である。

CV高山みなみ


概要(ネタバレ注意) 「ブラピって何だよ!」


自称「自由の翼」。主人公ピット真実魔鏡(人の心の中を映し、その邪心から魔物を生み出す)に映った際に誕生した。

姿は色以外ピットそっくりだが、(ピットに倒された)パンドーラが残したをかすめ取ったため、飛翔奇跡なしに自分のを飛ぶことが可。また、爛漫で素直なピットと違い中二病ややキザな性格。

本来、真実の魔から誕生したものは府軍の支配下に置かれるはずだったが、魔界女王メデューサには従わず孤高の立場を選ぶ。ピットコピーの途中で真実魔鏡を破壊した為に府軍に所属せず自由を追いめる性格になったと女神パルテナは分析している。
しかしパルテナに「ブラピ」という何とも締まらないあだ名をつけられてしまった(途中からピット自然ナチュレからもこう呼ばれるようになってしまう。)
ちなみに海外版ではDark Pitという名前であだ名はPittooとなっている。

ピットによく戦いを挑んでくる(本人く「もう1人のが居るのが許せない」)が、物語が進むにつれて、ピットと組んで戦ったり、再起不能になったピットを復活させる為に出撃したりするなど、ピットに協する場面が増えている。また、物語の終盤でピットとの楽しそうなコンビネーションが見られる。どう見てもツンデレです、本当にありがとうございました。

ストーリーだけではなく「天使の降臨(ピットく”界で大流行のスポーツ”)」にも登場する。


大乱闘スマッシュブラザーズ参戦


大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii Uにて参戦を果たす。
ワイヤーフレームマック男性トレーナーなどと違い全に別での参戦である。
基本性ピットと同じだが、エフェクトや性にいくつかの違いがある。
全体的にやや玄人向けのピットというような性となっている。
アップデートによりパワーピットと呼べる性に変化した。
スマブラDX時代のマリオドクターマリオの関係に似ていると言えるだろか。
細かい違いは下のスクロール部分を参照。

裂→スピニングカッター:攻撃判定がピットよりも狭く、フィニッシュを当てにくい

横強→クロスチョップ:ふっとばしピットより極端に低い。その代わりダウン連に使える

上強→アンチエアキック:ピットは2段から、ブラピは1段から攻撃エフェクトが発生する。

下スマ→ローアタックコンビネーション:エフェクトの持続がピットより長い。

前→フロントサイクル:エフェクトの持続がピットより長い。

下投げ→ボーンディバイド:エフェクト閃光から土煙に変更されている。

NB1→シルバーリップ:ほとんど曲がらないぶん、威に優れる。
矢の消失く、地上では連射が効く。また、矢を曲げても横方向への射程距離が変わらないという性質もある。
パルテナべ、弾速、射程が短く、軌をほとんど曲げられないが威が高い。
アップデートによりと弾速が強化された(それに伴いふっとばしも)。
また、溜めなし版はピットより弾速に優れ連射が効く代わりに、溜めあり版はピットより弾速に劣るという調整がなされている。

NB2→貫通の:ピットべ、溜めなし版の性に優れる
ピットより溜め時間が伸びているが、ダメージとふっとばしはあまり伸びないため、溜め版の性に劣ると言える。
弾速、射程に関してもピットに劣る。射程の短縮は極端だが、弾速はど差がない。

NB3→自在の:同等ではないがピットと遜色なく曲げられ、威も高いオトクなカスタム。射程もNB1より長い。
ピットより溜め時間が伸びているが、ダメージとふっとばしはあまり伸びない点に関しては、NB2と共通。
当然弾速、射程もピットに劣る…が、こちらは気になるほどでもない。

横B1→豪腕デンショッカー:ベクトル斜めに変更され、ダメージとふっとばしの強化に加え、電撃属性が付加された
しかしベクトルが変更されており、撃墜には使いづらい代物になった。
アップデートによりリアクション付加値は弱体化したものの、ベクトルが浅くなり、ダメージリアクション影値が強化されたためとんでもないふっとばしを誇るワザとなった
その威終点中央からのふっとばしでさえピットダッシュアッパーに匹敵するほどで、期撃墜も狙いやすい。横スマッシュよりもかにバーストが狙えるので、狙わない手はない。
ベクトル斜めなため、中版をガードされても不利な状況になりにくく、較的振りやすくなっている。
また、ダメージが少なくてもよく飛ぶので、崖際の攻防や崖メテオ、場外への追い出しなどにも重宝する。

横B2→迎撃デンショッカー:迎撃ダッシュアッパーと遜色ないふっとばしを誇るが、ベクトル変更に弱い。

横B3→速デンショッカー:ダッシュアッパーの上位互換ダメージ、ふっとばしの全てに勝る
吹っ飛ばすベクトルダッシュアッパーよりわずかに低め。

上B1→飛翔奇跡:エフェクトからに変更されている。

上B2→飛翔アタック:ピット上位互換で、吹っ飛ばしが高い

下B1→衛星ガーディアンズ:ピットより土煙エフェクトの発生がい。
生時に追加の土煙エフェクトがあり、土煙エフェクトが2重に発生する。(土煙エフェクトは地上版のみ)

最後のきりふだ→ブラピの狙:一の新規モーションワザ
が、ゼルダコンパチシークのものは似ているように見えるが、性は全く異なる)。
ゼルダのものより初段の発生位置が高く、判定も細くなっている。
その他の性は据え置きのため、当てれば15%程度から撃墜できる非常に強な切り札。

細かい点を列挙してきているが、ワザの性で大きく違うと言えるのは通常必殺のシルバーリップと横必殺の豪腕デンショッカー最後の切りふだブラピの狙の三点。これらの違いを認識していれば本気で使い込むのでない限りピットと同じと考えて問題ないだろう。

アピールは専用の新規モーションが与えられている。
が、硬直はピットから据え置きなので若干違和感がある(これはルキナも同じ)。
他にも登場演出のジャンプ時の羽がから基調のものになっていたり、喰らい時の表情が新規のものに差し替えられている。(アピールを除く他の表情は、テクスチャが違うだけでピットと同じもの)また、勝利演出・勝利ファンファーレ敗北演出も独自のものに変更されている。

イグッ!」「ンゴォwwww」と聞こえるやられボイスがよくネタにされる。

スマブラforWiiU版のエンジェランドの通信にて、自然ナチュレブラピ自身によって原作エンディング後の末が明らかになった。

ハデスとの決戦後、めてパルテナとの決着を付けようとするナチュレと利が一致し、なんと自然軍の幹部となっていたらしい。

(原作にてエレカが回収した戦車も、ちゃっかりそのまま自然軍に接収されていたんだとか・・・)

スマブラSPにも続投。同作が定める「ダッシュファイター」に当てはまるキャラとして扱われている。


関連動画 「俺の動画があるぞ!どうだ、あるぞ!」



■sm17388204[ニコ動]

■sm17062456[ニコ動]


関連商品 「どれを買えばいいんだよ・・・!」


■azB00Y074JD8
■azB00AQQGSQS
■azB004K6L0G8
■azB007E7WIYI
■az4081080925
■azB004UAUY0W


関連コミュニティ 「良かったら参加してくれ!」


■co1552632


関連項目 「関連項目だ!」



最終更新日: 19/01/05 05:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ