ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブルーコスモス


ヨミ: ブルーコスモス
掲示板をミル!
47カキコ!

ブルーコスモスとは、機動戦士ガンダムSEEDと続編の機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する、
プラント・反コーディネイターを掲げる人々の諸集団の事である。


概要


機動戦士ガンダムSEED作中ではき清浄なる世界のために」合言葉とする反プラント・反コーディネイター思想の義者をブルーコスモスと呼称している。

全てはアズラエル財団が自然保護団体「ブルーコスモス」を結成したところから始まる。初期は、遺伝子操作によって生まれるコーディネイターの存在は生命論理違反として弾圧したり、反対デモを行う程度だった。しかし国際法でコーディネイターの出産は禁じられたにも関わらず違法に生まれ続けるコーディネイターに不満を覚えた一部のブルーコスモスが過激派と化し、コーディネイターに対する迫テロを行うようになっていった。堂々、コーディネイターを襲撃・発したり、大人数でリンチしたりする事件が相次いだ。ラウ・ル・クルーゼは「持つ者に持たざる者の想いは分からず、持たざる者は持つ者を妬む」と評しており、過な活動の根には嫉妬や妬みが含まれている。また、コーディネイター側もナチュラルを見下している節があったようで、これが過激派をより過にさせる一因となっていた。

最高のコーディネイターを生み出す計画を推し進めていたヒビキ博士やヴィア博士はブルーコスモスから最高の標的として命を狙われていた。最高のコーディネイターことキラ・ヤマト事に誕生したが、両親は行方不明になり、ブルーコスモスから守るためヴィア博士夫婦に預けられる事になった。

ブルーコスモスの思想を持つ人間やそのシンパは非常に多く、経済界の大物地球軍の軍幹部、政治家といった有者にもブルーコスモスの賛同者がいる。当然一般市民にも数多く賛同者が存在し、そのどがナチュラルである。極僅かだが、複雑な環境からブルーコスモスとなるコーディネイターもいる。
ゆえに強大な発言を持っており、新鋭戦艦オブザーバーとして乗り込めたり、地球軍内部に私設部隊を配備したりできる。

戦争引き金にもなった血のバレンタインは、ブルーコスモス地球軍士官が独断で核ミサイルを持ち込み発射させた事で引き起こされたという。

ブルーコスモスの盟ムルタ・アズラエルである。


機動戦士ガンダムSEED作中では


物語中盤から少しずつブルーコスモスの存在が明るみに出始める。バナディーヤのバルトフェルドを襲撃するも周囲に潜んでいたザフト兵によって一掃された。
またザフト軍を地球アラスカ本部に誘い込み、友軍のユーラシアの戦ごとサイクロプスで撃滅するという計画を発案し実行したのはブルーコスモスウィリアムサザランドであった。サザランド論見どおりサイクロプスザフト軍部隊を巻き込みながらユーラシアの戦も壊滅させ、ユーラシアは発言を失った。
その後は更に行動を過にさせ、今度は核攻撃を以ってプラントを壊滅させるエルビス作戦を開始。ボアズを核攻撃で陥落させ、ヤキンドゥーエに迫った地球軍艦隊は核攻撃隊を出してプラントを殲滅しようとしたがフリーダムジャスティスによって核攻撃は防がれ、しかも戦闘の最中に盟ムルタ・アズラエルが戦死した事によりブルーコスモスは次期盟ロード・ジブリールが現れるまで弱体化の一途を辿った。


機動戦士ガンダムSEED DESTINY作中では


前大戦で盟ムルタ・アズラエルが戦死し、ブルーコスモスは弱体化していた。そんなブルーコスモスを立て直したのが次なる盟ロード・ジブリールである。SEED DESTINYではブルーコスモスの体とされるロゴスが新たに登場した。また地球軍内部にファントムインという私兵を持っていた。

物語序盤からジブリール率いるブルーコスモスは再度プラントへの核攻撃を敢行。しかしザフト軍の新兵器ニュートロンスタンピーダー」により核弾頭プラントへ到達する前に全て起爆させられた。しかも軍艦格納庫に積まれていた核兵器まで起爆され艦隊は壊滅。核攻撃は失敗に終わった。

その後、コーディネイターに対する念の塊のようなデストロイガンダムを開発。地球軍の弾圧に耐えかねてザフトに寝返った西ユーラシアの3都市に制裁すべくデストロイガンダムを投入。都市に駐留していたザフト軍ごと3都市を焼き払い、ベルリンにまで迫ったが駆けつけたミネルバから出撃したインパルスガンダムフリーダムガンダムによってデストロイは撃破された。都市無慈悲に焼き払った事をギルバート・デュランダルによって全世界に喧伝された事により民衆の敵意を一身に集める事になったブルーコスモス、ロゴスの構成員は次々に暴徒に襲われ急速にを失っていった。辛くも暴徒から逃れた構成員もザフト軍に狙われる事となり、ヘブンズベースジブリールを除く全構成員が逮捕された。盟ジブリールはヘブンズベースから脱出しオーブダイダロスと逃げ回った。ダイダロスでは秘密裏に建造されていた大量破壊兵器レクイエム」を放ちプラントのコロニーを複数破壊(本来の照準はプラン首都アプリリウス・ワンであったがジュール隊の奮戦により別のコロニーにずれた)、プラン市民を大量に虐殺する。しかし、逆にこの事件で士気を上げたザフト軍の猛攻撃に遭い、ダイダロスから脱出しなおも逃走を図るも最期はレジェンドガンダムにより搭乗艦を撃沈され死亡した。

死亡によりロゴス・ブルーコスモスは瓦解したと思われる。


関連コミュニティ


ブルーコスモスに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/12/10 19:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ