ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブルース・リー


ヨミ: ブルースリー
掲示板をミル!
81カキコ!

ブルース・リー(Bruce Lee中国名:)は、サンフランシスコまれの中国人で、俳優武道截拳道ジークンドー)の創始者である。


概要


1940年11月27日サンフランシスコ中国系の役者であるドイツ中国の混血であるグレイスの間に生まれる。中国名の本名は「」である。

5人兄弟の次男で妻はリンダ・エメリー

子供長男ブランドンと長女シャノンで、ブランドン映画俳優であったが、1993年に撮影中の事故28歳という若さで死去した。ブルースの死後から20年後である。


武道家としてのブルース・リー



俳優としてのブルース・リー


元々父親俳優であったためか、生後三ヶくらいで映画デビューしている。

1966年アメリカTVドラマグリーンホーネット』にて準役に抜される(役の執事である日本人・カトー役。人であるグリーンホーネット悪人相手に活動する際は、ブルース演じるカトーも助手としてアイマスクで素顔を隠し、拳法で戦う)。

1970年レイモンドチョウが設立したゴールデンハーベスト契約し、翌1971年ブルースカンフー映画1作となる『ドラゴン危機』が開し、ブルースはたちまち香港スターとなる。若きアクション俳優ジェームズティエンチュンと共演。また、良く見るとこの映画にのちに有名になるラムチェンインが出演している。

1972年に2作となる『ドラゴン怒りの鉄拳』が開。この映画では武術導も担当している。
また、ブルースの死後にこの作品の続編となる『新精武門』が作られ、ジャッキー・チェン役に抜されている(これはドラゴン怒りの鉄拳で、ブルースに蹴られて吹っ飛ぶ敵の日本人スタントを彼が行い評価されたことで役に抜されたとも言われている)。またこの作品からヌンチャクを使ったり、「アチョー」などの怪鳥音を言い始めたりしている。

3作となる『ドラゴンへの』では製作・脚本・監督も担当、格闘チャック・ノリスとの格闘シーンが見ものである。

1972年頃、『死亡遊戯』の撮影がスタートするも、ハリウッドワーナーブラザーズとの合作映画企画が来たため、撮影は中断される。

1973年アメリカ香港合作映画ロバートクローズ監督の『燃えよドラゴン』の撮影がスタート(この映画にはサモ・ハン・キンポーユン・ピョウジャッキー・チェンといった後の香港スターたちがエキストラスタントマンとして参加)。武術導にはラムチェンインも参加している。
(ちなみにブルース少年に稽古をつけるシーンで「Don't Think Feel日本語に訳すと「考えるな、感じろ」というセリフは有名である。)
しかし7月20日に、頭痛を訴え病院に運ばれたが、に昇ってしまった。死因浮腫。

ちなみに2010年11月27日で生誕70周年を迎えた。

ブルースの死後、『燃えよドラゴン』がアメリカを始め世界中で開され、日本でも大ヒットとなった。その後日本でも彼のカンフー映画が次々と開された。映画で使用されたタバクトヨク(ヌンチャク)はゴム製であり、当たっても怪しないようになっている。よく見るとプルプルしているシーンがある。


関連動画



■sm9305645[ニコ動]

■sm11486721[ニコ動]
■sm12980807[ニコ動]
■sm30215261[ニコ動]


静画


■im6382494(静画)


関連商品


■azB008U2H23S
■azB008U2H21A
■azB008U2H20G
■azB008U2H1ZW
■azB00DACVNGK
■azB00CADBGFS
■azB0042VIJL0
■azB0042LB5HK
■azB001525J8K
■azB0000TCKMW
■azB008U2H33W


関連項目



最終更新日: 18/05/07 07:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社