ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブルーベリー


ヨミ: ブルーベリー
掲示板をミル!
26カキコ!

ブルーベリーとは、ツツジ科スノキ属シアノコカス節の落葉低木果である。


もしかして



概要


い小さな実をつける植物。果実は生食用となったり、パウンドケーキの具になったり、ジャムヨーグルトソースジュースなどに加工されたりする。産地では炊き込みご飯カレーというとんでもない代物も作られているが、これが案外イケるらしい。


含有されるルテインというカロテノイドを多く含有する。古くからイギリスパイロットがブルーベリーを常用していたという逸話から、漠然とに良いものというイメージで捉えられ、それでルテインとの関連性を喧伝するようになったが、国立の研究所による論文では否定されている。ただ、ポリフノール成分なので、ワインなどと同様に、一定の抗化作用は期待できるだろう。ただ、ブルーベリーは言うほどルテインを含んでいない

むしろ、ブルーベリーで注されている成分がアントシアニンという色素である(カシスやラズベリー、しそにも多く含まれる)。古くから西の女工が梅干しを毎朝食用していた実績があり、実は本当にに働いているのはこっちである。ただし、これはに直接利いているのではなくて、血行促進作用を持ち、を動かす毛様筋に作用しているものである。よって、アントシアニン入りサプリを飲むとエビオスのように精液ドバドバ(体験談)…

つまり、を良くするのではなく、血行を良くすることで筋肉をほぐし、疲れたリラックスさせる効果が期待できるもの(毛様筋の働きが善されればピント効果は上がり、視も回復する(本人で)という仕組み。視が悪いというのは水晶体や眼球の問題ではなく、毛様体の筋肉の働きが悪くピントがうまく合っていない状態も多い)と捉えた方が良い。したがって、間視善効果はないと発表されている(かつては、全く視善効果がないと発表されていたが、末神経の血行促進効果とそれによる毛様筋の弛緩効果は国立研究所でも多少、認められたようである。しかし、サプリメントはあまり意味がないらしく、ひょっとしたらルテインアントシアニン以外にも何か働きかけている成分があるのかも知れない)。

それより、大きく普及した理由は普通に食べて美味しいから」、これに尽きるだろう。美味いは正義なのである。


国産ブルーベリーの産地


ブルーベリーは大半がアメリカなどからの輸入品に依存しているが、近年は産ブルーベリーも多少出回るようになっている。日本一の産地が長野県なのは、「まあそうだろうな」と実感できるかも知れないが、2位は驚くなかれ、東京都である。しかも、嶼部ではなく、小平八王子市国分寺市といった多摩地方都市部が多く、内ブルーベリー発祥地の地は小平である。また、それに均衡しているのが群馬県茨城県であり、埼玉県千葉県がそれに続くなど、関東1都5県が上位10位以内となっている。高原の産地では岩手県山梨県熊本県が有名。とはいえ、1位長野県でも年産500トン未満(個体の大きさもあるだろうが、奈良県みかん生産量より少ない)なので、あくまで健康志向の嗜好品程度の流通にとどまっている。首都圏近郊では、木が低いため小学生も喜んで実を採取できることから観光農園としても人気があるようだ。

ちなみに、関東高原地帯に産地が偏っているのは、冷な気のほかに火山土のような性値が高い土壌でないと美味しく育たないからで、また燥や多湿を嫌うなどけっこう気むずかし屋でもある。関東に産地が集中しているのは、気や土壌がそれに適していたという理由が一番大きい。


関連動画



■sm10074271[ニコ動]

■sm7418009[ニコ動]


関連商品


■azB001FB63QI
■az4091034993
■az4842504412
■azB000XYYSN8


関連項目



最終更新日: 18/02/24 01:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ