ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブロードキャスト(トランスフォーマー)


ヨミ: クチダケノイカレサウンド
掲示板をミル!
11カキコ!


ブロードキャストとは『戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー』に登場するキャラクターである。
海外版(原作) ではブラスター(blaster)の名前で通っている。

CV:難波圭一


ほんじゃまかーるく概要のスタンダード行ってみよーかー!


18話より登場した、サイバトロンサウンドウェーブ率いるカセットロンに対抗するために誕生した通信員。

ラジカセトランスフォームする。性格は陽気で音楽が好きでよく流しては仲間から不評を買うこともしばしば。
一人称調子に乗っている時だと「オレっち」になったりするものの、2010で地球の独裁体制を敷く国家に対し着陸許可めるときは一人称が「私」になっていた。2010だと初代とべだいぶ落ち着いた性格になっている模様。

サウンドウェーブとは暴言を吐きあう程の宿敵関係である。また、初代ではトラックスと行動をともにするシーンが多々見受けられた。2010だとアウトバック行動をともにしていることが多い。
カセットボットのリーダーであり偵察員スチージョー戦士アムホーン情報リワインド監視員イジェクトらを統率している。

ラットバット情報によると、ブロードキャストサイバトロンサウンドウェーブに対抗して作られたようだ。そのために、前述のようにサウンドウェーブとの宿敵関係が築かれたのだろう。
ユニクロン登場による戦死者続出の中でも生き延びた戦士でもある。
ザ・ヘッドマスターズでサウンドウェーブと相打ちとなり、その後ツインキャストとして復活を果たした。


あの、オレの戦闘もたまには役に立つでしょう!


カセットロンジャガーが偵察としてび込んでいた時は肉弾戦にもつれ込みつつも逃しており、そもそもの前にいたはずのトランスフォームしていたサウンドウェーブに気づかなかった。あれほどの敵にしているのに気がつかないとはさすがイカサウンド
 しかしスタースクリーム肉弾戦で打ち勝っていたり(初代、52話)、サウンドウェーブ腹パンを一撃浴びせただけでKOさせたり(2010、14話)と、通信員なのに肉弾戦はかなり強いようだ。

肝心の音波攻撃は地割れを生み出したりすることもできるが、サウンドウェーブとの音波攻撃での戦いの時は負けかけていたところを落ちていた武器(スピーカー)を使い、かろうじての勝利した。通信員として戦うよりも素直に殴り合ったほうが強いんじゃ…… 


お年寄りにはこの違い!わかりませんかねぇ?


シャッタード・グラスだとドイツ語なまり鬼軍曹ブラスター(blaster)。
トヨタbBトランスフォームするブロードブラスト
ザ・ヘッドマスターズでブロードキャストの復活した姿として登場するのがツインキャスト。 

ブロードキャストというのは日本製の名前であり、基本的にブラスターの名前が流だろう。
 


勝利を祝ってどうですぅ?ゴキゲンなのを一本見ましょうかぁ!



■sm24472405[ニコ動]

■sm24621384[ニコ動]
■sm24621459[ニコ動]


ワァーオ、見ろよこの玩具、ゴッキゲンじゃないのぉ!


■azB000BTF39I
■azB00ALM62PY
■azB00B1KQFIE
■azB005WP3CBM
■azB001J7K4OU
■azB000BRKP3O


関連コミュニティ


■community


関連項目の面汚しめ!



最終更新日: 14/10/06 16:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ