ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブンブク


ヨミ: ブンブク
掲示板をミル!
1カキコ!

ブンブクとは、面い名前と姿のウニ仲間である。


概要


ブンブクに属する、不正形類という「ウニらしくない」ウニの一員で、たわしのような姿だがれっきとしたウニ仲間である。不正形類には他にもタマゴウニ、面名前繋がりカシパンタコノマクラなどがいる。
名前は昔話分福からで、タヌキ(キツネとも)が化けた釜にその姿を重ねたのが由来。ブンブクチャガマという和名の種もいる。また、タヌキブンブクやキツネブンブク、アナグマブンブク、ネズミブンブク、ライオンブンブクなど哺乳類の名前が付いた種が多い。英名は殻がハート形をしていることから「heart urchin(ハート形のウニ)」。なお食用には向かない。

多くが埋在性の底生生物(エンドベントス)で、に活発に活動する。短く密集したや管足で海底の砂や泥の中を器用に、そして強く掘り進み、有機物を食べて暮らしている。の種類も体の場所によって違い、地中を掘り進めることに特化した配置になっている。海底を掘り進めるブンブクにとっては装甲ではなく掘削具なのである。オカメブンブクは海底の堆積物を大きく攪乱し、生態系に強い影を与えていることが分かっている。

例外としてウルトラブンブクのように潜るのをやめて海底を這うようになった種もいる。また、ブンブクの仲間は有名なウニの口器であるアリストテレスの提を持たない。

不正形類はジュラ紀頃に出現したウニの中では較的新しいグループで、砂や泥に潜ることに特化している。ウニを含む動物の特徴である五放射相称をませ、疑似的に左右相称の体をしているが、ブンブクは特にそれが分かりやすい。肛門が殻の頂上ではなく後ろ(進行方向の反対)にあるのも特徴。殻には呼吸に使う五放射ののような模様(紋)がある。
ブンブクの仲間亜紀後期に出現し、今やウニ仲間では一番種数が多く、多様な場所に生息するグループだったりする。


ブンブクの仲間たち


ここに挙げた種はごく一部であり、他にも様々な種がいる。

余談だが、ブンブクモドキやトックリブンブクなどのブンブクモドキの仲間もいる。ブンブクの下にブンブク亜とブンブクモドキ亜が置かれたり、Atelostomata上の下にブンブクとHolasteroida(ブンブクモドキの仲間)が置かれたりしているが、後者の方が新しい分類だと思われる。ここではブンブクモドキの仲間について詳しくは書かないが、Echinosigra paradoxaという種はとてもウニとは思えない姿をしており必見。


関連動画



■sm30700677[ニコ動]

■sm18804351[ニコ動]


関連商品


■az4829981652
■az4121506766


関連リンク



関連項目



最終更新日: 20/12/27 10:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ