ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


プランF


ヨミ: プランエフ

プランF英:Plan F)とは、俺たちのフェラーリ徴する言葉のひとつである。


概要


2019年F1第8戦フランスGPの終盤、フェラーリセバスチャン・ベッテルは5位を走行していた。
前を行くマックス・フェルスタッペンには約8の差をつけられ10周では追いつくことも難しく、一方6位のカルロス・サインツに対してはおよそ48の大差をつけており、タイヤ交換をしても順位を落とさずにコースに復帰できる状況であった。

そして43周チームからベッテルに対して出された線がこちら。

We're lookin' into Plan F, Plan F, head down, keep pushing.

(訳:々はプランF、プランFを採ろうと思う。集中してプッシュし続けてくれ)

通常チームドライバーの間で作戦の変更を伝える際には、予め決めておいた符丁に従ってベストと思われる作戦プランA、それとは別の選択肢プランB…というように伝達するのだが、あまりにもストレートすぎて何も隠せていないこの線で世界中のテレビ実況者・解説者や視聴者失笑を買ってしまった。

実際、日本テレビ中継においてもDAZNでは直後に以下のようなやり取りがあった。

おぐたん「プランF?プランF、で、集中して、で、あとちょっとって言ってるんですけど」
吉田アナ「なんでしょう」
おぐたん「なんでしょうね?プランF(すっとぼけ)」
田中健一氏「プランFのFはファテストラップのFのような気がするんですけど
おぐたん「ねえ」

さらにフジテレビNEXTでは川井ちゃんが初めから「最速ラップを出しに行け」と最初からファテストラップ狙いであると伝えられた上で、「プランFってモロバレじゃん!もうちょっとさぁ」「日本語教えとこうか、『最速ラップ』、々以外)もわかんないw」と嘲笑される始末であった。


結果


線で示があった通り、52ベッテルピットイン
新品のソフトタイヤに交換しファイナルラップである53に1分32740ファテストラップを記録し事に「プランF」を遂行してみせた。
つまり結果だけ見れば成功しているので、これは俗に言う「俺たちのフェラーリ」案件ではないのではないかと言うこともできる。

しかし、直前にルイス・ハミルトン29周も使用したハードタイヤで1分32764という驚異的なタイムを記録しており、それに対して新品のソフトタイヤを投入したにもかかわらず0.024という僅差で辛うじて上回ったものであったため、めてメルセデスフェラーリの実差が浮き彫りになってしまった。
なにより映像にしばしば取り上げられるトップチーム線でこのようなあからさまな、もうストレートに「ファテストラップの1ポイントを獲りに行こう」と言った方がマシではないかとすら思えるやり取りが故にフェラーリレースエンジニアの資質が疑われる事態を印付けてしまったのである。


その後


あまりにも衝撃的だったため、日本人F1ファンの間では「プランF」と言えば「新しいタイヤに交換してファテストラップの1ポイントを獲りに行くこと」で通用するようになってしまった
特にTwitterでは字数の節約になるので大変便利な言葉である。


関連動画



■sm35329385[ニコ動]

■sm35313172[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 21/04/28 14:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ