ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪


ヨミ: プリキュアオールスターズハルノカーニバル

『プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』とは、プリキュアオールスターズ7作の長編劇場アニメーション作品である。
2015年3月14日開。映画プリキュアの第18作でもある。


概要


2012年から2014年の3年間にわたって開されたプリキュアオールスターズNewStage3部作も終わってオールスターズも一段落かと思われていたが、また新たな形でスタートすることになった。しかも今回のテーマプリキュア達が歌って踊るというもの。
なお、本作では東映アニメーション総会で「アナと雪の女王」を参考に々という発言があったらしい。この為3DCGダンスが全面にフィーチャーされており、キービジュアルもそれが用いられている。論、普通作画バトルシーンも従来通り描かれている。

また、前作では『ハピネスチャージプリキュア!』の本編ネタバレ防止策として変身前の姿を見せなかった大森ゆうこ/キュアハニーと同じく前作では未登場であった氷川いおな/キュアフォーチュンとそのパートナー妖精ぐらさんも含めて オールスターズ作品としては初めて台詞付きの登場となった(なお、ぐさらんの台詞付き出演は現時点でこの回のみである)。さらに当時新作であった『Go!プリンセスプリキュア』の3人(紅城トワ/キュアスカーレットは同時期に敵の組織に操られ、トワイライトとして敵対していたため未登場)が加わり、ついに40人の大台に到達した。40人が戦ったり踊ったりするのは壮観だといえる。
恒例となったゲスト声優としてオドレン・ウタエン役としてオリエンタルラジオの2人が出演する。『NewStageシリーズオリジナルキャラクターあゆみとそのパートナー妖精であるグレルとエンエンは、今回は残念ながらいずれもモブとしての登場にとどまっており、いずれもプリキュア達の回想シーン(挿入歌「39フェアリーズ」の映像シーン)に登場するが、グレルとエンエンハルニアの観客としても登場している(なお、前作『NewStage3』であゆみパートナー妖精になったと同時に人間界に住むようになったが、翌年の『みんなで歌う♪奇跡の魔法!パンレットにおいて現在あゆみと暮らしている事が書かれている)。

本編に流れる歴代プリキュア映像シーン(各プリキュア達の回想シーン)は、TV最終回後の様子や新規に作画されたTVシリーズ本編を再び描いた映像が流れていた(つまり、本作は当時現役の「Go!プリンセスプリキュア」を除いた歴代シリーズ総集編と言える存在である)。この点で言えば、既存の各作品のファンからは喜びのも上がった。その一方でCGダンスと入り交じった内容となっているほか、演出の散漫さや後述の声優出演の数も含めて、評価に関しては賛否両論はっきりと分かれた作品となってしまっている。

また、 今回どうやらガチで観客を踊らせたいらしく、振付にマツケンサンバなどでおなじみの真島茂樹が起用されており、ファンにはおなじみ青木美子高取ヒデアキ両氏によるテーマ曲の「イマココカラ」は、ダンスクチャビデオラブリーフローラ着ぐるみが踊っている)や同曲を使った劇中ダンスシーン先行映像YouTube東映アニメ公式チャンネルで配信され、さらに劇中のプリキュアが歌うバージョンだけでなく、エンディングではモーニング娘。'15が歌い、実写着ぐるみプリキュア達やモー娘。と募集した子供達が踊るなど、かなりが入っている。
おなじみキュアメタル高梨氏の劇伴楽曲と合わせて楽しみにしたいところで、中でも高梨氏だけでなく佐藤直紀高木洋両氏による変身BGMメタルアレンジしたメドレーは必聴だと言えるだろう。

NewStage3部作に引き続いて台詞があるキャラクター(=演じる声優)の数が制限されているが、本作の公式ウェブサイトでは台詞を発していないキャラクターも含めて担当声優が掲示されているので本編チェックしなければならない。


スタッフ



キャスト(ゲストキャラクターのみ)



主題歌(新規楽曲のみ)



関連商品


■azB00RDEADB2
■azB00RDEAC36
■azB00XMRT4TQ
■azB00XMS23WA


関連項目



最終更新日: 19/12/27 10:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ