ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


プリンスリーギフト


ヨミ: プリンスリーギフト

プリンスリーギフト(Princely Gift)とは1951年まれのイギリス競走馬

競走馬としてはそこそこながら、種として一定の成果を収めた。
日本において「プリンスリーギフト系ブーム」が起きた事により、日本で独自の発展を遂げた。
名前は「勢な贈り物」という意味。つまらないものではないぞ。


生い立ち、競走馬時代


NasrullahBlue GemBlue Peterという血統。
Nasrullahは本が生まれた頃には既にアメリカに渡っており、本同期には英国二冠Never Say Dieがいる。1939年英国二冠であるが、よりによってその年に第二次世界大戦が勃発したためセントレジャーが中止三冠馬を絶たれた悲運の名である。は3勝を挙げ、同じ系からは(めっちゃ遠いが)ダービー馬Pharisがいる。良血と言っても差し支えない血統である。

ちなみに本から系が大きく広がっており、ナイスネイチャ日本での代表格である。

前述したNever Say Die競走馬として大成したが、本はと言えばそれほど活躍した方ではない。
通算23戦9勝、ステークス競争を4勝したが全て1マイル以下の競争である。しかし生最後の競争だったポートランドハンデ(1100m)では59kgを背負いながらレコード勝ちを収め高い評価を得た。

総合すると、優れたスピードを有する短距離であったが、大レースには縁がなかった。
現代日本で言えばサマースプリントシリーズの王者か。


種牡馬入り後


1956年から英国で種入り。既にNasrullah大西洋を挟んだワールドワイドの活躍を見せており、それに応えるかのように種として一定の成果を見せた。

産駒は自身同様の短距離が多く、また仕上がりのさに定評があった。英国の名物スプリント戦であるナンソープSやジュライCに優勝を多数送り出している。しかし、Grey SovereignNever Say Die、後のBold RulerRed GodNever Bendべると、自身の成績はさほど立つ方ではない。というのも当時の欧州競馬はスタミナの有るが重宝されていたこともある。

1973年22歳で死去。彼の死に前後して、息子日本で望外の活躍を見せていた


テスコボーイの活躍とプリンスリーギフト・バブル


その息子とはテスコボーイ。現役時代は繰り上がりでクイーンアンSに優勝し、その他大レースでは善戦止まりの、プリンスリーギフト産駒の中でも中堅レベル競走馬である。

そんなテスコボーイ1968年アイルランドから、日高種馬農業協同組合(以下、日高種馬農協)という舌を噛みそうな名前の日本のスタッドへ輸入され種入りした。
すると初年度から皐月賞ランドプリンスを、2年に二冠キタノカチドキ、翌年に二冠テスコガビー、更に翌年に「天馬トウショウボーイ...と活躍量産1974年等4度のリーディンサイアーにき、抽選さえ通れば安価な種付料で毛じゃなければ高額で売れるが出せる、そんなテスコボーイは一躍大人気に。

テスコボーイ産駒は従来のレコードタイム次々と更新70年代後半から、日本競馬に希薄だった「スピード競馬」の概念を植え付ける事に成功、グレード制導入に前後した短距離路線の拡充や長距離レース距離短縮も一族には僥倖だった。

こうなったらどうするかって? Never Say Die知ってるかい?
海外から根こそぎにする勢いでゴッソリ持って来るんだよ!!!

てな訳で本を含めたプリンスリーギフト直18頭。孫を含めて20頭以上輸入、種入り。
文字通り海外からプリンスリーギフトの一族は根こそぎにされ、1980年代の時点で、日本以外でプリンスリーギフトの系統はほぼ消失。これに関しては日本国内でも賛否両論

しかし、日本に輸入されたプリンスリーギフト系種達は結果を残し始める。
欧州でも凱旋門賞を出すなど(なおそいつらも輸入した)活躍していたファバージが皐月賞ハードバージなど、バーバー有馬記念カネミノブ、ボイズィーボーイからジャパンカップカツラギエース7080年代を中心に盛した。

現在のプリンスリーギフト系? バッチリ日本に適応して生き残りました
テスコボーイ産駒の上級産駒、トウショウボーイサクラユタカオーが種として成功を収め、その中でもサクラユタカオーを介した系統からサクラバクシンオーエアジハードを輩出。そのサクラバクシンオーは短距離戦線で一定のニッチを確保している。

現在ではほぼテスコボーイ系の、その中のサクラユタカオーサクラバクシンオー親子を軸とした系統に集約されつつある。多分テスコボーイサクラユタカオーサクラバクシンオーショウナンカンプ等の系統が、今の日本で一番長く続いている系である

日本の高速馬場に上手く適合したプリンスリーギフトの系統は今も残っている、もし将来、この系統からイギリスの短距離GIを制し、プリンスリーギフトの数世代越しの栄が見られるのなら、それは日本が「系の墓場」と呼ばれた汚名を全にらす事が出来るのではないだろうか。


関連動画



■sm5638117[ニコ動]

■sm12852146[ニコ動]


関連商品


お中元やお歳暮などの贈答品をどうぞ。


関連コミュニティ


■co374


関連項目


子孫とか


最終更新日: 18/06/30 14:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ