ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


プロトタイプガンダム


ヨミ: プロトタイプガンダム
掲示板をミル!
25カキコ!

プロトタイプガンダムとは、『MSV』に分類されるモビルスーツである。


概要


PROTOTYPE GUNDAM
プロトタイプガンダム
RX-78-1
頭頂高 18.0m
重量 47.2t
-
-
装甲 ルナチタニウム
兵装 頭部バルカン砲×2
ビームサーベル×2
ビーム・ライフル
ハンドビームガン(初期)
シールド

V作戦で製造された地球連邦軍の試作モビルスーツ
2号機から先行してロールアウトした仕様策定のための機体でありMSVではプロトタイプガンダムと呼ばれている。

ルウム戦役において「ザク」の脅威をの当たりにしたレビル将軍モビルスーツの必要性を強く訴え、V作戦を発動させる。計画では既にMSの製造を開始していたRX計画も統合され、ザクとまともに渡り合えるような機体の開発が行われた。
連邦鹵獲したザクを解析し、対MS戦用装甲車両の「RTX-44」およびRX-75ガンタンク」などを経て製作した初の二足歩行試作機「RXM-1」から、中距離支援機の「ガンキャノン」と兵戦仕様の「ガンダム」という全な戦闘MS完成させた。

RX-78-1では新機軸のデュアルセンサーや、ミノフスキー粒子の粒子ビームをIフィールドで収束・形成する「ビームサーベル」、さらにハンドショットスタイルビーム・ライフル実験的に織り込んでいる。プロガンダムと制式仕様の違いに第一に挙げられるとすればこのハンドビームガンである。
ハンドビームガンは下腕部と一体化したストラップ付きハンドショットスタイルビーム・ライフルだったが、取り回し性の悪化から評価が低く、実戦仕様であるRX-78-2仕様ガンダム3号機では通常スタイルへ変更したようだ。その際ガンダム1号機と2号機もRX-78-2仕様更新されている(1号機の名称はプロトのままらしい)。

また単純なスペックでもコア・ファイターの動となるタキム社製NC-3熱核ジェネレータ2基、背部ランドセルバックパック)にタキNC52基、部にタキNC-7を搭載しており従来の機体を駕する性となった。

式番号の-1はバージョン情報を示している。MSV版としてメディア化で広く知られる本機はの装甲色だが、これは正式なRX-78-1の実戦仕様策定後にペイントされたものである。
RX-78としてロールアウトした機体は3号機(RX-78-2仕様)および1号機の仕様策定後をベースにしている。

元ネタ

ストーリーブックに収録されたカラーバリエーションMSVで設定を与えた機体。
小説ガンダム2号機設定→ガンダムセンチュリーMSV公式に輸入したのが現在の設定詳細な設定はキットでのインストが初出となる。

頭部

従来の機体と異なるのはデュアルセンサーを採用している事だろう。
モビルスーツにはモノ・アイしかい中でツインアイデザイン的にも新しいものとなっている。頭部はセンサーコンピューターなどの精密機器の集合体であり、コア・ファイターメインコンピューターの負担を減らすために搭載されたコ・プロセッサーフレームが補助を兼ねている。

ルナ・チタニウム合金

RX-78は開発コンセプトから兵戦用の機体として位置付けられ底的な軽量化をしていた。
それを可とさせたのが従来のチタンから進化を遂げた装甲材「ルナチタニウム」である。(後に本機の活躍を受けてガンダリウム合称した。)

チタン以上の軽量性、かつザクマシンガンの直撃をものともしない強度・耐弾性を持った装甲の採用によって、ガンダムタイプは既にジオンモビルスーツとは一線を画す存在になっていた。耐熱性のほか微量とはいえ放射性の遮断などの機もあり、モビルスーツにとっては理想的な装甲材と言える。

コア・ブロック・システム

ガンタンクガンキャノンガンダムRXナンバー3機はコアブロックシステムというコックピットモジュールを採用している。これが本機の核となる。コックピットは高性戦闘機に分離変形しコア・ファイターとして運用可で、コア・ファイター自体にジェネレータも積まれているため数値上の出は実に数倍を誇る。

その的の一つが実験機種RXナンバーのデータ収集。コア・ファイターに搭載した「教育コンピュータ」に保存した実戦稼働データを安全に持ち帰り、かつ搭乗者の生還率を高めるという理念からくる装備でもあった。

1号機のコア・ファイターは当初FF-X5(プロトタイプコア・ファイター)だったが、度重なる良を得て最終的にFF-X7に刷新された。


RX-78シリーズ


以下、旧キット版プロトタイプガンダムの説明書をかみ砕いて説明する。

プロガンダムをはじめとするRX-78シリーズはジャブローで8機製造されている。この内、1~3号機はサイド7へと向かい、残る4~8号機はセカンドロットシリーズとしてジャブローに残されGMテストベッドとなった。

この際の留意点としては、4~8号機はいずれも初期試作・中期試作・後期試作が存在した事である。冷却システム・耐熱フィールドコアファイター等は持たされておらず、RX-78-1未満の素の状態だった。少なくとも一度は3号機と同一仕様、つまりRX-78-2仕様修されたと記述されている。

機体はそれぞれ修を受け、実戦へ投入されている。詳細は各個別記事を参照して貰いたい。


X-78


ガンダムセンチュリー』でワンカットのみ登場。形状的にはGMに近い。

特徴として(V字センサー)が存在しない。『RX-78誕生秘話』では、X-78と思しき機体が登場。さらに全長もプロガンダムの半分程度であり、モックアップとして作られた1/2試作モデルとなる。これをベースにプロトタイプガンダムが開発されたと言われている。


プロトタイプガンダム(ソロモンエクスプレス)


電撃ホビーマガジン1999年7月号に掲載された小林の雑誌企画ソロモンエクスプレス』に登場。MSV版ではなくガンダムセンチュリーのX-78を基にしている。

設定のみの登場であるが、模型作例や設定画では通常のトリコロールカラーが付けられている。この機体もザクの襲撃の際に破壊されたようだ。


ガンダム1号機(THE ORIGIN版)


漫画機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場。式番号:RX-78-01 テストパイロットヴェル大尉

オリジンワールドプロガンダムに位置する機体であり、GMタイプゴーグセンサーを採用している。サイド7に侵入したジオン軍モビルスーツザク」を数機倒したが爆発宇宙に放り出された。


関連商品


■azB00JG1OVHC
■azB00601QLX8


関連項目


RX-78 ガンダム(ファーストロット・セカンドロット機)


最終更新日: 16/02/18 03:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ