ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


プロマシアの呪縛


ヨミ: プロマシアノジュバク
掲示板をミル!
21カキコ!

プロマシアの呪縛(Chains of Promathia)とは、

である。


拡張データディスク



概要


FF11の拡データディスク第2弾。オリジナルディスクの発売及びサービス開始から2年4ヶ、拡ディスク第1弾「ジラートの幻影」の発売から1年5ヶが経過した2004年9月に発売された。

な追加内容は以下の通り。


評価


現在までに発売されている5つの拡データディスクの中で、最も評価の低いものと言える。

その理由としては、まずはに見える追加要素の少なさが挙げられる。
多くのプレイヤーに期待されていたであろう新ジョブがひとつもなく、立った独特のコンテンツもない。新エリアの大半は、メインストーリーをある程度攻略しないと進入することもできない。

しかもそのメインストーリー難易度が非常に高く、準備・攻略に時間がかかり、ちょっとしたミスでそれらが全てに駄になってしまうこともしばしばありえた。さらにMMORPGであるが故に、その失敗による被害は自分だけでなく一緒に攻略を進めていたパーティーメンバーにも及ぶ。そんな時どのような空気になるかは推して知るべし。
FF11テーマが「」であることに対し、「ブレイカー」とまで揶揄されるようになった。

メインストーリー高難易度たらしめた大きな理由に「レベル制限」というものがある。これは、例えば「レベル30制限」であれば、仮にそれ以上のレベルであったとしても、一時的にレベル30相当まで引き下げられるというもの。
このレベル制限が、ストーリーを進行する上での中やボス戦のいたるところでかけられ、ほとんど常にギリギリの戦いが強いられるというものであった。
しかし、2010年6月バージョンアップでこのレベル制限が撤され、特に低レベルでの制限が課せられていた序盤~中盤においての大幅な難易度の緩和が施された。

そんな高難易度であったメインストーリーだが、シナリオの評価は非常に高い。
FF11初期、サンドリアバストゥークウィンダスジュノ、それぞれので展開されるストーリーを別々のシナリオライターが担当していたのだが、その中でもダントツで評価の高かったウィンダスシナリオライターを本ストーリーの担当にしたことが功を奏したといえる。
また、滅亡した「タブナジア侯国」や、忍者の発祥の地とされる「ひんがしの」など、それまで設定としては存在していたがあまり深くられることのなかったものが、少なからず踏み込んだ形でられているのも設定好きのプレイヤーには評価が高い。

また、「プロマシアの呪縛」そのものには追加要素が少なかったものの、初期・ジラートから積み上げられたコンテンツの多さから新規プレイヤーを呼び込める素地は十分にあったこと、FF11が動作する安価PCの登場、ブロードバンド爆発的な普及等により、「プロマシア時代」がFF11で最も多くのプレイヤー数を記録していた。


メインストーリー


通称「プロマシミッション」、略して「プロM」「PM」。

これまでに実装された全てのストーリーとは全に独立しており、それらとの並行が可となっている。

突如ヴァナ・ディールに現れたの王バハムート、各地に現れた「虚ろなるもの」と呼ばれる奇妙な存在、少年から託された不思議なアミュレットを手にそれらの調を進める冒険者(プレイヤー)は、滅亡したタブナジアの地に降り立つ。そして次第に大きな運命の波へと飲み込まれることになる。

プロマシア」とは、ヴァナ・ディールに存在するのこと。
多くの人間たちが信仰の対としている「女神アルタナ」に対し、悪しき男として伝えられている。


関連動画



■sm490924[ニコ動]

■sm7086390[ニコ動]


関連商品


■azB002OB3TCO

「プロマシアの呪縛」発売当時は、既にオリジナルディスクジラートの幻影プレイしている人のための「プロマシアの呪縛」単品と、これから始める人のためのオリジナルディスクジラートの幻影との同梱版の2種類が販売されていた。
現在ではどちらも店舗で売られていることは少なく、「プロマシアの呪縛」を含む全拡データディスク、及びダウンロード販売されている追加シナリオが全て同梱されたこのディスクを購入することが推奨される。


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 19/07/20 09:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ