ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヘイルトゥリーズン


ヨミ: ヘイルトゥリーズン
掲示板をミル!
5カキコ!

ヘイルトゥリーズン(Hail to Reason)とは1958年まれのアメリカ競走馬

2歳王者になる活躍を見せ、種としても成功を収めたが
の死後、極東ので子孫が望外の活躍を見せた。

名は「良識に対し敬意を表する、理性に訴える」といった意味を持つ。


概要



生い立ち


Turn-to、Nothirdchance、Blue Swordsという血統。
オーナーブリーダーであるイシドア・ビーバー調教師であるハーシュ・ジェイコブズは、「ビーバージェイコブズステーブル」を結成して長年に渡りサラブレッドの生産を続けていた。そのビーバージェイコブズステーブル名義のNothirdchanceが1958年に、別の農場で産み落としたのが本である。

余談だが、海外では生産者=の所有者であり、例えばシンボリクリスエスシンボリ牧場の総帥が米国で買った米国の牧場に預託して産まれた為、生産者は「Takahiro Wada」と表記されている。同様の例はエルコンドルパサーヒシアマゾンがいる。海外競馬を調べていると生産者がナントカ夫妻とかになっていたりするが、それは大体の所有者である。中にはガチオーナーブリーダーもいる。

閑話休題、ヘイルトゥリーズンは幼少期より誰彼構わず喧をを吹っかける暴れん坊で、く間に厩舎のボス格にまで登りつめる。一方で聡明なだったというエピソードも残っており、この聡明さが後の彼を救うことになる。


短き競走生活


ハーシュ・ジェイコブズが自ら調教を施し、デビューはなんと2歳の1月営よりい。
デビュー戦(サンタアニタ、ダート600m)では14頭中13着に敗北、惨敗を続けながらも次第に良化し、2戦連続2着の後、4月のアケダクト競馬場で行われた未勝利戦で後続に9身つけ快勝。3ヶで6戦

当時のアメリカ競馬がそういうものだったのかは不明だが、ジェイコブズがをとにかく走らせる方針だった。それ以後休みなく走り続け、5月にてステークス競走を勝利。以後2歳ステークス戦を走りまくり、8月末、当時の米国2歳王者決定戦とも言えるホープフルステークスでは後続に10身つけ、1分160のレコードタイムで圧勝。米国歴史的名であるWhirlawayNative Dancerがこの競走に勝利していることから、そりゃもうクラシック確定と呼べるほど名が高まった...のだが

次戦のワールズプレイグラウンドSという競走を勝利した数日後、調教中に落していた蹄を思いっきり踏んづけてしまい、前脚(文献によって左だけだったり両前脚だったりする)の種子折。なんとか石膏ギプスを装着させて脚を固定したい所だが、仮にが暴れてしまったらその時点でオシャカ競走生活どころか生命の危機に直面する

が、ここでヘイルトゥリーズンは暴れることなく静かに治療を受ける。確かに彼は暴れん坊で知られたが同時に聡明であった。引退を余儀なくされたものの、一命を取り留めることに成功した。

デビューから僅か8ヶ18戦9勝。ステークス競走7勝。
1961年アメリカ二冠Carry Backとも何度か対戦したが、ヘイルトゥリーズンが大きく勝ち越しており、仮に故障しなければ...と考えた人は決して少なくないだろう。


種牡馬入り後


引退後種となる。するといきなりベルモントS、トラヴァーズS優勝Hail to Allハンデ競走の女傑Straight Dealが輩出されく間に人気へと成り上がる。
以後も順調に活躍を出し続け、1970年には年度代表馬Personalityの活躍もあり北リーディンサイアーにき、Bold Ruler八連荘阻止した(1963年からずっとリーディングだったBold Rulerも半端ないなぁ)。

後継種にも恵まれ、英ダービーRoberto競走馬として二線級だったHalo、2歳GI優勝Stop the MusicがそれぞれGIホースを輩出した。

またとしても優秀で、「の女」ことTriptych三冠にして凱旋門賞Allez Franceを輩出、またBold Reasoningというどっかの馬の骨から米国三冠馬Seattle Slewが産まれた。

1976年18歳安楽死の措置が執られた。しかし、遺された彼の血脈は意外な方向へ向かう。


ヘイルトゥリーズン帝国、日本


1980年代日本ではノーザンテーストミルジョージ、テスコボーイが幅を利かせ、Northern Dancer系やNasrullah系の血を持つが多数存在し、逆にそれらに配合できる異系の種められていた。そこで白羽の矢が立ったのがヘイルトゥリーズン系の種である。

まず、Roberto産駒のリアルシャダイ日本に輸入された所いきなり重賞を輩出、2年以降にシャダイカグライブキイカグラ、ライスシャワーを送り出す。
続けてまたもRoberto産駒のブライアンズタイムが初年度からいきなり三冠馬ナリタブライアンオークスチョウカイキャロルを輩出。

今度はHalo産駒で年度代表にもいたサンデーサイレンスが...活躍はご存じの通り。
産駒が活躍する、どころか日本競馬の在り方すら変えてしまった

他に曾孫にあたるタイキシャトルグラスワンダーシンボリクリスエス日本競走馬として活躍後に種入りし、やはり活躍している。

かつて名種の近親をゴッソリ輸入しては腐らせ「系の墓場」と揶揄された日本競馬において、ヘイルトゥリーズンの血統はガッツリ生き残り、曾孫にあたるディープインパクト2018年に英2000ギニー優勝Saxon Warriorを輩出し逆侵攻を開始。ハットトリック年度代表Dabirsimを、シャトル先の南半球フジキセキタヤスツヨシがGIを輩出している。(大体サンデー系なのは内緒)

日本競馬は一過性の血統流行が繰り返されており、Never Say DieRockfella、パーソロンノーザンテーストの直系は見る影もいが、それをまとめて駆逐したのがサンデーらヘイルトゥリーズン系であり、彼らのように別の系統が台頭し消え失せる...のかなあ。気になる方は是非長生きしよう。サンデーサイレンス導入以降も社台や岡田スタッドが異系種を導入しているがそれらの系もどうなるのか気になる方は是非長生きしよう

2017年の種リーディング上位20頭のうち、ヘイルトゥリーズンの直系系である12頭にヘイルトゥリーズン系を持つが1頭と、日本世界に冠たるヘイルトゥリーズン帝国であることは疑いようもない。

因みに海外ではアルゼンチンHalo産駒Southern Haloがリーディンサイアー7回の大活躍で系を広げ、Roberto系はElectrocutionistBarbaroといった大物世し勢いは衰えつつあるが未だ健在。またStop the Musicの系統は南でしぶとく存続している。


世界平和の意を込めて


の名Nothirdchance、ノーサードチャンス、つまり「三度はない」という意味である。
Nothirdchanceは1948年に産まれたが、この年に前後して東欧を中心に共産主義政権が次々と確立され、ドイツの東西分断など冷戦構造が出来上がった。

ここで本、Hail to Reasonは前述の通り「良識に対し敬意を表する、理性に訴える」といった意味合いの言葉である。地球観測衛星の打ち上げや核開発競争の化もあり、人々に対し理性ある行動を執るように呼びかける願いを込めて、本が名付けられたことは想像に難くない。

余談だが、後継種であるHaloは人を噛み殺しにかかる程しい気性で知られたが、実は厩務員の虐待を受けてしまい、それに反抗するように気性が荒くなってしまったという説話が存在する。虐待を受けた児童が大人になり、子供虐待するというスパイラル人間でも立されている。顔を合わせた事がいとはいえ、サンデーサイレンスの気性難はここから来ているのかもしれない。(半分はWishing Wellのせいだろうけど)


血統表


Turn-to
1951 鹿
Royal Charger
1942 
Nearco Pharos
Nogara
Sun Princess Solario
Mumtaz Begum
Source Sucree
1940 鹿
Admiral Drake Craig an Eran
Plucky Liege
Lavendula Pharos
Sweet Lavender
Nothirdchance
1948 鹿
FNo.4-n
Blue Sword
1940 鹿
Blue Larkspur Black Servant
Blossom Time
Flamign Swords Man o' War
Exalted
Galla Colors
1943 鹿
Sir Gallahad III Teddy
Plucky Liege
Rouge et Noir St. Germans
Baton Rouge

関連動画


流石に本人の映像は見当たらないので、孫をどうぞ


■sm1649386[ニコ動]

■sm20024231[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/09/22 00:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ