ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヘミングウェイ・レビュー


ヨミ: ヘミングウェイレビュー

ヘミングウェイ・レビューとは、1998年宝塚歌劇団組によって上演されたショーで、当時の組男役トップスター・麻路さきサヨナラ演でもある。


概要


前述の通り、1998年宝塚歌劇団組の当時のトップスター・麻路さきサヨナラ演として上演された。作・演出は草野旦(くさの・あきら、現宝塚歌劇団理事も兼任)が手がけており、併演はミュージカル皇帝」。

誰がために鐘は鳴る」「武器よさらば」「老人と」などで有名なアメリカの大作家、アーネスト・ヘミングウェイの生誕100周年を記念して作られたショーで、「男の時代」と呼ばれた20世紀初頭から、第一次世界大戦イタリア戦線、旅行で訪れたアフリカ飼い猫と共に過ごしたカリブキューバの情を織り交ぜつつ、波乱に満ちたヘミングウェイの生涯を多な歌とダンスった内容になっている。

真矢みき、久世佳、高嶺ふぶきと並び人気のあったトップスター・麻路さきサヨナラ演として作られただけあり、ファン人気も根強く、なおかつ評価も高かった。実際、当時のネット上では圧倒的にヘミングウェイ・レビューの方が評価も人気も高かったという。期のBlu-ray化、DVD化やネット配信が熱望される作品でもある。皇帝」?知りませんねぇ…。


関連動画



■sm2362561[ニコ動]

■sm7519282[ニコ動]

宝塚歌劇団歴史に残る屈の迷作・第2章「男の時代」。稔幸さんの歌と変わりにも注

■sm9646592[ニコ動]


関連商品


■azB00KKS0HFA
■az4787271016


関連コミュニティ



関連項目



最終更新日: 17/04/13 23:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ