ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヘラクレス


ヨミ: ヘラクレス
掲示板をミル!
4カキコ!

ヘラクレス英:Heracles)とは、ギリシア神話の大英雄である。

英語では「ハーキュリーズ」、フランス語では「エルキュール」。
逞しい男、強いものの代名詞としても用いられる。


概要


ギリシア神話にはの血を引く英雄物語が多数伝わっており、その中でも最もよく知られる人物。
生まれた日から英雄としての素質を示し、様々な冒険や試練に立ち向かい、その物語現在でも広く知られれている。
他方、その出自によって苦難のを歩む、種流離譚としての趣も強い。

幼名はアルケイデス。またはアルカイオ
ヘラの栄」を意味する「ヘラクレス」を名乗るようになったのはだいぶ後の事だが、ここでは一貫してヘラクレスと表記する。


生い立ち


ゼウスアルクメーネー。はミュケナイの王女で、英雄ペルセウスの孫でもあった。

彼女叔父であるアムピトリュオンの妻となったが、かつて戦死した兄弟を討ったなら受け入れるという誓いを立てた。これに従いアムピトリュオンが出した後、スケベ定評のあるゼウスは彼に化け、を3倍の長さにしてアルクメーネーとウフンアハンした。
その翌日、戦に勝利して戻ってきたアムピトリュオンは何も知らずにアルクメーネーと結ばれる。こうして彼女神の子人間の子を双子として身ごもった。

子供贔屓に定評のあるゼウス「次に生まれてくるペルセウスの後裔をミュケナイ王とする」と宣言したが、夫の浮気相手に対して容赦しない事に定評のあるヘラはこれに反発。自分の出産女神エイレイテュイアを説得し、アルクメーネーよりも先にステネロス(アルクメーネーの伯父)の子が生まれるよう取り計らった。
かくして生まれた赤子・エウリュステウスはゼウスの宣言通りにミュケナイ王となり、これに遅れてヘラクレスと、のイピクレス人間)が生まれる事になった。

しかし懲りないゼウスは、が子に不死のを与えようと思い立つ。すなわち、眠っているヘラを吸わせたのだ。ところがヘラクレスがを吸うがあまりにも強く、が覚めたヘラは思わず赤子を突き飛ばした。この時飛び散ったミルキーウェイ、つまり天の川になったという。
結局計画は失敗し、ヘラクレスは不死を得られなかった。

そんな経緯もあってか、ヘラは生まれたばかりのヘラクレスに憎しみを抱き、ベッドに二匹のを送り込む。ところが慌てる両親をよそに、彼は素手でを絞め殺してしまった。
これが彼の「英雄」としての最初の一歩だった。


幸福、そしてどん底へ


その後ヘラクレスはすくすくと育ち、立な若者に成長する。名だたる英雄達から武芸を教わり、更にはケンタウロス賢者・ケイローンに師事。向かう所敵なしの無双の士となった。

その後義・アムピトリュオンが所属するテーバイに味方して戦争に参加、勝利をもたらした。
テーバイ王・クレオーンはこれを喜び、メガラを妻として彼に与える。三人の子供にも恵まれ、幸福な生活が続いた……

訳がなかった。

ヘラは「狂気」をヘラクレスに吹き込み、狂乱した彼はする妻と子供、更には子供を皆殺しにしてしまったのだ。正気に返って自分のした事に絶望したヘラクレスは、罪を償う術をめ、預言の地・デルポイへと赴く。

デルポイは古来アポロンによる託が得られる聖地であり、そこで彼に与えられた託は「ミュケナイ王エウリュステウスに仕え、彼から与えられる10の試練を果たせ」というものだった。
これに従い、ヘラクレスは本来自分がなっているのミュケナイ王に仕える事となったのである。内心ヘラクレスを恐れる王は極めて困難な10の試練を果たすよう命じ、失敗して命を落とす事を望んでいた。
後にある事情で2つ追加されたこれらの試練を「ヘラクレスの十二の功業」と呼ぶ。


十二の功業


ネメアの谷のライオン

魔神エキドナと怪物・テュポーンの間に生まれたライオン。その皮は分厚く、武器で傷つける事が不可能だった。

恐るべき魔獣を相手にヘラクレスは戦い続けたが、持ってきた武器が皆役に立たない。そこでライオンに組み付き、三日三晩をかけて首を締め上げ、ようやく息の根を止めた。
彼はライオンの鋭いで皮を割いて剥ぎ取り、身にまとって強な守りとした。後にこのライオンに上げられ、しし座になったという。

レルネー沼のヒュドラ

レルネー沼に住み着く巨大な。九つの頭と、触れただけでも命を落とす猛を持つ。

ヘラクレスはヒュドラにやられないよう口と鼻を布で覆い、ヒュドラの首を切り落とした。ところがこの首には再生があり、切った端から新しい首が次々と生えてくる。
そこで従者・イオラオス松明を持ち、首を切り落とした端から焼いて再生を防ぐという手助けに入り、ヘラクレスはようやく全ての首を切り落とす事に成功する。しかし最後の首は不死だった為、上から岩を落として地面に埋めて退治了となった。

この時化け・カルキノス(ヒュドラ兄弟)が加勢に入り、ヘラクレスの足を鋏で断ち切ろうとした。しかし当のヘラクレスは全く気付かず、そのままを踏み潰してしまった。一説にはヘラによってつかわされたともされるこのかに座となり、ヒュドラうみへび座となった。

これ以降、ヘラクレスは自分の矢をヒュドラに浸し、必殺の武器として使うようになった。

ケリュネイアの鹿

狩猟女神アルテミス聖獣の蹄を持ち、何者にも捕らえられない程足が速い。

他に4頭の兄弟がおり、アルテミスに生け捕られて彼女戦車を牽いていたが、この鹿だけは女神の腕前をもってしても捕らえられなかった。
しかしヘラクレスは1年もの歳をかけて鹿を追いかけ、疲れた所を見事生け捕りにする。
王に鹿を見せるべくミュケナイへの帰路についたヘラクレスだったが、その前にアルテミスアポロンが立ちはだかる。聖獣を殺したと思い込んで怒る二を前に、鹿傷で捕らえた事をヘラクレスが明すると、ようやくその怒りは鎮まった。

その後鹿アルテミスげられ、戦車を牽く役を与えられた。

エリュマントスの猪

エリュマントス山に住み、人間を食らう怪物。近隣の田畑や村を襲い、恐れられていた。

エリュマントス山に向かう途中、ヘラクレスはポロスという名のケンタウロス族の饗応を受けたが、祝宴の最中に諍いが起き、ヘラクレス対ケンタウロス族の戦いに発展してしまう。
ケンタウロス族を追いかけたヘラクレスはヒュドラの矢を放ったが、不幸な事にその矢は賢者・ケイローンの膝に命中した。不死である為に死ぬ事も出来ず、猛に苦しむケイローンは自身の不死をプロメテウスに譲って命を落とし、己が師を殺めた事をヘラクレスは嘆いたと伝わる。

戦いの後、矢の威に驚いたポロスは矢を手に取ってまじまじと眺めていた。だがうっかり自分の脚に落としてしまい、不死身ではないポロスはたちまち落命してしまう。に昇ったポロスはケンタウルス座に、ケイローンいて座になったとされている。

その後エリュマントス山に辿り着いたヘラクレスはの中にを仕掛け、を追い回して首尾よく捕獲した。

アウゲイアスの家畜小屋掃除

エーリス王アウゲイアスが3,000頭のを飼う巨大な畜小屋で、30年間掃除された事がなかった。

ヘラクレスはアウゲイアスに「1日で掃除が終わったらの1/10をもらう」と約束し、大掃除に挑む。ヘラクレスは近くを流れる二本のの流れを強引に捻じ曲げ、30年間溜まりに溜まった汚れをあっという間に洗い流してしまった。
ところがアウゲイアス約束を守らなかった為、後にこれを恨んだヘラクレスによって殺された。また二本のの流れも乱れてしまい、たびたび洪水を起こすようになったという。

ステュムパリデスの鳥

ステュムパリデス畔のに棲息する猛禽。かつては戦いのアレスペットで、を持ち、大群で人々を襲い、をまき散らした。

まずヘラクレスは鍛冶・ヘパイストスを訪ね、ガラガラを授かる。ガラガラを鳴らすと大音に驚いたの大群が飛び立ち、ヘラクレスはヒュドラの矢でことごとくこれらを殺した。
僅かに生き残ったもいたが、皆ギリシアを離れ、二度と戻らなかったという。

クレタの牡牛

クレタ王・ミノスはポセイドンげる生贄として、美しく巨大なポセイドンから送られた。ところがミノスはこれを惜しみ、別のを生贄としてげた。
怒ったポセイドン暴にして暴れさせ、更にはミノスの妻・パシパエに呪いをかけ、に熱をさせた。思い余ったパシパエは名工ダイダロスに雌模型を作らせ、その中に入ってを受け入れた。この禁断の交わりによって牛頭の怪物・ミノタウロスが誕生するが、それは別の話。

ヘラクレスはクレタを訪れ、を捕らえるべくミノスに協を要請。しかし王はこれを拒否した為、やむなく一人でに挑み、生け捕りにする事に成功した。
ミュケナイへ連れ帰って王にを披露した後、ヘラクレスは荒れ狂うを野に放った。その後も様々な場所では暴れまわるが、奇しくもミノタウロスを退治した英雄・テセウスの手によって退治されている。

ディオメーデースの人喰い馬

トラキアディオメーデースが飼育していた巨大な。気性が荒く人間を食う為、ディオメーデースは旅人を捕らえてはこのに与えていた。

トラキアに乗り込んだヘラクレスは速攻でディオメーデースを殺。その死体をに食わせると、途端に大人しくなったという。
また異説があり、ヘラクレスは首尾よくを盗み出したが、ディオメーデースが軍を率いて追いかけて来た。側仕えの少年を任せ、王ともどもトラキア軍を皆殺しにしたヘラクレスが戻ってくると、少年に食い殺されていたという。

アマゾーンの女王の腰帯

女性だけの戦闘部族・アマゾーン女王、ヒッポリュテの帯。

アマゾーンとの戦いになると考え、有志を募って乗り込んだヘラクレスだったが、意外にもヒッポリュテは彼らを歓迎。強い男の子種を授かる代わりに自らの帯を与える事を快諾した。
ところがヘラクレスいじめ定評のあるヘラアマゾーンに化け、「女王を攫おうとしている」と扇動。図らずも戦いとなり、ヘラクレスは女王が自分を騙したと勘違いしてしまった。
誤解を解こうとしたヒッポリュテだったが、ヘラクレスは怒りのままに彼女を殺して帯を奪った。しかし彼女を言っていなかった事に遅まきながら気づき、ひどく後悔したという。

これによりアマゾーンギリシアの間に確執が生まれ、後のトロイア戦争にまで影を及ぼす事となる。

ゲリュオンの牛

西の大洋の最果て、エリュテイアに住まう巨人・ゲリュオンが飼っている。双頭の魔獣オルトロスが見りをし、にも盗まれる事がなかった。

西をしてアフリカにまで到達したヘラクレスだったが、あまりの暑さにブチギレ。を行く太陽に矢を射かけたが、太陽ヘリオスはかえってその剛毅を讃え、の杯を彼に与える。
この杯に乗ると、あっという間にエリュテイアに到着。オルトロス鎧袖一触とばかりに打ち殺し、を取り戻そうとしたゲリュオンも返り討ちにした。
またこの旅の途中、近をしようと考えたヘラクレスは、の前に横たわる巨大な山脈を引き裂いてっ二つにした。これがジブラルタル海峡となり、分かたれた二つの山脈は「ヘラクレスの柱」と呼ばれるようになった。

こうして10の功業は果たされたが、ミュケナイ王は「ヒュドラ退治に余人の手を借りた」「小屋掃除に報酬をめた」として効を宣言。新たに2つの命が付け加えられる。

ヘスペリデスの黄金の林檎

巨人アトラスたち、ヘスペリデスが育てている林檎林檎の木は世界の最果てにある「ヘスペリデスの園」にあるが、その場所は誰も知らない

まずヘラクレスはヘスペリデスの居場所を知る為、ゼウスに罰せられているプロメテウスの元を訪ねる。山頂に縛り付けられ、肝臓を大鷲に啄まれる拷問を受けていたプロメテウスだったが、ヘラクレスは大胆にも大鷲を追い払い、彼を解放した。
感謝の印として、プロメテウスは「ヘスペリデスアトラスであれば、林檎を見つける事が出来る」と彼に教える。そこでヘラクレスは罰としてを支え続けるアトラスの許を訪れ、かくかくしかじかと頼み込んだ。

アトラスは了承したが「林檎を取りに行く間、自分の代わりにを支えてくれ」と交換条件を出す。やむなく巨人に代わってを支える事になったが、の重さを支えるのは流石の英雄でもひとかたならぬ苦痛をもたらした。
林檎を手にして戻ってきたアトラスだったが、再びを支えるのを嫌がり、この林檎は自分がミュケナイに届けると言い出す。そこでヘラクレスは「を支えるのは構わないが肩が痛い。クッションを挟みたいから少しの間変わってくれないか」と言い、巨人を引き受けた所で林檎を持ってまんまと立ち去った。

地獄の番犬ケルベロス

先に殺されたオルトロスに当たる魔獣。三つの首を持ち、眠らずの番犬として死者の脱走を決して許さない。

府に赴いたヘラクレスは、府のハデスと謁見。ケルベロスを傷つけたり殺したりしない事を条件に、生け捕りにして地上に連れ出す事を許可された。
ケルベロスと戦い見事勝利化に成功したヘラクレスだったが、この時ハデスの妻・ペルセポネーを拉致しようとして捕まっていたテセウス達もちゃっかり救出した。
また地上に引きずり出され、太陽を浴びて暴れるケルベロスよだれから、トリカブトが生じたという。

こうして次々と連れてこられた魔獣秘の数々を前に、ミュケナイ王はすっかり怯えてしまった。の大に身を隠しながら、恐る恐る姿を伺うばかりであったという。


その他の冒険


上記の偉業以外にも、ヘラクレスは様々な冒険をしている。

アルゴナウタイ

コルキス裘をめるイアソンが広く募集をかけた、ギリシア英雄ドリームチーム

名だたる英雄達と共に巨大帆船アルゴー船に乗り込み、コルキスにヘラクレスも参加。女だけのレムノスでの美女の誘惑にも負けず、鼻の下を長くしていた男達を叱りつけて再びに出るきっかけを作っている。
しかし途中立ち寄ったミューシアで、彼が可がっていた美少年・ヒュラスがニンフによって連れ去られてしまう。ヒュラスを探し続けるヘラクレスを置き去りに、アルゴー船は出発してしまった。
後々までヘラクレスはこのことを恨んでいたとされている。

ギガントマキア


次へ»
最終更新日: 18/04/26 00:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ