ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヘヴンリーロマンス


ヨミ: ヘヴンリーロマンス
掲示板をミル!
8カキコ!

ヘヴンリーロマンスとは、JRA(日本中央競馬会)所属の元競走馬である。


概要


サンデーサイレンス
ファーストアクトSadler's Wells)

初出走は2002年11月30日。この時は後に牝馬三冠を達成するスティルインラブの6着に敗れる。その後は着実に順位を上げていき2003年1月26日ダートで初勝利をあげる。

その後、2004年までに3勝を上げオープン入りするも、重賞では愛知杯10着、マーメイドSは5着、府中Sは7着と結果を出せないでいた。しかし、に降級してから再び勝ち上がるとその勢いで阪神Sを制し、重賞ウィナーの仲間入りを果たす。

しかし、翌年の2005年も重賞戦線ではなかなか勝ちきれない競馬が続く。その後、リフレッシュ放牧した後に出走したクイーンSで2着に入ると、営は連闘で札幌記念の出走を決断する。
そして、プペペポピーで有名な2005年札幌記念中は中団でレースを進めると、直線では共に追い込んできた「を建てやま」ことファストタテヤマと併せる形でゴール。アタマいで久々の重賞制覇となった。営は相手でもいけると確信し、標をエリザベス女王杯から天皇賞(秋)へと変更する。ちなみにこの札幌記念は1着が9番人気の本、2着が12番人気ファストタテヤマ、さらに3着に13番人気コイントスが逃げった結果、3連単2759500円という高配当がついた。
 
そして、迎えた天皇賞(秋)。このレースエンペラーカップ100年記念とされ、第二次世界大戦後としては初の競馬となった。最高の生ファンファーレ演奏も行われた。レースでは前半の1000mの通過が62.4というドスローの中、1番を利して内側の経済コースを通っていく。そして、直線で前がくと上がり3F32.7という驚異的な末脚で内側から突き抜けた。天皇賞(秋)優勝1997年エアグルーヴ以来となる。
レース後、一通ウイニングランを終えた上の松永幹夫は踵をかえし、ヘヴンリーロマンスをメインスタンドに向かわせて、競走を覧していた天皇皇后陛下上から最敬礼した。この上からの最敬礼は今でも競馬ファンの間では感動的な名シーンとしてり継がれている。

ヘヴンリーロマンスはこの年限りで引退となる。天皇賞(秋)では内々の経済コースを通っていた事、上記のタイムから有利なペース(3着にもダンスインザムードが入っている)での勝利という事からラキ扱いされがちであるが(あっと驚くギャロップダイナは13番人気優勝したが、このは14番人気での優勝)、この年の天皇賞(秋)はGⅠ9頭に加え、後にGⅠを制するハーツクライハットトリック、さらにはリンカーンバランスオブゲームサンライズペガサスなどの名脇役なども名を連ねる近年でも屈メンバーだった。それらのをねじ伏せて優勝し、その後のジャパンカップ有馬記念でも7着・6着(ともに1着とは0.6差)と好走している事から、実も相当なものがあった。

繁殖になってからは、2年連続でキングカメハメハ出産。そして、フレンチデピュティとの出産した後、ジャングルポケットを受胎している状態でアメリカへ渡り、現地で繁殖生活を送っている。このジャングルポケットとの間に生まれたアウォーディーシリウスSを圧勝。また現地で交配された最初のであるアムールブリエ(Smart Strike)がダート重賞を4勝、その次の産駒であるラニ(Tapit)が日本調教で初めてUAEダービー勝利するなど、これまでデビューした産駒は初以外全が中央で勝ち上がっており、繁殖としてもすこぶる好調。不思議なのは、天皇賞サドラーズウェルズなのに産駒がやたらダートでばかり勝つことである。アメリカの種はともかくとして、キンカメジャンポケを掛けてもダートになるってのはどういうわけか…。はともかくアイルランド産で、血統にもダート要素はあんまりないんだけどなぁ。


関連動画



■sm3808895[ニコ動]

■sm6463406[ニコ動]


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 16/09/14 14:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ