ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ベストヒットUSA


ヨミ: ベストヒットユーエスエイ
掲示板をミル!
3カキコ!

 

アメリカからのホットな情報をお送りする、ベストヒットUSA

こんばんは、小林克也です

 

ベストヒットUSAとは、1981年から1989年までテレビ朝日系で放送していた洋楽専門音楽番組である。
放送開始当時はブリヂストン一社提供番組であり、「ブリヂストンサウンドハイウェイ」というサブタイトルがついていた。

数回の変則的復活を経て2003年から正式に復活し、BS朝日製作局が変更され現在も放送されている。
またNACK5でも音のみバージョンを放送中。


概要


1981年、当時勃しつつあった最新洋楽ミュージッククリップメインに据えた若者向け洋楽情報番組として土曜23時台にスタート。(その後深夜24時台に移動)

すでにラジオ洋楽に強いDJとして活躍していた小林克也を起用。アメリカ音楽チャート紹介やミュージシャンインタビューなどのコーナーがあった。

この番組と音楽専門チャンネルMTVの開局が重なったこともあり、当時の若者に絶大な支持を得た。
放送開始当初、テレビ朝日の上層部はあまりこの番組を注していなかった。しかし、当時の大学新卒者の入社試験の面接で「当社の番組でよく見ている番組は何か?」との問いに数多くの者がこの番組を挙げたので、この番組の影を知り注するようになったという逸話もある。
小林克也もそれまでラジオ中心の活動だったが、テレビ仕事のやり方にいまいち染めず「ベストヒットUSA」の出演依頼があった際は当初難色を示した。結局「半年くらいならまあいいだろう」と渋々引き受けることになったが、この番組と同時期に人気となった「スネークマンショー」のおかげで広く顔が知られるようになり、現在ではライフワークの一つに数えられる代表作にまでなっている。
VJミュージッククリップを紹介しながら進行するという番組フォーマットはこの番組で広まり、数々の模倣番組を生んだ伝説音楽番組である。

当時の洋楽番組の中でも特徴的であったのが、小林の堪英語活用したミュージシャンとの生の会話と、他番組ではかないようなことをスタイルであった。
前者は通訳を介す必要がいため、会話のテンポも良く意思の疎通にもミスくなり、ミュージシャン側も会話をしやすい環境になっていた。
後者小林洋楽知識がベースになっている。学生時代から洋楽を浴びるように聞いてきた為前知識が豊富であり、従って他番組でされているインタビューよりも更に深い部分の質問をメインに進行していた。
この特徴は現在でも受け継がれており、昔からの付き合いなミュージシャンゲストの場合昔話(しかもマニアックな)で終わることもある。

1989年に一度終了。しかし、ファンからの根強い復活のもあり、2003年からはBS朝日で放送されている。

ちなみに、「ベストヒットUSA」第1期終了後にテレビ朝日土曜23時台に放送されていた「SmaSTATION!!」(2001年2017年)のナレーション小林が担当している。これを縁にして、同番組でも「ベストヒットUSA」を意識した懐かしミュージッククリップランキング企画も不定期で放送されている。


コーナー


大体以下の順番で進行する

年に何度かリクエスト祭りの回があり、その時は全てのコーナーくなりリクエストのみになる


ちなみに


洋楽番組ではあるが、何度か日本人ミュージシャンも紹介したことがある。


関連動画



■nm6502680[ニコ動]

■sm4626345[ニコ動]


関連コミュニティ


■co10520

関連項目



外部リンク


 

ーーー今週はこの曲を聞きながらお別れです

ベストヒットUSA、See You Next Week!!


最終更新日: 19/09/02 08:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ