ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ベトナム


ヨミ: ベトナム
掲示板をミル!
236カキコ!
基礎データ
正式名称 ベトナム社会主義共和国
Cộng Hoà Xã Hội Chủ Nghĩa Việt Nam
国旗 ベトナム国旗
国歌 進軍歌[動]
公用語 ベトナム語
首都 ハノイ(Hanoi)
面積 329,560k世界65位)
人口 9270万人(世界第15位)
通貨 ドン(₫, VND)
時間帯 UTC +7

ベトナム(越南) 、ベトナム社会主義共和国とは、インドシナ半島東部に位置する国家である。

概要

東南アジアに位置する社会主義国

かつては中国へのであり、北部地域では10世紀頃に中国から独立した王が建てられた。1802年には初めて現在とほぼ同じ領土を統一した阮(グエンちょう)が成立した。

その後西洋列強の進出により1887年から1954年まで日本占領期を除きフランスインドシナとして植民地支配を受けていた。1975年まで続いたベトナム戦争では土全体が戦場となるなど、歴史に翻弄され続けてきたである。

近年は経済発展がめざましく、日本からも多くの企業が進出している。
その経済成長を支えている要因の一つは若さである。ベトナムの均年齢は30歳前後(日本は46歳前後)。人口は約9300万人で東南アジアではインドネシアフィリピンに次いで多く、2025年頃には1億人に達すると予測されている。

民族衣装のアオザイ(Áo dài)は女性の体のラインを美しく見せることで人気がある。アオザイをまとった美少女イラストも多く存在するようである。

また、古来タイインドシナ覇権をかけて対立していたインドシナ半島の強である。

地理

に北部、中部南部の3つの地域に分けられる。首都ハノイは北部に位置し、政治の中心となっている。南部にはホーチミン市(旧称サイゴン)があり、ベトナムの商業の中心地となっている。中部にはダナン、フエ、ホイアンなど人気観光地として賑わう都市が連なっている。

イメージがある東南アジアであるが、北部のハノイは、には最低気温が10度を下回ることもある。

国民

民族国家であり、キン)族が86%華人が3%タイ人、クメール人、ムオン族、メア族など54民族がいる。ハノイホーチミン市などの地、デルタ地帯にはキン族が多く、山岳地帯には少数民族が多い。

宗教日本に近く、大乗仏教が大半を占める。また、中国の影から道教フランスの影からカトリック信者もいる。また、ホーチミン市より南には、ホアハオ教やカオダイ教等の新興宗教がある。また、共産党員は胡志明(ホー・チ・ミン)を信仰する人が多い。(ホー・チ・ミン自身は自らが崇拝対になることを嫌い、遺言にまでしたが、共産党導部によって遺体は埋葬されることなく保存処理された。)が認めた宗教仏教カトリックプロテスタントイスラム教、カオダイ教、ホアハオ教である。

教育は、小学校5年、中学校4年、高校3年の義務教育と、大学がある。大学には日本東大に相当するベトナム国家大学とその他の国立大学私立大学がある。

名字

ベトナムの名前は、漢字由来が多く、ベトナム人に名字漢字表記を教えると喜ばれる場合があるので、覚えておいて損はない。おもなベトナムの名字漢字表記は以下のとおり。グエン(Nguyễn)は非常に多く、なんとベトナム民の38を占める。

グエン→阮 チャン→陳 レ→
ホー→胡 ファム→範 ファン→潘
ヴォー→武 ブイ→裴 リー→

文化

ベトナムは漢字文化圏に含まれる(他の漢字文化圏は中国日本台湾韓国北朝鮮)。かつては漢字を元にした文字である「チュノム」が使われていた。現在公用語であるベトナム語フランス植民地時代に作られた「クオック・グー」(国語)と呼ばれるラテン文字で表記され、朝鮮半島と同じく普段の生活に漢字は使われていない。

ベトナム語の単の6割~7割は漢字の熟由来となっているため、日本語と似た発音の単も多い。例として、注意(Chú ý チューイー)、管理(Quản lý クアンリー)、楽観(Lạc quan ラックアン)など。

近年は日本からの観光地として人気が上昇している。歴史的な文化遺産としては、阮首都であったフエの王宮や、古都ホイアンの町並み、ハノイのタンロンホー・チ・ミンなど。また、デルタ地帯で行われる水上人形劇は一見の価値がある。

中国と同じく旧1月1日正月休みになる(テト休み)。お盆お年玉の習慣もある。

食文化

ベトナムは中国フランスの食文化の影を受け、独自の食文化を築いてきた。野菜魚介類をふんだんに使った料理が多く、ヘルシーなものが多いのが特徴。また、ベトナム料理辛いものやクセの強い料理が少ないため、東南アジアの中では日本人の口に合うものが多い。

代表的な料理米粉麺料理フォーやベトナムサンドイッチバインミー、ベトナムお好み焼きバインセオ生春巻きのゴイ・クオンなどがある。調味料として、ヌクマムと呼ばれる魚醤がよく使われる。中国の影を受け、ネズミ等を食べる文化もある。また、ベトナムは世界2位コーヒー生産であり、ベトナムコーヒーという伝統的なコーヒーもある。

音楽

ベトナムのポピュラー音楽は、民謡系のザン・カー(Dân ca)とポップス系のニャック・チェー(Nhạc_trẻ)に分けられる。ニャック・チェーは、近年ではV-POPとも呼ばれており、インターネットの普及も相まってSơn Tùng M-TP、Đông Nhiなどの歌手人気を集めている。

スポーツ

内で最も人気が高いスポーツサッカーである。2008年に初めて東南アジアサッカー選手権で優勝し、近年は東南アジアの強チームとして着実に実を上げている。2014年から2016年にかけては元Jリーグ監督三浦俊也がベトナム代表監督を務めた。

政治

政治的にはベトナム共産党による一党独裁体制である。南ベトナムや都市部の若者には共産党の官僚的支配体制に対して不満を持つものも少なくはない。政治革には積極的であり、2013年には名を現在の「ベトナム社会主義共和国」から「ベトナム民主共和」に変更する案や多党制に移行する案が出されるなど、社会主義からの脱却を模索する動きもある。

ベトナムの外交政策は全方位外交と呼ばれる。日本とは1973年に外交を立して以降【静かな同盟関係】と呼ばれる程親密。ベトナム要人は時々靖国神社へ参拝に来る。また、近年は日本に留学に来るベトナム人も多くなっている。

韓国とはライダイハン問題など、関係にしこりがある。

中国とは中越紛争などがあり、険悪な仲。南シナ西沙諸島侵略的行為に対して、2014年5月、ついにベトナム共産党中国に対して強硬姿勢を示した。更に、ベトナム内で対中デモが発生した。今後更に越中関係は悪化すると思われる。

意外と米国とは良好な関係を築いている。1995年交を回復し、中国軍事的脅威に対抗するために軍事面での協を進めている。

ASEANとは較的良好な関係を築いている。但し、隣であるカンボジアとは複雑な関係である。

カンボジアポル・ポト政権を倒したのはベトナム軍であるが、カンボジア人は「ベトナム人に支配されるくらいならポル・ポト政権の方がましだ」という意見が多くなり、際的な批判も相成ってベトナム軍は撤退した。以上のような経緯から、ベトナムとカンボジア関係は複雑と言える。

軍事

ベトナム軍は伝統的にゲリラ戦が強い。利の時代から、ベトナム軍は地形を利用したゲリラ戦で勝利を得てきた。

耐強い民性が、ゲリラ戦に優位に働くとう意見もある。
ベトナム戦争アメリカ勝利したことは有名で、世界最強国家であるアメリカを負かしたとも言われている。
中越戦争でも、人戦術で大量の兵士を投入してきた中国に対し、ベトナムはアメリカ勝利した際に手に入れた近代兵器などを用いてあっさり返り討ちにした。 

反面、軍はあまり強くなく、南シナに進出する中華軍に押され気味である。ベトナム軍の当面の課題は軍強化であろう。

経済

1976年に南北ベトナムが統一した後も、1978年カンボジアへの侵攻などにより社会からの援助がままならず、経済状況は非常に悪かった。1986年にドイモイ(刷新)政策が導入され、計画経済から市場経済へ路線を転換した。その後、海外投資が増加し労働集約の製造業が成長を遂げた。1995年ASEANに加入、2007年にはWTOに加入。

日本企業も続々とベトナムに進出しており、物価が上昇しつつある中国に変わりメイドインベトナムの商品が増えつつある。また、ファミリーマートサークルKイオンモール高島屋などの小売店は現地でも人気がある。

今後は賃の上昇により隣カンボジアミャンマーに製造拠点が移り、産業の発展が停滞する可性も考えられるため、内の工業技術の育成が急務となっている。

通貨はベトナムドン(VND)とよばれる。ドイモイ政策開始後のインフレの影で通貨の価値が下落したこともあり、およそ200ドン1円となっており、桁数が多い。

交通

バイクが非常に多い。世界でも有数のバイクであり、人口の半数がバイクを保有している。信号や横断歩道が十分に整備されていないため、歩行者バイクの群れをかき分けるようにを渡る必要がある。道路渋滞や大気汚染は長年の課題となっており、2020年に向けてハノイホーチミン市では地下鉄の建設が進められている。

2つの都市を結ぶな交通手段は飛行機鉄道バスである。ノイバイ空港とタンソンニャット空港の連絡口となっている。

ネット環境

ベトナムは社会主義国であるが中国のような規制は少なく、YouTubeFacebookが利用できる。また、内の多くのカフェレストランではWi-Fiが利用できる。現地では配アプリgrabが普及しているので、旅行時には利用すると便利。

国民性

注:あくまでもステレオタイプとしてのベトナム人です。全てのベトナム人がこうではありません。

ベトナム人は一般的に向上心が強くな人と言われる。前述のドイモイ政策が成功したのもこの民性だと言われる。ただし、個人義であるため日本でいうな性格とは異なり、会社への忠心が高いというわけではない。

ベトナムは大きく分けると、ハノイを中心とする北部、フエを中心とする中部、ホーチミンを中心とする南部に分けられるが、民性も北部、中部南部では違ってくる。

北部の人々は自己が強いが内向的で落ち着いており、伝統や礼儀を重視する。中部の人々はがあり倹約南部の人々はオープン、外交的でエネルギッシュであるといわれる。

ちなみに、日本に留学する人は北部出身が多いそうだ。

日本との関係

較的良好であり、戦争経験から日本嫌いのベトナム人も当然いるが、上記のようにの人口の大半が若者であることから、戦争からくるネガティブな意識を引きずってくることは少ないようだ。
実際調すると、民の多くが親日と答えてくれるそうである。

ベトナムでは、一時期バイクのことをホンダとみんなが呼んでいたくらい、日本製のバイクの普及率が高い。
お店でバイクを紹介される時は「この商品はヤマハ製のホンダです」という日本人からすればまるで意味のわからない紹介のされ方をすることもあったとか。
「壊れない」という理由から、日本製のバイク末永用している人も多く、日本製の電化製品の信用性は高い。

その一端を示す例に、2002年HTBの番組「水曜どうでしょう」が行ったハノイからホーチミンをホンダカブ(正確にはドリーム)で走り抜ける企画原付ベトナム縦断1800キロ」がある。この企画では大通りを埋め尽くすバイクのほぼすべてがホンダカブであった。

日本中国に工場などを置く企業が多いが、中国の人件費が増加していることや勤勉な民性、ベトナムが親日であることから事業を移転させる動きも見られる。


次へ»
最終更新日: 19/06/24 23:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ