ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ペイルムーン


ヨミ: ペイルムーン
掲示板をミル!
8カキコ!

ペイルムーンとは、TCGカードファイト!! ヴァンガードクラン(組織)の1つである。

その他の「ペイルムーン」はこちらから→Pale Moon


概要


ダークゾーン所属のサーカス団。
団員の魔族エルフゴブリンの他に自動人形、猛を擁する。

ソウル(コストの一種)と場を行き来するにより場面の展開や連続攻撃を行う、ヴァンガードの中でも特にトリッキークラン
初期はソウルリアガードの往復による連続攻撃が推されていたが、後にソウルからのスペリオルコール自体をギミックとするも登場し、現在は両者がともに流となっている。
問題はソウルの質の確保であり、名称を用いない場合若干不安定さが強調されてしまうのが難点。
収録時期の関係上、カードプールリミットブレイク越に寄っており、双闘は僅か1種しか存在しない。

無印ヴァンガード」では鳴海アサカが、「ヴァンガードG」ではラミーラビリンスルーナがそれぞれ使用。
初期から出番があり、一定時期まで強化され続けていた人気クランである。


各期におけるペイルムーン


1期

第3弾「魔侯襲来」にて初登場。
後にデッキの軸となるナイトメアドール ありすが既にこの弾で登場している。
1期に登場したカードは先述の通り、ソウルリアガードの往復による連続攻撃が流。

2期

第7弾「王爆進」と第9弾「突」に収録。
特に前者は強パープル・トラピージストの再録に加え、後のデッキの軸となるの茨の使い ルキエ》の登場と、後の躍進の基礎ががっちりと固まる。
の茨」の基礎が、先述の「ソウルからのスペリオルコールギミック」である。

3期

第12弾「輪縛鎖」と第15弾「限転生」に収録。
前者で先のルキエを中心とした「の茨」が名称デッキとして生まれ変わる。切り札《の茨の ルキエ “Я”》が安定して高い性を発揮していたのもあり、名称によりソウルを潤沢にすることができることもあり、なんとファイターズロード2013一般部門で並み居る強を下し優勝を果たしてしまう。

4期~5期

今まで強化され続けてきたが、4期以降は突如レギュラーパック未収録が続いてしまう。
が高いと判断されたか、アニメの出番の都合なのか・・・とにかくこの弾に未収録なのは非常に痛く、双闘環境に大きく乗り遅れてしまうことになる。

6期

しかし、6期開始とともに一気に復権を果たす。
トライアルデッキの登場、同日発売のブースターパックG5弾「牙」への収録により一斉に強化され、新規ペイルムーンを構築しやすくなっている。
ターン限定でソウルユニットを呼び出すの総称たるキーワード奇術マギア)」が今期より登場している。


デッキの基本軸


ナイトメアドール/ワーカロイド

両方の定があるが、ともにGユニット《深淵のナイトメアドール べあとりくす》による定。
ペイルムーンのG3ワーカロイドは全てナイトメアドールである。
ソウルからのスペリオルコールによる疑似スタンド軸としている。
リアガードで効果を発揮するナイトメアドール ありすサポートカードが多く、1ターン中延々とありす疑似スタンドにより動かし続けることも可

獣使い(ビーストテイマー)

ヴァンガードカード定にルビを考慮しない為定が分かれているが、双方ともに「ビーストテイマー」と読む。
リミットブレイク対応のバニークイーンビーストテイマー》でのみ定されている名称だが、ソウル特定カードを要するクリムゾンビーストテイマー》《ターコイズ・ビーストテイマー》の繋がりや、種族「キメラ」を呼び出すゴールデンビーストテイマー》など、ユニット同士で関係が繋がっている個性的なビーストテイマーが多い。
ペイルムーン一の双闘クラキングビーストテイマー》も所属している。
ちなみに、「使い」は後述の「の茨」に見られるビーストテイマーであるため、それ自体は「ルキエ」サポートが多く組みこみづらい。

銀の茨(シルバーソーン)

千年の時を生きたエルフ「ルキエ」を中心とし、その従で固められたデッキ。その「ルキエ」を内部名称としており、クロスライド2種、Gユニット1種と多で豊富な戦術がとれる。
ルキエの登場自体は第2期に登場したの茨の使い ルキエ》が初出であるが、名称成立は第3期より。アニメでは名称成立前から鳴海アサカが使用しており、第3期では名称で固めたデッキとなっている。
の茨の女皇 ヴィーナス・ルキエ》以降はルキエ側も「の茨」名称を定しており、「の茨」名称を重視するか否かで構築が分かれる。
基本的に戦略はソウルからスペリオルコールすることで戦を充填する戦い方である。
の茨の ルキエ “Я”》軸とした戦略が当時の環境で優れており、第3期に開催された全大会で見事優勝を勝ち取っている。

奇術(マギア)

ソウルからユニットを呼び出し、そのユニットエンドフェイズソウルに戻る共通の動きをキーワードで括った「奇術マギア)」を中心としたデッキ
ソウルを充実させる下準備こそあるが、一度回転すれば少ない手札で多くの攻撃回数を稼ぐことが可。また、相手ターンではユニットが少なくなるため、退却・呪縛効果やリアガードを狙ったアタックにより戦術が瓦解する危険性が少ないが、なるかみの名称「デトニクス」やリンクジョーカー《滅カオスユニバースなど、いたリアガードサークルを利用される戦術は敵である。
名称「ハリー」を持ち、所属ユニット全てが「奇術」を持つため、実質的に「奇術デッキとなる。アニメヴァンガードG」ではルーナがこの「ハリー」を中心としたデッキを使用している。


関連項目



外部リンク



最終更新日: 15/11/16 12:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ