ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ペケ×ポン


ヨミ: ペケポン
掲示板をミル!
5カキコ!

ペケ×ポンとは、2007年からフジテレビ系列で放送されているバラエティ番組である。2009年ゴールデンに昇格した。


概要


レギュラー出演者
位置 名前 配色
上田晋也
アナ 本田朋子など
メンバー タカアンドトシ トシタカ
柳原可奈子
有田哲平

 2009年4月の編成より、現在金曜日19:00-19:57に放送されている。2015年4月から火曜へ移動した。出演者は右の表通り。

上田晋也は何もやらずに『会進行役』でアナウンサーと一緒に出ている。

ネットではあるが、一部地域はローカルセールスになっており、同時ネットで放送されていない場合がある。

ゴールデン昇格後数年は視聴率が好調で最盛期は15%前後を取っていたが、2013年頃から陰りが見え始め1ケタ視聴率を連発するようになる。
それでも金曜時代末期なんとか打ち切りライン手前ギリギリの8%前後で踏み止まっていたが、火曜日に移動した途端5~6%へと落ち込み、打ち切りラインを割り込んだことから、2016年2月を以って放送が終了した。

コーナーは大体この3つ。冒頭が『ペケ×ポン川柳』で、後のコーナー後者の2つのうちのどちらか。

川柳の五・七・五の下の句の5文字を答えるクイズコーナーで、番組冒頭に行われる事が多い。通常は最大5問出題で30ポイント先取で勝負を分ける。上田晋也以外のメンバーが左からトシタカ柳原有田の順に座り、ゲストチームに対抗する。ちなみに、レギュラーは『川柳四天王』と呼ばれる。

出題は大概のものが『川柳マガジン』の優秀賞作品で、2つの意味をかけた答えが多い。たまに『サラリーマン川柳』などの別の川柳からも出題される事がある。川柳ナレーションは全て平泉成が行う。

最初の解答者はノーヒントで答えの5文字を言う。もし、1文字でも正解の文字があった場合はその文字オープンされ、全部開くまで続けられる。両チームの2人以降の解答者はヒントを貰えるが、大体2回ヒントは『2つの意味がかかっている』といったヒントを出される。5文字全て開いたら『正解』となり、正解のチームに10Pが入る。

レギュラーメンバーの中ではトシが正解率が高く、タカが正解率が断トツで低い。

ゲストにはやくみつる伊集院光など、芸界きっての雑学王が登場するが、三遊亭といった本業が落語家ゲストもたまに出てくる。バランスをよくするため、バカゲストを呼んで来ることも多い。

500円1000円2500円、5000円、1万円など5つの額がついたテーブルに、レギュラーゲスト1名が参加し、食べたものの額を予想する。正解だと賞2万円獲得で、パーフェクトで10万円獲得できるが、不正解だと解答者が回ってしまう。『はねるのトびら』でいう『回転SUSHI』みたいなもの。

見た額以上のものや、額以下のものが出たりすると銭感覚を狂わされるため、使われている食材を勘で当てない限りは値段の予想が付かない。額の低い料理の食材には、高級食材のニセモノみたいなものが紛れ込んでいたりする。ちなみに、料理名は知らされていないため、何の料理かさえ分からない。

最後の2品のみ、同時選択で2人が食べる仕組みになっている。当然、最後の選択肢は2つしかないため、両方正解か両方不正解の2択しかない。

現在パーフェクトを達成しているのは童よしみのみで、2人が逆パーフェクトを達成している。

現在が一番旬な食材を当てるコーナーで、15品の中から5品に旬のものが入っている。最後にお茶を飲んで、普通お茶ならば正解で勝ち抜け、不正解だと濃厚4倍のセンブリを飲まされる。

このコーナーにもゲストが1人呼ばれ、レギュラーと対戦する。最後に残った1人は2009年から導入された『旬じゃないルーム』に送られ、既に過去芸人となった芸人達が待機する部屋に入らされる。その中にはテツandトモレイザーラモンHGクールポコなどの芸人がいる。

その時期相応の旬のモノを当てなくてはいけないため、1月ごとに旬のモノが変わってしまう。そのため、レギュラーゲスト解答者は解答する日にちによっても解答が左右されてしまう。


関連項目



最終更新日: 16/03/23 23:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ