ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ペドロ・マルティネス


ヨミ: ペドロマルティネス
掲示板をミル!
6カキコ!

ペドロ・マルティネスPedro Martinez、1971年10月25日-)とは、ドミニカ共和出身の元メジャーリーガー(投手)である。


概要


OB
ペドロ・マルティネス
Pedro Martinez
基本情報
ドミニカ共和国ミニカ共和
出身地 サントドミンゴ
生年 1971年10月25日
身長
体重
180cm
89kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 1988年
引退 2011年
殿堂入り 2015年
経歴
選手歴
際大会
代表チーム [画像を見る]ミニカ共和
WBC 2009年
プロ野球選手テンプレート

1988年ロサンゼルス・ドジャース契約し、1992年メジャーデビュー1993年に頭を現し、中継ぎながら10勝を挙げた。しかし、「体が小さすぎて大成しない」という理由でトレードでモントリオール・エクスポズ(現:ワシントン・ナショナルズ)に移籍。

1994年から先発となり、1996年オールスター、ラモン・マルティネスとの兄弟対決が実現したが、敗戦投手となった。1997年には17勝8敗、防御率1.90305奪三振と活躍し、自身初のタイトルとなる最優秀防御率を獲得。サイヤング賞も受賞し、メジャーを代表する投手となった。オフにトレードでボストン・レッドソックスに移籍。舞台アメリカンリーグに移す。

レッドソックス移籍後も先発投手として活躍し、2000年には最優秀防御率と最多奪三振の二冠を獲得。自身3度サイヤング賞を受賞。この年のWHIP0.74はメジャー記録となっている。

2004年には16勝9敗ながら防御率3.90イマイチだったが、セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズで第3戦で勝利投手となり、レッドソックス86年ぶりの世界一に貢献した。オフFAニューヨーク・メッツに移籍する。

2006年メッツ史上二人の通算200勝を達成。この年メッツは18年ぶりの地区優勝を成し遂げたが、マルティネスは故障しがちで、10月に右肩の手術を行った。

リハビリに半年以上を要し、復帰戦となった2007年9月7日シンシナティ・レッズ戦で通算3000奪三振を達成。2008年オフFAとなる。

2009年WBCミニカ共和代表に選出されたが、1次リーグで敗退。7月フィラデルフィア・フィリーズ契約を結び、地区優勝に貢献。ワールドシリーズでは松井秀喜に打ち込まれ、世界一はならなかった。

2011年に現役を引退し、2013年ボストン・レッドソックスGM補佐に就任した。

2015年殿堂入りを果たした。


プレースタイル


全盛期時にはMAX159km/hのストレート、99マイルフォーシーム、メジャー史上最高といわれるパワーカーブを投げていた。


成績



通算投手成績


通算:18年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
MLB 476 409 46 17 219 100 3 0 .687 2827.1 760 3154 1006 919 2.93

関連動画


■sm15454424[ニコ動]

■sm17221268[ニコ動]

関連商品

■azB00D0P2DPC


関連項目



最終更新日: 19/09/12 06:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ