ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ペレストロイカ


ヨミ: ペレストロイカ
掲示板をミル!
1カキコ!

ペレストロイカ(露:перестройка)とは、1985年ソ連共産党書記長に就任しソ連の最高権者となったゴルバチョフが推し進めた一連の政治革である。最初は経済から始まったが最終的に政治体制の大幅な変更まですすみ、共産党の一党支配体制は崩壊し、ひいてはソ連解体の遠因となった。ペレストロイカはロシア語で再(ペレ)構築(ストロイカ)と言う意味であり、英語で言うところのリストラクチャリングに相当するである。


概要


ゴルバチョフ就任当時ソ連経済危機的状況に陥りつつあり、これを打開する必要があった。また、政治体制の硬直化も著しくセクショナリズムや秘密義が蔓延していたため、ソ連の崩壊を防ぐためには体制の抜本的革を必要としていた。

これらを達成するためにゴルバチョフによって展開された一連の革がペレストロイカであり、その内容は計画経済の停止と市場経済の導入、共産党の一党支配の否定、民主選挙の導入、大統領制の導入、新思考外交による東西緊の緩和、東欧衛星に対するソ連導性の否定(シナトラ・ドクトリン)、グラスノスチ(情報開)による思想言論報道などの自由化などである。

結果として、経済面に関しては計画経済止までは進まず、かえって混乱が増し物価上昇と物不足が市民生活を直撃、市民の不満が高まる結果となり経済革は失敗した。グラスノスチは民主選挙の導入などの政治革とともにソ連民主化の原動となったが、共産党幹部の汚職なども開され共産党は一気に低下した。新思考外交とシナトラ・ドクトリンは東西の緊を緩和させ冷戦は終結し東欧民主化も進んだものの、ソ連邦構成独立機運の高まりも招き連邦の解体へと至るを進むこととなった。

また、ペレストロイカの進め方をめぐり保守と急進の対立が化。穏健だったゴルバチョフは両をまとめることができず、保守による8月クーデターが発生。これに民衆の不満を吸収し勢を拡大していたエリツィン率いる急進が反発、クーデターは失敗しこれがソヴィエト連邦にとどめを刺すこととなり、同年12月25日ゴルバチョフソ連大統領を辞任しソヴィエト連邦は崩壊した。


関連動画


ペレストロイカに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


■az4002600637
■az4874700659
■az4770407645
■az4062053365


関連コミュニティ


■co1082


関連項目



最終更新日: 15/10/14 22:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ