ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ホシノレーシング


ヨミ: ホシノレーシング
掲示板をミル!
5カキコ!

ホシノレーシングとは、元レーシングドライバー星野一義が率いるレーシングチームである。


概要


1983年星野一義がそれまで所属していたヒーローズレーシングから独立星野自身が経営する株式会社ホシノインパルやカルソニックカンセイなどをスポンサーにつけ、かつては全日スポーツプロトタイプカー耐久選手権、全日ツーリングカー選手権(JTC)などに参戦し、現在ではSUPER GTフォーミュラ・ニッポンに参戦している。JTC・全日本GT選手権SUPER GTではカルソニックブルーと呼ばれるカラーリングで参戦している。

JTCではR32スカイラインGT-Rで参戦し、1990年は全6戦中5戦ポールトゥウインシリーズチャンピオンを獲得した。このときのスカイラインを覚えている人も多いのではないだろうか。

また、レースを通じて得たノウハウをもとに日産向けのチューニングパーツを販売している。


SUPER GT


2014年チーム体制




SUPER GT
エントラント TEAM IMPUL
監督星野一義 チーフエンジニア島田次郎
カーナンバ 12 カテゴリ GT500
マシン カルソニック IMPUL GT-R
ドライバー 安田 裕信 / ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
ベース車両 日産 GT-R R35
搭載エンジン NR20A 2リッター直列4気筒直噴ターボ
タイヤ ブリヂストン

1993年全日本GT選手権開催以降、JSSとの混走でレギュラー参戦が1台だけだった93年を除いてSUPER GTを含め全戦参戦している一のチームである(ただし93年はニスモからカルソニックGT-Rとしてカルソニックブルーマシンが出走している。このときのマシンサイドペイントから『稲妻GT-R』と呼ばれていた。)。初年度から2シーズン連続でチャンピオンを獲得した。95年途中から2002年途中まで星野自身もドライブしていた。

2003年には最終戦富士優勝し、前年に販売終了となった関係で、この年限りで参戦終了となったスカイラインGT-Rの有終の美を飾った。

翌年からは種をフェアレディZに切り替え、カルソニックインパルZで参戦。2006年には井出有治F1に進出したため、GT300クラスから星野ドライバーに迎え、親子での参戦となった。

2008年から種をGT-Rに切り替え、カルソニック IMPUL GT-Rで参戦。初戦鈴鹿ではスタート直後の第2コーナーで追突され大破するが、応急処置のあとファテストラップをたたき出しポテンシャルの高さを存分に見せ付けた。その後、第6戦鈴鹿1000km、最終戦富士優勝シリーズ4位でシーズンを終えた。

2009年はIMPUL カルソニック GT-Rで参戦。シーズン通して調子が上がらず、第2戦の3位が最高順位。シリーズ11位だった。

2010年マシンの名称を再びカルソニック IMPUL GT-Rに戻し参戦。ドライバーにロニー・クインタレッリを迎えた。第4戦セパンではめまぐるしいトップ争いを制しポールトゥウインを果たした。しかしながら、この年は日産勢全体が不調(エースチームNISMOに至っては未勝利)で、インパルのシリーズ5位が日産勢最高位だった。

2011年ドライバージョアオ・パオロ・デ・オリベイラを迎え、前年に引き続き松田次生とのダブルエース体制とした。第1戦岡山(震災の影で順延されたため実質上の第2戦)、トップ争いのさなかスピンに巻き込まれるアクシデントがあったが勝利。しかしその後の3戦連続ノーポイントき、シリーズ5位止まりだった。

2012年ドライバー体制に変更はし。第6戦富士ではポールトゥウィンを果たした。

2013年ドライバー体制に変更はし。第3戦セパンではポールトゥウィン2013年日産営はこの1勝のみ。

2014年シーズン定されたレギレーションにより新たに規定された2014年マシンでの参戦となる。ドライバー松田次生がNISMOへ移籍したため、新たに安田裕信を迎えた。開幕戦では3位表台。第2戦富士では圧倒的なスピードポールトゥウィン最高速300km/hを記録した。第3戦はしい3位争いを制し、3位でフィニッシュ。GT-Rが表台を独占した。


関連項目



外部リンク



最終更新日: 14/08/08 21:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ