ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ホンダ・オルティア


ヨミ: ホンダオルティア

ホンダ・オルティアとは、本田技研工業1996年から2002年まで生産していた中ステーションゴンである。


概要


シビックシャトルの後継モデルとして1996年に発売。

EKシビックフェリオのプラットフォームを200mm延長し、荷室スペースが確保された。

販売開始当初はチャネルによって若干仕様が違うモデルが用意されており、プリモ店販売用モデルが「オルティアP」、ベルノ店販売用モデルが「オルティアV」という名称だった。この2モデルの違いはリアテールランプのウィンカー色(Pがクリア、Vがアンバー)、フォグランプ形状(Pが異、Vが丸)、フロントバンパー形状(Pが横一文字の形状だったのに対し、Vが3分割になっている)など。

エンジン1800cc/2000ccを設定、EKシビックファミリーの中でも一番大きな排気量を持つエンジンが設定されていた。このことから、当時のライバルカローラツーリングゴンウィングロードカルタクレセントゴンなどの小ステーションゴンではなく、カルディナアベニールカペラゴンレガシィツーリングゴン等の中ステーションゴンであったと思われる。(もしくはスプリンターカリブを強くライバル視していたと思われる)

グレードは「2.0GX-S」(4WDのみ)/「2.0GX」(2WD、4WD)/「1.8GX」(2WDのみ)が設定されていた。
なかでも「2.0GX-S」は当時の流行でもあったRVに仕立てられており、ツートンボディカラーグリルガードバーなどが装備されていた。

1997年にはくも販売店別モデル止され、単に「オルティア」と呼ばれるようになった(外装はオルティアVに準拠したデザイン

1998年には一部良を実施、エアロモデルである「2.0GXエアロ」が追加された。

1999年にはマイナーチェンジを実施、前期モデルべて若干丸みを帯びたデザインとなった。

EKシビック生産終了後もしばらくの間販売されていたが、2002年には生産を終了した。


関連動画



■sm16002107[ニコ動]

■nm5060434[ニコ動]


関連商品


■azB0006SJV7Y
■azB0006SJV88


関連項目



最終更新日: 13/02/13 17:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ