ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ホンダ・フィット


ヨミ: ホンダフィット
掲示板をミル!
39カキコ!

ホンダ・フィット(FitFITとは、本田技研工業2001年6月より製造・販売するハッチバックコンパクトカーである。


FITの概要


ホンダのBセグメントレンジを担うロゴとキャパの後継である。ロゴもキャパもいいクルマでは有ったが、如何せん相手が悪かった。さらにルーツ遡るとシティへと行き着くが、そもそもシビッククラスアップ(1.2L級→1.5L級へ移行)と体拡大に伴い、初代シビックへの回帰及び1,200ccモデル埋めをして造られたモデルがシティであったため、フィットの流は初代シビックであると言うことも出来る。

デビュー前にモデルチェンジしたばかりのシビック(EP系)と被る様に時期にデビューさせたせいでシビックが全く売れず3ナンバサイズに上がるしか存続のがなくなってしまった。しかしEPシビックFitべて練り上げが足らなかったのは事実

ロゴとキャパのお互いのいいところを取るために開発したセンタータンクレイアウトにより、全長4m足らず、全幅も1.7m以内に収まる5ナンバサイズ体としては室内レイアウトが半端なく広いクルマを作ることが出来るようになった。このセンタータンクレイアウト三菱iに技術提供されている。

エンジンはLエンジンの1.3Lと1.5Lの2種類。GDの1.3Lはi-DSIという燃費とを両立するためのツインスパークラグであり、1.5LはツインプラグではないがVTEC機構が付いている。GEでは1.3Lと1.5LともVTECに一本化されている。組み合わされるトランスミッションCVT/5速MTFF)、5速ATAWD) ※5速MTは1.5L仕様のみ。

上記のカタログ燃費・用途に合ったシートレイアウトがとり放題な内装・パッケージングの妙のおかげでかなり売れている。初代GDトヨタカローラ の販売台数連続1位34)を阻んだ。現行GE2008年年間販売台数1位

現行GEからスペアタイヤはないが、海外ではスペア必須のがあるので納まるスペースはある模様。 GDにはスペアタイヤがある。

名の由来は英語で「ぴったりの」という意味で、使い勝手や、日本固有の道路事情に合わせたボディサイズとしつつも可な限り居住性を高めるなど、日常のあらゆるシーンに「ぴったりフィットする」という気持ちを込めて名付けられたとされている。
しかし実際は「Fitta」という名前で販売の予定だったが、発表会数日前に「Fitta」がスウェーデン語女性器の意味だというのに社員が気づき、急いで資料の訂正をしたのはその筋では有名な話。

初代は「Fit」表記だったが、2代目から「FIT」と大文字表記になった。

外見で判断できる排気量別の見分け方は、GDについてはエンブレム「i」の「・」がくて表面がメッキ調なのが1.3で、「・」がでサテン調のエンブレムヘッドライト周りがメッキ処理されているものが1.5である。GEでの見分け方はテールランプのデザインフロントグリル下にメッキモールがあるかないかで判断できる。また、1.5ではRS(Road Sailing)というグレードで一括されている。

海外では「Jazz」という名前で販売されている。(Fitで販売している地域もある)

2010年インサイトハイブリッドシステムを流用したハイブリッド仕様が発売された。

2013年フルモデルチェンジが行われ、3代が発売。先代よりも全長が55mm伸びたが拡大分は全て室内長に充てられ、全幅も据え置きで5ナンバサイズを維持するなど決していたずらに大きくさせてはおらず、重はむしろ先代よりも20-50kg軽くなっている。

2019年東京モーターショーでは4代モデルがお披露され、現在2020年2月発売に向けて調整中である。

燃費の話

L13Aによる低燃費を売りにしてるFitであるが、カタログに掲載されている10・15モード燃費は24km/L(L15A4WDなどの一部グレード除く)と記載されている。でもどうせ自動車会社の想とファンタジーと潜在購買層を騙すためにあるような10・15 モード燃費なんでしょ?信用できない!思って実際走らせるとかなり近い燃費で走る。が、しかし現実問題として一般的に燃費と速度の折り合いが理想的な80km/hで長距離を走る環境なんぞ高速道路以外に存在せず、大抵が近距離都市部のStop&Goが頻発する環境での運転であるため、13~15km/Lという一般的な燃費を計上するのにとどまるが、それでも同一セグメントのライバルより良好な実燃費を計上できるらしい。

参考事例としてGD3(L15AMT)を所有する私の実体験で言うと3年前に新で購入し、東北自動車道を時速80kmでゆっくり北上して慣らし走行をしていた際に簡易燃費計にて記録した数値では19~20km/L台を推移していた(GD3のカタログ燃費は20km/ℓ)。しかしこの数値も給油量と実走行距離から算出する満タン法計測ではないので実際の燃費はせいぜい18km/ℓが関の山と思われる。所有してから3年現在均燃費ではだいたい13~15km/Lを推移しているが、マフラーを排気効率のいい社外品に交換しているため、純正マフラーに戻せば500m分ぐらいは燃費の向上が見込めるかもしれない。

しかしながら、結局のところ運転者が燃費運転の心得がない場合はいくら低燃費なに乗っても意味がないのはハイブリッドカーも同じである。

ちなみに3代ハイブリッドモデルの燃費は世界最高の36.4km/L(JC08モード)と称されている。
実測値ではどの程度の数値を叩き出すのか、報告が楽しみなところである。


フィットをベースとした車種



関連動画



■sm5281538[ニコ動]

■sm4766433[ニコ動]


関連商品


■az4779603110
■az4891073292
■az4891071885
■azB0012IJE4M


関連コミュ


■co17026


関連リンク



関連項目



最終更新日: 19/11/04 12:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ