ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ホーリックス


ヨミ: ホーリックス
掲示板をミル!
15カキコ!

89年、ジャパンカップ

躍り出ろ、お前を知らない者達の隙を突いて躍り出ろ。

世界を変えるのに3分もいらない。

ワールドレコード、2分222という事件。そのの名は……

2012年ジャパンカップCMより

ホーリックスとは、1983年まれのニュージーランド競走馬
東京競馬場2400mを2分222で駆け抜けた女傑であり、まず間違いなく日本で最も有名であろうニュージーランド調教
名はモルト(麦芽)からの連想で、グラクソスミスクライン社が発売している同名の麦芽飲料から。


血統


Three Legs(スリーレッグス)Malt(モルト)、Moss Trooper(モストゥルーパー)という血統。……誰?

……さじを投げずに説明すると、スリーレッグスは英国で、ジュライカップ(英GI・6f)2着など短距離で活躍した。ホーリックス以外の産駒にも優秀なが多く、88/89シーズン(南半球8月からシーズンが始まり、齢も8月で加算される)、89/90シーズンの2回に渡ってニュージーランドのリーディンサイアーになっているが、自身はその名誉を待たずに1985年死亡している。

モルトは不出走だが、その祖Froth(フロース)は71/72シーズンの最優秀繁殖となっており、そこから広がる系にはGIが多い。なおホーリックスが活躍した後にきょうだいが日本に何頭か輸入されたが、ヒットマーク札幌記念2着に入った以外は競走でも繁殖でもほとんど活躍出来ず、それ以外の産駒にもホーリックスをえるは出ていない。

モストゥルーパーは米国で、競走馬としてはケルゴルレイ賞(GII3000m)を勝った程度。引退してすぐにニュージーランドに渡り、GIを複数輩出している。
オセアニアでは(ラストタイクーンなどのシャトル種から発展した血統は別として)欧とかけ離れた血統が独自に発展を遂げており、ホーリックスも五代血統表に世界的に有名なはほとんどいない。


前半生


1歳の頃に銀行から融資を受ける際、所有馬を担保に入れる中でホーリックスは除外されたという逸話はあるものの、デイヴ・オサリバン調教息子ポール調教助手、そのランス騎手という競馬一家で、本騎手を務めたのも息子ランス・オサリバン騎手である。の評価は低かったというホーリックスだが、実際走らせてみると3歳シーズン(86/87)を8戦4勝という上々の成績で終える。

4歳(87/88)になると頭を現し始め、初の2000m戦、初のGI挑戦となったエアーニュージーランドステークスではGI4勝Bonecrusher(ボーンクラッシャー)の2着に食い込むと、勝ちのうち本を含めた10頭が殿堂入りした出世レース・アワプニゴールドカップ(GII2000m)では同世代のNZ2000ギニーSteely Dan(スティーリーダン)などを相手に圧勝。返すで挑んだTVニュージーランドステークス(GI・2000m)ではボーンクラッシャーとの再戦になったがこれを退け、見事GIホース仲間入りを果たした。

5歳(88/89)になると、ティムロジャースステークス(GIII・1600m)勝利を含む4戦3勝とした後にGI・コックスプレート(2040m)で豪州初遠征となったが、同じニュージーランド調教の前年2着Our Poetic Prince(アワポエティックプリンス)の2着に惜敗。帰後も3連敗を喫したが、年明け3月にはこの年から創設されたニュージーランド初の100万ドル競走・DBドラフトクラシック(GI・2100m)で後のGI3Westminster(ウェストミンスター)や英国調教Highland Chieftain(ハイランドチーフテン)を撃破するレコード勝ちでシーズンを終えた。

この頃からジャパンカップを意識したスタミナ調教や輸送中の隔離に慣れさせるための訓練が始まり、6歳シーズン(89/90)は3連敗でスタートしてしまったものの、二度豪州遠征となったマッキノンステークス(GI・2000m)は前年のヴィクトリアダービーKing's High(キングハイ)、GI5Vo Rogue(ヴォローグ)、後のGI8勝Super Impose(スーパーインポーズ)などの好メンバー相手にレコードで快勝。GI二連勝でオセアニア代表に選出されると、海外勢の中でいちく来日し、入念に気慣れをさせて、万全の状態でジャパンカップを迎えた。


ジャパンカップ


こうして満を持してJCを迎えたホーリックスだったが、JCはこれまでオセアニア勢の成績が悪く、最高は1985年シンボリルドルフの3着だったザフィルバー先述のティムロジャースステークスではホーリックスとも対戦している。で、GI4勝マクギンティ(83年5着)、豪州GI4勝に加えてドイツバーデン大賞でも勝っていたストベリーロード(84年7着)、オサリバン厩舎の先輩アワウェイリースター(86年5着、87年9着)、先に名前が出たボーンクラッシャー(88年8着)はいずれも不振に終わっていた。

そのうえ、この年のJCは物凄いメンバーが集まっていた。日本だけでも前週のマイルチャンピオンシップを恐ろしい根性で勝ち取ったオグリキャップや彼とともに平成三強と並び称されたスーパークリークイナリワン宝塚記念2着で2年前の安田記念を勝っていたフレッシュボイスオグリキャップと一緒に連闘したバンブーメモリー地方最強ロジータが出走。海外からも、凱旋門賞キャロルハウスや昨年の勝ちペイザバトラー、4連勝の上に前走オークツリー招待ハンデキャップ(GI)で芝12ハロン世界レコード2分228叩き出していたホークスター、同じく4連勝中の英国イブンベイ、後に日本に来る事になるイタリアジョッキークラブカップ勝ちアサティスなどがいた。

その中では数え7歳の、しかも聞き覚えのない血統の南半球は、大川慶次郎氏があっさり「理ですね」と言いきるくらい視された9番人気であり、海外勢の中ではロワイヤルオーク賞(GI・3100m)をはじめ実績が長距離に集中していたトップサンライズ(・10番人気)に次いでブービー人気だった。

ところが、このレースでホーリックスの名は日本競馬ファン裏に強に焼き付けられることになる。

ホーリックスは非常に良いスタートを切ったが、外からイブンベイが交わし、それをホークスターが物凄い勢いで追いかけ、ホーリックスは3番手につけた。その後に離れてオグリキャップスーパークリーク日本ファンの期待を集めた二頭が絶好位を占め、ファン鼓動は高まる。

逃げたイブンベイのペース異常だった。なにせ1800m通過ラップが当時の日本レコードよりもかったのである。しかも3コーナーホークスターが一気に並びかけ、ホーリックスも仕掛けて更にペースが上がると、2000mは1分580で通過コーナー3つの天皇賞(秋)ですら1分58を切る決着は東京競馬場修後に6回あっただけと書けば、いかにとてつもないペースかおわかりいただけるだろう。見ていたファン日本で見慣れていたレースとのペースの違いに白黒させた。

イブンベイとホークスターが並んで4コーナーを回り、直後にホーリックス。オグリキャップも仕掛けて歓は最高潮。坂の途中で一気に抜け出したホーリックスの上で、ランス・オサリバン騎手必死風車を飛ばす。

かくして一旦はホーリックスが抜け出したものの、そこへ外からやってくるが一頭。そう、オグリキャップである! オサリバン騎手に負けずにを連打する南井騎手と、それに応えて物凄い脚で伸びてくるオグリキャップ満員の東京競馬場は総立ち。フジ系の中継では中立であるべき実況大川アナウンサーまでが「オグリキャップ頑張れ!」と絶叫。ホーリックスはりにり、オグリキャップ上の励に応えてよく伸びたが、日本中の祈りも僅かに届かず、ホーリックスがクビ差いだところがゴール。ホーリックスは見事にオセアニア勢初のジャパンカップ優勝となった。

府中は溜息と感動で大きくどよめく。そして、大観衆が掲示板をやると、そこにはレコード文字。映されていた勝ち時計は……2分222。文句なしの世界レコードである。

この時計は、のちのJRACMの言葉を借りて言えば「事件」以外の何物でもなく、もが時計の故障を疑った。当時はダービーレコードが2分26台、日本レコードおよびJCレースレコードはルグロリューの2分249という時代であり、24台ですら「殺人タイム」と言われ、23台、まして22台など想像を絶する世界だったのだ。そこでいきなり27もレコードを縮めたというのだから、どれほど衝撃的タイムだったかお分かりいただけるだろう。この恐るべきタイムは結局、東京競馬場馬場修されるまで不滅のレコードとして残り続けた。世界レコードとしてもアルゼンチンアシデロという1999年に2分2198叩き出すまで10年間残り続け、内では実に16年後の2005年アルカセットがコンマ1縮めるまで残り続けていた。

さて、一大産地でありながら評価がいまいち低かったオセアニア凱旋門賞などを含む強勢をまとめて負かすという快挙に、ランス・オサリバン騎手は「この一戦にオセアニアの威信を賭けていた。これで負けたらオセアニア勢のレベルが下だと嫌でも認めるしかなかった」とり、デイヴ・オサリバン調教師は「ホーリックスはキンダガートンKindergarten。1937年生まれ、3525勝の戦績を残したニュージーランド伝説的名2006年に同競馬殿堂が創設された際にファーラップらと並んで最初に殿堂入りしている。えた」とった。

こうして、毛同士の枠連2-2、勝ち時計は2が4つ並ぶという覚えやすくインパクトのある記録とともに、ホーリックスという名前は日本競馬ファンの記憶にも刻まれたのである。

彼女の後にJCを制するまでは、ちょうど20年後のウオッカを待たなければならない。


ジャパンカップ後


一躍ニュージーランド英雄となったホーリックスは帰後しばらく休養を取り、前年の第1回でも勝利したDBドラフトクラシックで復帰。前年末にNZダービーを勝っていたCastle Town(キャッスルタウン)らを相手に自身のレコードをさらに縮めて快勝した。ちなみにDBドラフトクラシックはこの2回限りでとなったため、このレースの勝ちはホーリックスだけである。

その後は3度豪州遠征を敢行するが、初戦のセジェンホーステークス(GI・2000m)ではこの頃同でGIを3連勝するなど大暴れしていたベタールースンアップの5着に敗れ、2戦のザBMW(GI・2400m)でもベタールースンアップ(6着)には先着したものの前戦2着だったSydeston(シデストン)の3着に終わり、そのまま帰。2年前に制したTVニュージーランドステークスに出走すると、2着以下に4身差を付けて快勝し、空振りに終わった遠征の憤をらした。

7歳時(90/91)は3着・2着・2着と惜敗が続き、10月には再び豪州に遠征してコックスプレートに参戦したが、3度の対戦となったベタールースンアップの8着に敗れ、これを最後に引退。奇しくも1ヶ後、そのベタールースンアップも前年のホーリックスのようにマッキノンステークス経由でジャパンカップに遠征し、これを優勝している。


次へ»
最終更新日: 20/01/14 19:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ