ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ホー・チ・ミン


ヨミ: ホーチミン
掲示板をミル!
4カキコ!

ホー・チ・ミン(1890年~1969年)とは、ベトナムで活動した革命共産党活動家民族義者・政治家である。漢字での表記は『胡志明』。本名と別にグエン・アイ・クオックと、ホー・チ・ミンという2つの変名を持っていた。

現在ベトナム都市ホーチミン市の名前の由来にもなっている。


概要


本名はグエン・タトタイン、のちのホーチミンは船の船員として世界中を回った後、パリフランス社会党の構成員として活動家になる。1923年にはソ連に初めて渡り、コミンテルン常任委員となった。

彼がホーチミンを名乗るようになったのは第二次世界大戦前後の期間とされる。

1940年にベトナム(当時は日本では印と呼ばれていた)がヴィシーフランス政府から大日本帝国に引き渡された際、ホーチミンは大反発しており、「フランス卑怯にもベトナム日本に売り渡した」という明文を出している。

彼の理想はあくまで、ある程度の援助は受けつつも傀儡化を受け入れない、地理的に遠いソ連などの導は受け入れたうえでの、ベトナム独立であった。

第二次大戦の終結後、ホーチミンは臨時政府を立ち上げるが、再植民地化をめざすフランス軍との間で戦闘状態になった。7年間にわたってこの「第1次インドシナ戦争」が続くことになるが、ホーチミンの導のもと、「ベトミン」と呼ばれた独立組織はゲリラ戦を展開。ついには1954年ディエンビエンフーの戦いでフランス軍に大打撃を与え、撤兵に追い込んだ。

しかし祖国の統一は果たせず、南ベトナムアメリカなどの援助のもとに成立する。アメリカ軍の大量介入によって始まったベトナム戦争の際には、ホーチミン側の北ベトナム南ベトナム内部で活動するベトコン支援した。ホーチミンルートと呼ばれる補給用道路はとくに有名である。北ベトナムベトコンは、(ベトコンの壊滅的な損と引き換えに)1968年テト攻勢政治的打撃を与えるなど、底したゲリラ戦術によって抵抗を続ける。

この翌年の1969年にホーチミンは心臓発作で死去し、祖国の統一を見ることはかなわなかった。彼は自分自身を個人崇拝の対にされることを拒否する遺言を残していたが、これはベトナム労働党によってことごとく視された。

1975年ベトナム戦争終結の翌にあたる5月1日に、ベトナム南部サイゴンホーチミン市名された。


評価


非常に清廉な人物で、表向きには慈に満ちた態度で民に接していたとされる。民からは「ホーおじさん」というニックネームがつけられ、慕われていた。

しかし評価は賛美一辺倒ではない。

社会主義マルクスレーニン義)の国家体制整備の過程では地や農民への粛清も起こっており、独立のための戦い(フランスアメリカを相手にしたゲリラ戦)にさいしても、戦時国際法いちいちまもっていてはとても勝てないほどの強な敵が相手だったということを考えても、今のようにメディアが発展した中ではしく非難されるであろう、少年女性を動員した、ハッキリいってえげつない戦い方が北ベトナムベトコンに対して導されたのも事実である。

たとえばこの戦い方の描写については、その後のベトナム戦争がらみの映画フルメタルジャケットランボー)などで描写されることもしばしばである。


関連動画



■sm27113378[ニコ動]


関連商品


■azB00M0G5N6S


関連項目



最終更新日: 18/08/13 01:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ