ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ボブネミミッミ


ヨミ: ボブネミミッミ
掲示板をミル!
466カキコ!

[画像][外部]

ボブネミミッミとは、アニメポプテピピック』の永遠の新コーナーにして休まらない箸休である。が呼んだか「揚げ物箸休めに油飲まされてるコーナー制作AC部


概要


アニメポプテピピック』は様々な制作者が代わる代わる各コーナーを担当する形式を採るが、その中でも特に異を放つコーナー製作AC部メンバー安達氏いわく「箸休めアニメコーナー[外部]」。

第1話から何回やっても「新コーナー扱い、全く似ていないポプ子ピピ美を始めとした異様に崩壊した作画フレームごとに別人のように表情が変わったりするなど雑すぎるアニメーションAC部メンバーである板倉氏・安達自らによる何とも言えない演技と、他のコーナーが見てくれだけはまともな体裁を保っているのにべると、電子ドラッグと呼んでも差し支えのない一幕(というかいつものAC部)と化している。

それもそのはず、このコーナーだけは原作者である大川ぶくぶ氏も須藤Pも監修に入っておらず(「○で作ってください」という尺の定をする程度)、完成品を渡されるだけ。AC部が全部自由にやっている。…が、きっちり原作4コマを元に製作されネタの持ち味を大幅に破壊する事なくオチなどが新たに加えられ、非常に丁寧に作り込まれている作画にさえを瞑れば。

AC部自由に創っているためか、通常作画の他コーナーで既にアニメ化した原作ネタでもお構いなしにボブネで再度アニメ化されていたりする。というか第1話で速やってる。しかしオチがかなり付け加えられているため、一粒のネタを二度美味しく楽しめる。作画にさえを瞑れば。

「ボブネミミッミ」というタイトルについて、AC部は「ポプ子ピピ美キャラを崩していった結果、崩しすぎてこれはもはやポプテピピックではないと判断したので別タイトルにした」「あえてポプテピピックではない別タイトルとし、本作を”ポプテピピックパロディ”と位置づけることで自由制作することができた」という旨をっている。要は「AC部世界ポプテピピック化した」アニメである。々しい色使いと粘着質な音と共に表示されるボブネミミッミのタイトル文字は、企画書で書いたものからそのまま持ってきたという。なぜか最終話分のみ「新コーナー」が表示される際にピッというSEが入った。神風動画効果音付きOPのリスペクト

放送中の評価

あまりの個性的な仕事っぷりに「ここだけ飛ばした」「いらない」のコメントニコ動では飛び交い、先行上映でも「最悪の反応だった」と言わしめたボブネミミッミ。さらに再放送パートでも一切内容が変わらないことから「もう見た」のテンプレコメントで埋め尽くされ、クソアニメでも群を抜く賛否両論コーナーとして爆誕した。

が、「声優リセマラ」で毎パート毎回声優が変更され、ネタも人を選ぶものが多い本編べると、ボブネミミッミはいつでも板倉氏・安達氏がを担当し、Aパート(本放送)とBパート(再放送)でも内容が変わらず、作画が異様という部分で毎回安定していた。次第に「いつ見ても安定してる」「慣れてきた」ことからになる人も出始め、コンスタントな「箸休め」コーナーとして徐々に視聴者に受け入れられるように。

第5話の担当声優金田朋子小林ゆうの強コンビ出演でとうとうボブネが「癒やし」と言われる始末。第6話は本編が今までとべ少し物足りない内容だっため、「救世主」と言うまで現れた。見る側がされているとも言えるが。

そして第7話、「ボブネミミッミ」としてはお休みだが、AC部タイトルとなるネタヘルシェイク矢野」を担当。遂に本編を担当した。その中身は、第6話で既に使われていた「ヘルシェイク矢野ネタを膨らませ、ほぼ全編AC部2名の高速紙芝居で進行という離れ業だった。
しかも「ボブネミミッミ」とは違い、再放送ではAC部パートで初めて変化が発生。配役を入れ替えてアフレコを入れ、高速紙芝居の再演を行うという、メインコーナーに相応しいサプライズもあり、AC部とボブネミミッミの人気は決定的なものとなった。

その後も安定した「箸休め」っぷりを最後まで発揮し続け、こっちが本編・楽しみという人も続出。
最終話では1回分の尺しかなかったが、再放送で違う話を放送することとなり、「もう見た」と書き込もうとしたファンを驚かせ、逆に「見てない」のコメントが散発されることに。
ボブネミミッミで出現したセリフが流行ったものも多い。詳細は後述。


みんなのカバャピョ


最初のボブネミミッミに登場し、その後も何度か登場機会のある半オリジナルキャラ。食べ物を恵んで欲しいとこれ見よがしにポプ子ピピ美空腹アピールするが、結果サソリを食わされそうになり悲鳴をあげるという役どころ。

一連の流れは原作にあるネタの通りだが、原作では某小児向けアニメのカバ男のような見たが、本記事の冒頭にもあるとおりカバャピョはいかにもAC部らしい造形の崩壊した奇なキャラクターとなっている。

その後原作者の大川ぶくぶは「ボブネミミッミ(=ポプテピピック二次創作)というアニメ二次創作」としてカバャピョとサソャビョというキャラクターを争わせる漫画投稿している。


何気ない◯◯が◯◯をきずつけた


何気ないマンボがサンバ師匠をきずつけたとはポプテピピックに出てくるネタ

原作1巻52話に登場。「ウーッ…マンボ!」とマラカスを手に踊るポプ子を見て哀しい顔をしているサンバ師匠を見た際のオフリフマンボとサンバがどう違うのかというとマンボ(Mambo)はキューバ音楽形式で、サンバ(Samba)はブラジル音楽である。

アニメでは3話にボブネミミッミで登場。アニメオリジナルで更にピピ美がオーレと言いながら踊り、「何気ないオーレがフラメンコ師匠をきずつけた」「そしてきずつきあった2人は結ばれた」と続く。オーレ(Olé)とは「行け」「進め」などを意味するスペイン語の間投詞で、闘士やフラメンコ踊り手などへの賞賛・励に用いる掛け。本来は踊っている本人がオーレとは言わないのである。
また、マンボの掛けの前にポプ子が「あたいサンバ大好き」と話しているのもアニメオリジナル。何気ない誤解にフォーカスを当てた内容へとアレンジが加わっている。

何気ない◯◯が◯◯をきずつけたの汎用性が高く放送後いろいろな用途で使われた。


ヘルシェイク矢野のこと考えてた


ヘルシェイク矢野とはポプテピピックネタで出てくる人物。

原作1巻97話で登場。進路相談でパラディンになりたいと言ったら怒られたことをポプ子ピピ美っていたが、ピピ美は「ああ、ごめん。ヘルシェイク矢野のこと考えてた」と返して話を聞いてなかったという話である。このとき、ヘルシェイク矢野はたった1コマしか出ておらず、特別なセリフもなかった。アニメでは6話で取り上げられたが、このときはさほど話題にもならなかった。

しかし次週の7話にてAC部がこのネタを再び、しかも本編パートで取り上げた。AC部ヘルシェイク矢野についての回想シーンを膨らませ、この部分をひとつの物語として再構成してみせた。冒頭部はいつものボブネミミッミの作画だったため、も期待しなかったが、ピピ美回想部分でまさかの実写を使用。何をするかと思えばヘルシェイク矢野に関するストーリーAC部の2人が高速紙芝居で上演したのである。

AC部の得意芸とあってそのクオリティは高く、ハッシュタグ#ヘルシェイク矢野のこと考えてた」は長時間Twitterのトレンド上位に入るわ色々な公式アカウント話題にするわ、大きな反を呼んだ。

なお、今回はメインパートということもあり、ポプ子ピピ美作画は顔だけしっかりと原作テイストそのままになっている。一方で体は妙に筋々としているため相変わらずいつものAC部感も満載で、更にヘルシェイク矢野インパクトが絶大なので作画に関しては気付きにくい。


行動力の化身


行動の化身とはポプテピピックに出てくるネタ

原作1巻50話に登場。ミュージックビデオ作ったというポプ子の報告を聞いたピピ美の感想。一応女子中学生ポプ子が独学でミュージックビデオを作ったのだから確かに行動の化身と言える。しかしその内容はと言うとド下手かつカオスであったため、ピピ美は「止めて、今すぐそのテープ焼き捨てて」と言うのであった。

アニメでは8話にボブネミミッミで登場。ミュージックビデオの内容は原作カオス度を忠実に再現AC部板倉の濃い作画や、意図的な補色の多用で視覚的に強なアクセントを加えたこともあってAC部の成分マシマシとなっており、原作より狂気度が大幅アップ電子ドラッグの名が相応しい、見事なほど悲惨な仕上がり(褒め言葉)であった。ピピ美の「止めて、今すぐそのテープをやきすてて」もより気迫ったものになった。そしてアニメオリジナルでそれを聞いたポプ子が即焼き捨てたことを受けてピピ美が再び「行動の化身・・・」とつぶやく展開に。

この流れを受けて、ポプテピピック関連(特にボブネミミッミ関連)での「ジェバンニが一晩でやってくれました」として行動の化身」が使われるようになった。


エイサイハラマスコイおどり


エイサイハラマスコイおどりポプテピピックに出てくるネタ

原作1巻160話に登場。アニメでは8話のボブネミミッミで登場。更に11話でもアバンで登場したほか、OPがエイサイハラマスコイおどりで乗っ取られ、2回のボブネミミッミでも本場のエイサイハラマスコイおどりが登場したため視聴者に強な印を残した。

放送終了後にはMikuMikuDanceのモーション職人が本場のエイサイハラマスコイおどりの振り付けを即日で配布したため、エイサイハラマスコイおどり関連の動画ニコニコで溢れかえることとなる。項も参照。

なお、11話2回のボブネミミッミはエイサイハラマスコイおどり作画枚数こそ普段より多いが、それ以外はほぼ1枚絵の拡大縮小表示で構成されている。これは原作1巻78話の「『コピペが多くてしょうもない』というハガキを貰ったが、『分かった』と言いながら舌の根もぬうちにコピペを行う」というエピソードの内容を「作画枚数が少なくてしょうもない」という形で映像として再現したためである。3話のスペースネコカンパニー担当パートでも既に同じネタが取り上げられているが、内容としてはボブネミミッミのほうが原作に対して忠実な表現である。


各話リスト



次へ»
最終更新日: 20/07/30 12:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ