ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ボールドルーラー


ヨミ: ボールドルーラー

ボールドルーラー(Bold Ruler)とは、アメリカの元競走馬、種

世代」と呼ばれた1957年アメリカクラシック世代の強の一頭であり、種としてもアメリカ競馬自体を変貌させるレベルで活躍した。
名の意味は「大胆な支配者」。


血統と生い立ち


ナスルーラミスディスコディスカヴァリーという血統。
は本が生まれる前から名種の名確立した良血は「」と呼ばれ、1935年に米国年度代表いた名であり、種としてはそこそこだったが、として優秀な成績を残している。その代表格が本と、であろうネイティヴダンサーである。

さて、アメリカ競馬ファンアメリカの産業史に詳しい人なら、アルフレッド・G・ヴァンダービルト2世という人物を聞いたことあるかもしれない。ヴァンダービルト米国の事業大富豪であるが、その遺産相続人となったアルフレッドサガモアファームを拠点にサラブレッド生産に携わり成功。ディスカヴァリーを2歳時に購入し、太平洋戦争に従軍後ネイティヴダンサーを生産。「グレイゴーストヴァンダービルト」という不動の名を獲得し、アメリカ競馬史をる上で欠かせない人物となったが、後半生はたった一つの過ちを大変に悔やんでいたという。

1945年、出征中に、前年に誕生した1歳をまとめて売却したのである。この中にミスディスコというが入っていたのだが、彼女54戦10勝の成績を残し、繁殖入りすると本、つまりボールドルーラーを産んだのである。もし売却しなかったら、出征しなかったらという歴史IFを感じる逸話である。


黄金の1957年クラシック世代


1957年クラシック世代は後世までられるメンバーっていた。

特にボールドルーラー、ギャラントマン、ラウンドテーブルの3頭は「三強」と称され、11月トレントハンデキャップにて勢いすると、ボールドルーラーは他の2頭よりも2ポンド軽い122ポンドを背負い、ギャラントマンを2身突き放し快勝。この年の年度代表に選ばれた。

翌年以降も上記4頭が盛大にアメリカ内で暴れ回り、ボールドルーラーは1958年上半期に8戦6勝の成績を残すも、7月レース中に故障を発生し引退ハンデキャップ競走の多いアメリカ普通60kg以上背負って走り続けた。そりゃ壊れるわ

走らせすぎじゃない? と思われるかもしれないが、ラウンドテーブルは3歳時だけで22戦15勝しているし、ボールドルーラーは16戦11勝している。一昔前のアメリカ競馬はそういうものだったのだろうか。

因みに同い年の1954年産まれにはカナダの年度代表でかのノーザンダンサー父親であるニアークティックブラッシンググルーム父親であるレッドゴッドがいる。


支配者の血脈


ボールドルーラーは1959年に種入りすると、活躍が出るわ出るわ。1962年の産駒デビューから2世代でいきなり北リーディンサイアーとなる。1963~1968年1973年の8回リーディンサイアーを獲得。

代表産駒は米国三冠を達成したUMAセクレタリアトと混じって闘を重ね、2度のチャンピオンいた名ゲイムリー、日本ラッキールーラカツアールを輩出したステューペンダスが有名。

なお1962年まれの米国ボールドラッドと1964年まれの愛国ボールドラッド(2頭ともりはBold Lad)がいるが、両方ともボールドルーラー産駒である。前者はアメリカシャンペンS(ダート8ハロン)を制し、後者英国シャンペンS(芝7ハロン)を制している。

子孫も種として活躍し、ホワッツアプレジャーが2回、ラジャババが1回北リーディングになったが、現在最も繁栄しているラインボールドリーズニング→シアトルスルーエーピーインディラインである。文字通りのどっかの馬の骨だったボールドリーズニングはともかくシアトルスルー敗で米国三冠を達成、エーピーインディはBCクラシックを制し、種としても大活躍を見せている。
エーピーインディの系統はミスタープロスペクター系とノーザンダンサー系がシェア(重賞勝利数)の7割を占める米国において、第三極として確かな影を保持している。

また系に入って多大な影を誇っている。セクレタリアトに持つ種に前述のエーピーインディ熟のストームキャットがおり、現在米国で走っているサラブレッドの中にボールドルーラーを内包するは非常に多い。

日本では直の活躍はあまり見られなかったが、孫のロイヤルスキー桜花賞アグネスフローラを輩出し、曾孫のパーシャンボーイが〇外として宝塚記念を制するなど、代を経て日本に適応した産駒を輩出しており、また海外から輸入したの中にはボールドルーラーを血統内に持つも少なくない。サンデーサイレンスとの相性は良好で、エアシャカールマツリダゴッホにボールドルーラー系種を持つ。

ボールドルーラーは1971年7月が各所に転移し安楽死の処置がとられた。17歳だった。


関連動画


60年前のだしあるか...あったわ


■sm22681395[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/06/25 21:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ