ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポケスロン


ヨミ: ポケスロン
掲示板をミル!
16カキコ!

ポケスロンに ようこそ! こんかいは ニコニココース かがやく しょうりは だれのてに・・・・・・!?

それでは かいさい します! いちばん めざして レッツー

ポ ケ ス ロ ン !


概要


ポケスロンは、ポケットモンスター金・銀クリスタルリメイクであるポケットモンスターHGSSの新要素の1つとして作られたミニゲームである。

コガネシティより自然公園へ向かう時に入るゲートリメイク版では拡大されており、元々自然公園へ向かうための出口より西側にあるもう1つの出口から出て、なりにっ直ぐ進むと正面に大きな建物「ポケスロンドーム」がある。内部は地上2階・地下1階の構造で、1階には競技用の受付カウンターの他自動販売機ポイント交換所(詳しくは下記参照)、2階に上がると競技の観戦席(NPCがいるだけで競技を観戦する事はできない)、地階にはポケスロンの成り立ちや記録を保管した記念館(ただし最初は1番手前の「きょうりょく」の部屋しか入れず、条件を満たすと順次開放される)のような施設がある。

ポケスロンの歴史は古く、そもそもは1人の人間と3匹のポケモンがとあるに広がった病気(何らかの感染症と思われる)の治療法を伝えるために、10の障を乗り越えて中をまわった事に由来しているらしい。後にこの治療法を伝えた人間と3匹のポケモンはその友情を称えられて英雄としてり継がれ、人々は彼らが乗り越えた障を模した競技を真似た事によって誕生した・・・と資料に記載されている。

ポケスロンはそれぞれ特徴のある5つのコースに各々3種類の競技が振り分けられており、コースごとに3匹のポケモンでエントリー、ニンテンドーDSの特徴であるタッチペン操作によってポケモン達を動かして様々な競技に挑戦する。競技の数は伝説にちなんで10種類あり、各コースごとに自分も含め4チームで対抗戦を行う。ちなみに自チームのトレードカラー、相手チームのトレードカラーはそれぞれで統一されている。競技の順位はポイント方式で、ポイントは各競技で得たポイントのほか3匹のポケモンステータスによる持ち点、個人賞として競技を通してミスなくプレーする事で得られる「ノーミスボーナス」、多くのポイントを得る事で獲得できる「ポイント王」、努賞としてその回ごとに異なる設定の特別ボーナスが加算されて最終的な得点として発表され、ポイントが最も多いチームが優勝となり、各競技ごとのメダルを入手できる。

獲得したポイントはスロンポイントとして蓄積され、ポイント交換所で各種アイテムと交換できる。ちなみに交換できるアイテムは日替わりで、全図鑑入手後に獲得できるアイテムも増える。アイテムは各種ぼんぐり、回復アイテム、そして進化の石を初めとする進化に必要な特別アイテムなどが取りえられている。そのため競技でビリになってもポイントは加算されるため、ポイント駄になる事はない。


各コースの内訳


また通信ポケスロンでは上記の5つのうち2つが合体したコース(内訳はスピードジャンプジャンプテクニックパワー・スタミナ、スピード・スタミナ、テクニックパワー全ラダムマスター)から4つの競技が選ばれて、優勝すればマスター以外の合同コースでは2つのメダルが同時に入手できる。

この5つのコースで全て優勝し5つのメダルえると新たに「しんらい」の部屋が、さらに1匹のポケモンで5つ全てのコースで優勝する(「メダリストポケモン」と呼ばれる)と「かのうせい」の部屋が開放される。

ちなみにポケモン毎にどの競技が得意・不得意かはポケモンステータス画面の右側のページを見れば一瞭然である。の数がそれぞれのステータス毎に最大5つまで設定(ただしポケモンによっては最大個数が少ないものもあり、酷い場合は最高でも1つまでしか強化されないものもある。当然ながらそのステータスは非常に弱い)され、色つきのの個数が多ければ多いほどそのが高い。ただし空白の部分もぼんぐりから作った「ボンドリンク」を飲ませる事で強化する事ができる。このボンドリンクぼんぐりケースにあるぼんぐりを使って自作でき、またポケスロンの外部施設でも販(このドリンクの味の種類も曜日ごとに日替わりで販売)されている。


競技の内訳



この10種類の競技で一定のポイントを得る事で資料館の最の「ゆうじょう」と呼ばれる一面色の部屋に入る事ができる。この自分の像(像)を調べるとポケスロンのプレー状況ややりこみ要素である「トロフィー」の獲得状況などが表示される。またこのゆうじょうの部屋に入る事でトレーナーカードグレードアップでき、また全図鑑入手後にはより強いCOMと対戦できる「オールスター」が、通信ポケスロンでは競技が全ラダムの「マスターコース」追加される。これらの競技では過去ポケモン作品に登場したキャラクタージョウト地方キャラクターゲストとして参戦する事もある。


おめでとう ございます みごとな たたかいっぷり でした

これからも ポケスリートの ちょうてん めざし がんばってください!

というわけで ポケスロー

フォーエバー


次へ»
最終更新日: 19/10/25 22:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ