ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポケットモンスターダイヤモンド&パール


ヨミ: ポケットモンスターダイヤモンドパール

ポケットモンスターダイヤモンド&パールとは、アニメポケットモンスター」のシリーズの一つである。


概要


2006年9月28日から2010年9月9日まで放送された。全193話(特別編2話含む)。AGと同じく、ゲームポケットモンスター ダイヤモンド・パール」の発売日に放送が始まった。

AGに引き続き、前シリーズの終盤でシンオウ地方に出発し、DP1話で到着している。しかし、この慣例が、DPBWでは行われなかったため、無印AGDPと、全につながっていたストーリーの流れは、DPで一旦区切られることになった。また、このシリーズを最後に、無印からレギュラーだったタケシが降した。これら2つのことから、DP191話の最終回を、DP最終回としてではなく、「無印からDPまで」の最終回とする見方がある。

ちなみに、上記のDP最終回だが、ヒカリとの別れのシーンもさる事ながら、タケシとの別れのシーンは格段に感動的である。サトシ役の松本梨香氏は、このシーンを印的な場面としてあげているほどである。未視聴の方は、ぜひ見ることをおすすめしたい。

シリーズでは、はじめてW主人公制を採用した。同時に、2015年現在一である。


主な登場人物


キャラクター 担当声優 概要
サトシ 松本梨香 シリーズ主人公にして、今シリーズ主人公の一人。今までは自己紹介の際、頻繁に「マサラタウンの」を付けていたが、今シリーズ以降、あまり言わなくなった。シンオウリーグスズラン大会はベスト4。この記録がDPまでの全シリーズ最高成績であった(後にXYカロスリーグで記録を更新、成績は準優勝。ちなみにシンオウリーグにおいて、優勝トレーナー伝説厨タクトダークライを倒したのはサトシだけだったため、こちらも実質は準優勝)。
ピカチュウ 大谷育江 おなじみサトシ相棒。今回も、入れ替えられた手持ちの中で、エイパムとともにサトシの手持ちに残った。シリーズに突入するたびに弱体化するのも、もはやおなじみになっている気がする。
ヒカリ 豊口めぐみ シリーズヒロインにして、主人公の一人。アヤコのようなトップコーディネーターになることを夢見ている。口癖は「ダイジョーブ!」だが、こう言う時はだいたいだいじょばない時である。サトシとは性格がよく似ており、喧するとお互い意地になっていしまうが、バトルコンビネーションは抜群である。サトシとは、親友のような関係を築いている。
ポッチャマ 小桜エツ子

ヒカリの最初のポケモン。当初はほかのポケモンと同じく、モンスターボールに入っていたが、後にピカチュウと同じく、ずっとモンスターボールの外にいるようになった(ポケモンコンテストの時は例外)。ピカチュウと同じく、進化する意思がないため、かわらずのいしで進化を抑えている。持ち同士がそうであるように、ピカチュウとは親友のような間柄であり、最終回では別れの悲しみに涙を見せた。

タケシ うえだゆうじ 毎度おなじみサトシの親友。今シリーズでも相変わらず綺麗なお姉さんナンパしまくっているが、グレッグルの加入により、ツッコミが「どくづき」で行われるようになり、その度に「シビレビレ!」と断末魔を残して引きずっていかれるようになった。
シンジ 古島清孝 シリーズライバルであり、シゲルと並んでサトシの最大のライバルとされている。トバリティ出身。ポケモンに対する考え方はサトシとは逆であり、その姿勢はもはやポケモン廃人ある。
ムサシ 林原めぐみ 毎度おなじみロケット団したっぱ。今シリーズでは本格的にコーディネーターとして実をつけ始める。
コジロウ 三木眞一郎 同じくロケット団したっぱ。一度だけムサシの代役でコンテストに出場し、見事優勝した。
ニャース 犬山イヌコ おなじみ喋るポケモン。最近ではこの3人はサカキ様に忘れられているとかいないとか。

最終更新日: 16/11/29 15:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ