ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポケモントレーナー


ヨミ: ポケモントレーナー
掲示板をミル!
179カキコ!

ポケモントレーナーとは、ポケットモンスターに出てくる職業いは肩書きである。


概要


ポケモンを育てている人全般を差す言葉で、狭義にはその中でもポケモンバトルをする者を言う。そのため、主人公も、ライバルも、アロマなおねえさんジムリーダー四天王チャンピオンフロンティアブレーンや敵の組織の面々もみんなポケモントレーナーとなる。似たようなものにポケモンコーディネーターやポケモンブリーダーも居るが、ポケモンを育てることと言うのはどのことでも繋がるのでコーディネーターでありポケモントレーナーやブリーダーでありポケモントレーナーという人も居る。

大分すると一般トレーナージムリーダー四天王チャンピオンフロンティアブレーン悪の組織となる。


一般トレーナー


視線が合うと戦わなければならない人たち。お金稼ぎ、レベルアップのためなどに戦う。最初はたんぱんこぞうミニスカートぐらいしか出てこないが、話が進むとエリートトレーナーベテラントレーナーなどの実者も出てくる。
むしとりしょうねん」「からておう」「サイキッカー」など専門タイプがあるトレーナーや、しいポケモンを出してくる「ポケモンコレクター」など何かしら傾向があるトレーナーも多い。
ポケットモンスター世界ではバトル以外にも様々な場所や用途で人とともにポケモンが活躍しており必ずしもバトル軸においている人ばかりではないのだが、「つりびと」が釣ったばかりのポケモンで向かってきたり、「さぎょういん」が作業用ポケモンで向かってきたりと戦闘的でないと思われるポケモンであっても挨拶代わりに戦いを仕掛けてくることもある。
主人公達やライバルストーリーに関わる一般トレーナーも存在する。

初代では「たんぱんこぞう」「ミニスカート」などそれぞれの肩書きで呼ばれていたが、
第ニ世代からは「たんぱんこぞうゴロウ」「ミニスカートのリカ」といったように名前も表示されるようになった。

第三世代以降はいろいろな肩書きを持ったトレーナータッグを組んでダブルバトルを挑んでくる場合があり、
ふたごちゃん」「センパイとコウハイ」「ラブラブカップル」といったタッグチーム専用の肩書きも存在する。

第五世代ではさらに種類が増えたが一般人とポケモントレーナーの見分けが付かなくなると言う事態が発生し、話かけるのすら場合によっては慎重にならないといけなくなった。パン屋とかパン屋とかパン屋とか……。

第六世代ではペアになったトレーナー(ダブルバトル)達がペア名が着くようになった。

主人公タッグパートナーなど特に肩書きのない人物、は「ポケモントレーナー」という肩書きが付く。
また、同じ肩書きを持っていても、性別や出現場所によってグラフィックが異なることがある。

一般トレーナーの種類

第一世代から:むしとりしょうねんおとなのおねえさんジェントルマン、スキンヘッズ、きとうしでんきやのオヤジ
二世代から:じゅくがえりまいこはんおまわりさんせんせいギタリストだいすきクラブ、、ビキニのおねえさん
第三世代から:おぼっちゃま、いせきマニアうきわガールニンジャごっこポケモンレンジャーパラソルおねえさん
第四世代から:メイドアイドル、けんきゅういん、ポケモンごっこ、げいじゅつか、ぼくじょうおじさんさぎょういん
第五世代から:ベーカリー、パイロットドクターバックパッカークラウンOLダンサー、園児 他  
第六世代から:スカイトレーナーローラースケーター 他

そして第五世代にはタイガという一般トレーナーではあるがその強さでプレイヤーの印に残ったトレーナーも居る。 

主人公ライバルなど、世代別ライバルはここも参照

ジョウト主人公アニメだとケンタマリナ。ゲームだとゴールドクリスになる。

 

 

カントー レッド
レッド
リーフ
[画像を見る]
グリーン
[画像を見る]
   
ジョウト ゴールド
[画像を見る]
クリス
[画像を見る]
シルバー
[画像を見る]
ヒビキ
[画像を見る]
コトネ
[画像を見る]
ホウエン ユウキ
[画像を見る]
ハルカ
[画像を見る]
ミツル
[画像を見る]
シンオウ コウキ
[画像を見る]
ヒカリ
[画像を見る]
ジュン
[画像を見る]
   
イッシュ トウヤ
 [画像]
トウコ
[画像] 
N
[画像]
チェレン
[画像]
ベル
[画像を見る]
イッシュ二年後  キョウヘイ
[画像を見る]
メイ
[画像を見る]
ヒュウ
[画像を見る]
カロス カルム
[画像]
セレナ
[画像]
サナ
[画像]
トロバ ティエルノ
[画像]
 アローラ ハウ グラジオ

ストーリーに関わってくる一般トレーナー

カントー  ブルー
ジョウト ミナキ
[画像]
ホウエン ミツル
[画像を見る]
シンオウ モミ
[画像を見る]
ミル
[画像を見る]
ゲン
[画像を見る]
マイ
[画像を見る]
バク
[画像を見る]

ジムリーダー


それぞれの地方最低でも八人居る。例外としてホウエン地方トクサネポケモンジムではジムリーダーは二人(双子ダブルバトル)居たり、イッシュ地方ではサンヨウシティポケモンジムでは相手のタイプにあわせるということで、ジムリーダーが三人いる。

八つあるポケモンジムリーダー、九割方エキスパートタイプと言う専門タイプを持っている。ジムには仕掛けがあるところもあり、解いたり中にいるトレーナーと戦ったりしてジムリーダーし、戦い、ジムバッジを得ることがポケモン本編的の一つとなっている。
初代では名前のみで呼ばれていたが、第2世代からは「ジムリーダー」という肩書きが付いた。
ジムバッジには特殊効果が着いていてストーリーを進めるための秘伝技が使える許可でもあるのでどうしても戦わなければならない。第五世代では秘伝技はジムバッジなしでも使えるようにはなったが、ストーリーを進める上でジムリーダーに便宜を図って貰ったりしないと先に進めないことばかりなので、ジム攻略はどのみち必須である。ジムリーダー一覧表は以下の通り、詳細はリンクを参照に。
バージョンによっては強化後のジムリーダーとも戦える。世代交代していたり、バージョンによってジムリーダーチャンピオンになったりしているところもある。また、第五世代ではBWだとソウリュウシティジムリーダーだとアイリスだとシャガとなっており、二年後のBW2では、ジムリーダーの一部に変更が見られる。ジムリーダーとしての役を降りた人物に関してはゲーム内で事情がられている。(戦う順番も一部変更が見られるため、変更があるところ記載)

カントー地方 タケシ カスミ マチス エリカ キョウ
アンズ
ナツメ カツラ サカキ
グリーン
ジョウト地方 ハヤト ツクシ アカネ マツバ シジマ ミカン ヤナギ イブキ
ホウエン地方 ツツジ トウキ テッセン アスナ センリ ナギ フウとラン ミクリ
アダン
シンオウ地方 ヒョウタ ナタネ スモモ マキシ メリッサ トウガン スズナ デンジ
イッシュ地方 ポッド
コーン
デント
アロエ アーティ カミツレ ヤーコン フウロ ハチク シャガ
アイリス
イッシュ二年後 チェレン ホミカ シャガ シズイ
 カロス地方 ビオラ ザクロ コルニ フクジ シトロン マーシュ ゴジカ

ウルップ


キャプテン・しまキング・しまクイーン


第七世代に登場。今までとは異なり、キャプテンに与えられた試練をこなし、しまキング・しまクイーンポケモンバトルをする大試練に挑むというアローラ地方独特の習にならう形になる。試練は基本的に「ぬしポケモン」を倒し、Zクリスタルを手に入れることでクリアとなるため、キャプテン自らと戦うことはないが、ストーリーをある程度進めた後にキャプテンの自宅などを訪ねるとイベントが発生したり、殿堂入りバトルツリーに現れる場合もある。
にいるキャプテンの数はそれぞれ異なるが、しまキング・しまクイーンは必ず一人存在している(ポニは一部例外あり)。
試練をクリアするとトレーナーパスにスタンプが追加される。効果は過去ジムバッジ同様他人から貰ったポケモンでもいうことを聞くようになったりショップで買える品数が増えるというもの。


次へ»
最終更新日: 19/02/15 13:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ