ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポチ(実況プレイヤー)


ヨミ: ポチ
掲示板をミル!
5カキコ!

ポチとは、ゲーム実況プレイ動画女性投稿者である。

ゲーム実況プレイ動画のプレイヤーの一覧


概要


2008年8月1日FF10実況デビューヒーリングボイスを持つ女性実況者
RPG初体験、FFシリーズ初体験でありながらゆっくり着実に成長を見せている
・「ポチップ」と呼ばれる倍速編集や大胆なカット視聴者を飽きさせない心遣いを見せる
シリーズものとして、FF10完結)、ときめきメモリアルGS2(進行中)、FF10-2(進行中)
・単発系ではメタルギアソリッド3一夜限り)、また、データ消失に伴い更新を断念したピクミン2などがある
更新頻度はゆっくりgdgd(本人弁)を楽しむ動画となっている

         ◆このゲームノーベル賞ものだっヽ(´Д`;)ノ
         ◆一言、言わせてもらいますけど!!ポチ世界で一番の幸せ者だぁーヽ(`Д´)ノ
         ◆FF10最高ヽ(゚。)ノ
                         
FF10最終回うp後、再生とコメントを見たポチうp主コメントで記載)


名前の由来


 自身の「ポチ」という名前の由来は、元々実況動画のための名前ではなく、ニコニコ動画に登録する際に適当に考えた名前であり、登録する際、「開 する」にしたため視聴者がそれを見て、タグに「ポチ」と貼ったことが由来である。これがきっかけで、ポチは「ポチ」として生きることを決断したのであっ た。 

 尚、意外なことにである。飼い猫もいる。


実況動画参戦へのきっかけ


【想い】
 19歳の女性が、2009年3月20日20歳を迎えるにあたり、「何か記録に残ることをしたい」と始めた。ちなみにその時両秤にかけたのが「彼氏を作ろうか実況動画うpしようか」であった。

ゲーム選択】
 実況動画バイオハザードなどが好きでよく見ていた様子。RPGロールプレイングゲーム)は初めてであり、FF10もほぼ事前情報なしで開始(他の実 況プレイ動画うp主の作品はいくつか参照した模様)。FFシリーズの中で何を選ぼうかをネット情報収集し、FF7FF10FF12などの定番作品の 中からFF10を選んだ。後にポチは「FF10に運命的なものを感じる」とっている。

ポチをめぐる冒険】
 さまざまな趣味を持ち、勉学・アルバイト等の合間を縫いながら実況をしているが、実家に住んでいるということで、なかなか実況プレイそのものができない (テレビのある部屋にかいる)というジレンマを抱えつつ、独特のペース動画うpしている。尚、免許取得、インターン、引っ越しなど、二十歳を迎える ポチ環境は、50時間程度でスピラをするユウナ御一行様よりもめまぐるしく変化する。

 【想いをえる】
  そして見事、プレイしたタイミングで言うところの20歳になる9日前(うpタイミングで5日前)に、FF10クリアし、当初の標を達成したのであった。 

 この半年間ほんとに楽しくて、 楽しくて楽しくて、
 ほんとに実況が生活の一部になってて、 私の楽しみになってて生きがいになってて、
 ほんとにでもそんな楽しい実況になったのは、 皆さんが見て頂いてコメントして下さったおかげだと思います。
 ほんとにありがとうございました

 FF10最終回エンディングロールでポチ視聴者に贈った言葉。ポチのこの想いは、一プチ引退モードに入ったポチを再び実況ワールドに誘うこととなる。 


ポチの特徴


攻略
 特に縛りプレイはなく、出来うる限りgoogle先生は使わないという義である。視聴者コメントは楽しみにしている。よってタグにはネタバレ禁止が貼られることが多い。
 FF10はほぼ一本道のストーリで、試練の間以外に地獄攻略法がない。ゲーム選択からして大当たりである。それが未来を予測したものであるならば、その眼には恐れ入るばかりである。

質とポチティシンキング
 DJっぽくもなく、声優っぽくもなく、ヲタクっぽくも腐女子っぽくもない。独特のり口及びペース中毒性のある実況であり、強いて名前をつけるならば「とってもポジティブ」なである。
 視聴者を細めてが成長していくのを見守る気分に陥り、癒しえて「お父さんの気持ちになれる」とコメントされたこともある。なお、考え方が前向きなため、ハンドルネームポチをもじって「ポチティブ」と呼ばれることもある。追試になっても結構前向きである。

視聴者との一体感】
 基本的に動画視聴者に対しての感謝の念を忘れず、時に厳しい突っ込みに関しても、「ありがとう」の気持ちで対応する。職人荒らしたのかと思ったときも あったようだが、動画を再確認して「私なんかの動画職人さんが降臨してくれた」と歓喜のを上げた。職人仕事とはワッカに・・・。

【押しにはめっぽう弱い】
 TSUTAYAで見かけて一ぼれしたMGS3を数時間プレイした後、友達に半ば強引に借りられてしまったり、ときめきメモリアルGS2を代わりに押し つけられたり、なかなかに微笑ましい。しかしそのときメモも運命的な出会いになった。そう、ポチは恵まれているのである。

【歌が上手い】
 疲れている人はポチの歌を聴くべし。きっと元気になれる。


ポチのFF10実況


チョイスは大成功】
 PS2の性フルに活かしたCGボイス、またほぼターン制戦闘などが、FF初心者ポチペースに大変あっている。あたふたしたながらも着実に成長していく様子はファンの心をわしづかみにする。

【突っ込みに定評のあるポチ
 また、時に視聴者が思いもよらぬ発想および突っ込みを見せることがある。例えば水中で長く息を続けることができるブリツボールの選手たちに対し「エラ 呼吸かよ」、魔法シェルの画面効果として出るグラフィックを「の巣」など、「その発想はなかったわ」的なコメントを多くもらう傾向にある。

ナイス編集】
 画質は見やすく、編集も初実況とは思えないほどこなれている。カット倍速BGM自作絵の挿入など、非常に楽しんでいる様子が見られ視聴者の好感を呼んでいる。

ポチメモ】
 一方で何も知らないFFデビュー戦であるため、多くの視聴者からすれば当然と思われることについて、あまりにも無知だったことから、ポチメモと呼ばれる 秘密のメモをもとに、成長しようとする努の跡が伺える。経験者からすれば常識的なことも、ポチにとっては初体験。ポチメモには「混乱万能薬」等のあん ちょこが書かれている。その他にも
 ・ポーションが買えることを知らなかった(ケアル初使用はずいぶんたってから)
 ・JOBという概念を知らなかった(ユウナの初登場シーンが「紹介士?」という一言で台しに)
と、視聴者には新鮮な驚きを与えた。

【追いかけっこ】
 初めてFFシリーズをやったためか、マップの見方や動かし方に当初は大変手間取った様子である。やっと主人公を操れるようになったのが楽しかったのか、 村や町で走っている子供を見かけると、一緒にグルグル追いかけるという微笑ましい場面も繰り替えされる。その結果、後述するが「ポチは止まると死ぬ」と、 マグロカツオのようにたとえられたことがある。

ポチの反
 伏線という視点で見ればFF10はそれほど複雑ではないはずであるが、ムービー中も他のことに夢中になったり、身近で起きたエピソードを話しているうち に大切なフラグ宇宙かなたに飛んでいってしまうなど、「話を聞け」と視聴者に突っ込まれることも初期にはしばしばあった。FF10最終回では、ポチ 自身が「最初の頃は話も聞かず」と恐縮しきりであった。

【気になっても眠れないブログの話】
 また、身の回りのエピソードを話はじめて、途中で消してしまうことも初期は多く見られ、「気になっても眠れない」と視聴者の温かい突っ込みを受けていた。
例)ポチそういえばブログコメントで~~」→エンカウントもしくはムービー→気を取られる→ブログの話はスペインのように消え去る→コメントを見て本人反し、次回の動画に持ち越し→以下繰り返し

【類まれな感情移入】
 感情移入という点では製作者が泣いて喜ぶほどの反応を見せる。ヒロインユウナや、メンバーであるリュック、その他一人一人に情を注ぎ、シーモアに対し ても「イケメンでとってもいい人」と思ったことをすぐに感情に表す性格。なお、キマリの扱いはややひどい。シーモアに至っては最後は「純ブラウスにつ いた汁のようにしつこいやつ」となった。時には本気で怒り、本気で笑う。

【寄り
 ティーダユウナが一緒に行動しているシーンでは、「デートしているみたい」と歓喜のを上げる。念願だった様子。また、ティーダリュックが二人とも ポリゴンとして行動できるシーンでは、「ごめんな、お前の気持ちはわかるけどにはユウナがいるんだ」と、体育館の裏で行われるような実況を行い、視聴者 に「のロールプレイングとはそうだった・・・役を演じることだったんだ!」と再認識させることとなった。
 ポチの寄りのほとんどはこのようなことに費やされている。ナギ平原でのチョコボイベントは必見である。

【涙】
 ポチ動画るに欠かせないのは涙。じっくりと順を追って動画を見よう。きっとあなたにもその理由がわかる。そして、一緒に泣こう。


試練の間


【苦難の攻略
 FF10実況ポチにとっても、視聴者にとっても最大の見せ場である。初めてのRPGで、パズルのような「試練の間」と呼ばれるダンジョンが複数あるの がこのゲームの特徴であるが、毎回大変苦労している。その様子はあまりカット(編集)されず、倍速で詰んでいる様子などをドキュメンタリータッチで放送し ている。

ポチップとPerfume
 編集のバリエーションに二つあり、一つは「BGMによる視聴者の気を逸らす」、二つが「ポチップ(チップとデール元ネタ)」によるそのままの 倍速編集である。なお、話し方がのんびりしていることから、倍速でもどの愚痴や戯言が聞き取れてしまうという副産物を生んでいる。
 BGMはある日突然導入され、ニコニコ視聴者層には喜ばれるであろう「Perfume」の「チョコレイト・ディスコ」を採用した。祈り子の唱が詠唱され る中、いきなりの電子サウンド視聴者イヤホンをぶっ飛ばし、また歓喜を読んだ。なお余談ではあるが、ポチチョコレイト・ディスコの振り付けをマス ターしていると報告している。踊ってみた参戦は頑なに拒んでいるものの、Perfumeはお気に入りの様子で次々と踊りをマスターしているらしい。

ポチは止まらない】
 試練の間で詰んでいる際も、深く考えて攻略しようという姿勢は一切見られず、とにかく悩むとグルグルとその場を回り続けることから「ポチは止まると死ぬ」と揶揄されるようになる。


全滅(絶滅)しない


視聴者も驚きの奇跡連発】 
 RPG初体験ながら、Vol.29の動画までにおいて、一度も全滅していない。過度なレ ベル上げをしているわけでもなく、当初は宝箱のみにポーションが格納されていると思いこんでいたが、それでも少ないポーションを頼りに、全滅しない。これ は視聴者からすると意外であり、ブログ動画上のコメントでもよく摘されている。なお、テンパると「やばい、絶滅する」と言ったりもする。危惧種なので ある。

召喚獣は1ターンで死ぬ】
 一方召喚獣の扱いはひどい。属性魔法をかけることで召喚獣HPが回復することを知らず、一発攻撃したのちすぐにダウンしてしまうことがよくあり、最初 の召喚獣については「ヴァルファーレ殺人事件」とタグで突っ込まれ、「二度としません」と答えたものの、相変わらずよくダウンさせている。

【緊 急速報】岡山県在住のポチさん(19)が、初の全滅をしていたことが2008/1/10(土)明らかになった。ニコ動署の発表によると、ポチさんはFFX実況を始めて記念すべき30動画で、プレイ時間も30時間付近で初の全滅の憂きに遭い、落胆している模様。ちなみに相手は天草四郎ことイサール であり、識者からは「今まで数多く奇跡を起こしてきたポチさんがこんなところでこんな相手に負けたのか。過去召喚獣殺人事件から何も学んでいない」と嘆 いている。

<資料映像
   ※尚、一度全滅を経験した後は、不敗神話はどこへやら、よく倒れている。
 
 【ユウナレスカ戦の奇蹟
  お染みのあのお方との戦いでは、数度の全滅ののち、神プレイが発動する。是非ご参照のこと。
 
 

口癖


宝箱だぁ】
 宝箱への嗅覚は人並み外れており、高価なアイテムが見つかった場合やギルを手に入れたときも、ポーションではないことから落胆することがしばしばある (初期はポーションでしか回復の術がないと思っていたため)。また、取りこぼしが大変いやということで、わざわざ戻ってまで開けたりするが、つい数分前に 開けた宝箱を「開けていない」と思いこみ、??状態となったこともあった。「宝箱ないの?」も合言葉である。

【このやろぉ】
 特に念を持っていない場合でもよく発せられる。自分の思った展開を邪魔されたりするときによく発せられるものの、極めてすごみがないため、坦な脅し文句となっている。なお、毒舌状態になることを「裏ポチポチ発動中」と自他ともに認めている。


次へ»
最終更新日: 09/06/27 21:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ