ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポップ(ダイの大冒険)


ヨミ: ポップ
掲示板をミル!
428カキコ!

ポップ(ダイの大冒険)とは、臆病で、弱っちいただの人間である。
アニメ版の声優難波圭一


概要


ランカークス村出身のアバン使徒15歳

調子者の魔法使いで、本編ギャグパートでは高確率で痛いにあっている。

物語序盤は臆病者として描かれているが、
クロコダイン編後半以降は、強敵に対し果敢に戦う姿が多く描かれるようになる。
また精的にも成長しており、序盤は仲間を見捨てて然と逃げる様な人物だったが、中盤以降は戦術的撤退以外の的で逃げる事はくなっている。

成長するにつれて見せ場も多くなり、最終的には主人公であるダイ以上に見せ場が多い。
特に、バラン編と終盤の啖呵きりは必見…いや、むしろ全て必見である。

呪文に関しては、メドローアがあまりにも有名ではあるが、他にも、フレイザードの技であった五爆炎弾(フィンガー・フレア・ボムズ)を放った事があったり、とっさの判断での魔宝石を砕いて魔方陣を形成しマホカトールを成功させる、という離れ業をやってのけた事もある。

終盤のある一件により賢者として覚醒するが、本人は賢者と名乗る事を嫌い、第二の師であるマトリフに倣って大魔道士と名乗るようになる。

自身が持つ強い劣等感から、「努力の人」というイメージの強いキャラで、アバン使徒いて最も人間臭い一面も持っている。また、アバン使徒の中で普通庭で生まれ育った経歴の持ちでもあり、その事で悩み苦しんだ事もある。
作中にいて、天才の片鱗を見せた事が何度かあるが、自他共に「天才」と称したのは、36巻の一コマだけである。

なお、ミナカトール発動に際して判明した、ポップの魂の徴は「勇気」であり、ファンからは「勇気使徒」と呼ばれる事もある。
勇者徴とも言える「勇気」は最初はダイのものと作中でも思われていたが、ダイではなく彼の徴であった
理由は作品を見ていけば納得出来るだろうか。

要約すると、お調子者でスケベで逃げ出し野郎でマトリフ自慢の子で地上一の切れ者で大魔王を脅かした
臆病で弱い、ただの人間である。

大魔道士

元々は、「賢者」という言葉面が気に入らない、という理由でマトリフが考案した肩書きである。
本編ポップが初めてこの肩書きを使ったのは、バーンパレスけるシグマ戦で、シグマは当初ポップ魔法使いだと思っていたが、回復呪文を使うのを見て「君は賢者なのか」と問いかけた事に対する返答。
以降の単行本に掲載されたキャラクターパラメータの職業欄も「だいまどうし」となっている。

本来は、魔法使い僧侶両方の呪文を扱うものは本作にいて一般的には賢者とのみ呼ばれており、大魔道士と言うのはあくまでマトリフが考えた自称であるが、作中に登場する賢者があまりだった活躍をしていない事もあってか、賢者より格上に見えているというのが現状だろうか。

マトリフく「聞いたらもが恐れ入っちまうようなカッコいい肩書き」。

なお魔法職によくある「非力」のイメージだが、ポップは自分の身長以上の岩石を頭上に持ったままスクワットするほどの怪力の持ちである。ただ、地上で最も硬い金属のオリハルコンを素手で引き裂いたりする他の連中とべると劣るのは確かである。


装備・呪文一覧


武器・防具

魔法使いポップであるが、作中に使用した武器の種類はダイに次いで多かったりする。ここではその武器や防具の数々を列挙・紹介していく。

呪文・技など

序盤はメラ系全てとヒャドヒャダルコヒャド系のみという状態だったが、成長するにつれべギラマまでのギラ系とイオラまでのイオ系といった極大呪文を除く魔法使い系の攻撃呪文一通り使えるようになる。
マトリフに師事した際に魔法使い呪文に限らず一通りの呪文契約をやらされていたため、ミナカトール発動を巡る攻防戦で勇気覚め大魔道士となってからは、べホマをはじめとした回復呪文も使えるようになる。
キャラクターパラメータによれば、他にヒャダインも使えるのだが、彼が作中で使用したことはない。
彼が使用する本作オリジナル呪文については以下に列挙する。


関連人物


ここでは、作中の人物の中で関連の深い人物を列挙、紹介する。
なお、本項にける台詞ポップに向けられたもの、もしくはポップを対としたものの中から抜したものである。

スティーヌ

「生まれた人間はいつかは死ぬ。……だから…だからみんな一生懸命生きるのよ」

ポップ母親で、夫ジャンクと共にランカークス村で武器屋を営んでいる。

中本人との接点はどなかったが、幼少のポップ彼女が言った言葉は後にポップ自身を、そして心が折れていたダイを立ち上がらせた。

アバン

修行で得たというのは、他人の為に使うものだと私は思います」

第一の師で、呼び方は「先生」若しくは「アバン先生」。

厳しさにしきれない為か、ポップの成長を促す事が上手く出来ていなかったが、アバンの離脱後ポップの成長には常にアバンの姿があった。
終盤では、ポップを「マトリフが傍らにいるのと同じ存在感を感じる」と評しており、瞳化する際にはポップを「自分以上の切れ者」と認めていた。

ダイ

おくびょうだけど一生懸命がんばって正しい事をしようと努している…それが…それが…こいつだったのに…!!!」

子であり親友。立ちからずっと苦楽を共にしてきた。

作中にいて、ダイが挫けそうになったり苦悩した時には必ずポップの存在があり、そういった意味でもポップは最大の理解者でもある。また、アバン使徒の中でもポップを最も信頼しており、大魔王の「天地魔闘の構え」は彼なしでは破る事は出来なかったであろう。
その一方で、ポップダイを最も信頼しており、彼の為ならその命を捨てる事さえ厭わなかった程。普段先を争うような状況には参加しないが、大魔王との決着後、地上へと落下するダイよりもく受け止めに飛び出した事でダイに対するポップの思いが判るであろうか。

ハドラー

「オレのような悪魔のためにこいつを死なせないでくれっ!!!…よっ!!!!」

ての魔王であり、魔王軍魔

魔軍時代はそれほど接点がないが、ザボエラと結託して闇討ちを仕掛けた際には、落ちぶれた彼を見て失望したポップ説教された事がある。生物となり、バーンパレスけるダイとの一騎討ちの後に、機をっていたキルバーンによって発動した「殺しのキルトラップ)」から、自らを顧みずにダイ達を救出しようとする彼の姿に見とれて脱出をった為に、取り残されたポップを更にっている。
その際に叱励するが、ポップからった理由を聞かされた事で恐らく生まれて初めて他人の為に涙を流し、そして人間ポップの存命を祈った。
その祈りが届いたのかアバンにより救出され、彼の腕の中で消滅する。ポップは「最後の間はおれたちの仲間だった」と評している。

アバン使徒で最も大化けしたのがポップであるなら、魔王サイドでは間違いなく彼であろう。また、その過程においてポップと共通する点がいくつもある。

クロコダイン

「そろそろ、付き合いも長いからなぁ?」

魔王団長


次へ»
最終更新日: 19/06/06 20:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ