ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT


ヨミ: ポッケントーナメント
掲示板をミル!
985カキコ!

ポッ拳ロゴ

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENTとは、アーケードで稼働されるポケモンアクションバトルゲームである。
アーケード版は 2015年7月16日より稼働。
庭版は2016年3月18日Wii U版が発売。2017年9月22日にはNintendo Switch版がDXと銘打たれて発売される。


概要


2014年8月26日ニコニコ生放送電撃発表された新たなポケモンゲーム
とは言うものの実は2013年8月に行われた「ポケモンゲームショー」で流された特別映像に数ほど本作のような映像が流れていた。当時は「鉄拳」のような「ポケモン」だから「ポッ拳」だとファンの間でも勝手に呼ばれていたが、実際にこの名前で商標登録されたことから多くの人の間で呼ばれるようになった。
二つを混ぜた名前をしているが、鉄拳ポケモンコラボタイトルではなく、あくまでポケモン同士が戦う格闘ゲームである。

本当は太鼓の達人ポケモンコラボのためにバンダイナムコゲームスポケモンスタッフが集まっていた。そこへポケモンシリーズプロデューサーである石原恒和氏が「どうせするならこんなゲームがやりたい」と自分が一から用意したプレゼンを見せに乗り込んできたのが本作開発のきっかけだったそうだ。
このプレゼンの時点で既に「ポッ拳」という名前を使っていたとのこと。

開発にはバンダイナムコゲームス鉄拳シリーズを開発している原田氏、ソウルキャリバーシリーズを開発している星野正昭氏が参加している。星野氏は社内の中でも特にポケモンに詳しく、ポケモンカードゲームでは某所でジムリーダーをするほどの腕前である。

格闘ゲームではあるが、同じボタン連打で簡易コンボや据え置きゲームのようなコントローラーなど、普段ゲームセンターに行かない客層にもプレイしやすい配慮がされている。その一方でコンボ読み合いと言った熟練者向けの要素も存在している。

余談であるが、「POKKEN」というキーワードオランダ語天然痘という意味の為、画像検索を行う場合は注意されたし。
も、稼働開始から2年経った176月現在では天然痘がヒットする方が稀だが。


システム



専用コントローラー


筐体にはアーケードスティックではなく、専用のパッドタイプコントローラーがついている。家庭用ゲーム機によくある十字キー・ABXYボタン・LRボタンのみで構成されているため、ゲームセンターであまりゲームをしたことがない人でもすぐに操作に慣れることができる。

十字キー 移動(2回入れでステップ)
Y シュート攻撃/弱攻撃
X ホーミング格闘/強攻撃
A ポケモンわざ
B ジャンプ
L サポート
R ガード (一部ポケモンは特殊な中動作等)
Y+B つかみ攻撃
X+A ブロック攻撃
L+R 共鳴バースト(共鳴バースト中はバーストアタック

デュエルフェイズでは攻撃は同じボタン連打でも自動的にコンボポケコンボ)が決められるようになっている。ボタン連打以外のコンボも存在する。)
ガードの上中下段や"めくり"といった複雑な概念はない。そのかわりガード状態でもHPが少しずつ削られ、ガードし続けるとガードクラッシュがしてしまう。

どちらのフェイズにおいてもつかみ攻撃に打ち勝てる通常攻撃、通常攻撃をガードしながら攻撃できるブロック攻撃ガード状態・ブロック攻撃に一方的に打ち勝てるつかみ攻撃3すくみの構造が本作のバトルの基本となる。
「方向入」+「ボタン」(+長押し)で攻撃を使い分け、波動拳コマンドなど複雑な入操作は必要としない。
Aボタンに割り当てられたポケモンわざは、ポケモンの個性を出す特別な攻撃を行うボタンで、近距離攻撃から遠距離攻撃、つかみ攻撃など様々。


対戦モード


AC版では筐体にクレジット投入後、以下のモードを選んで遊ぶことが可


フェイズチェンジ


ポッ拳のバトルにおいて重要なシステム

バトル中に特定の攻撃を当てたりすると、3Dアクションゲームのように動き回って戦うフィールドフェイズから、格闘ゲームらしい2Dで戦うデュエルフェイズに切り替わり、これをフェイズチェンジと呼ぶ。
フィールドフェイズでは特定の攻撃がヒットした時、デュエルフェイズでは大きいダメージを与える・受けるなどするとフェイズが入れ替わる。このフィールドフェイズデュエルフェイズを交互に行き来しつつ戦うのがポッ拳の基本となる。
自分の攻撃でフェイズチェンジを発生させると共鳴ゲージが大幅に貯まるため、積極的に自分からフェイズチェンジをねらうとよい。

フィールドフェイズ

バトルの最初は必ずこのフィールドフェイズからスタートとなる。3D視点フィールドフェイズではキーが前方となり、前後左右+ジャンプ間を自由に動き回りながら戦うことになる。弱攻撃は飛び道具を発射するシュート攻撃であり、強攻撃は相手掛けて自動で接近して攻撃するホーミング格闘となる。
飛び道具とホーミング格闘など中遠距離読み合いが体となる。この状態から特定の攻撃を当てるとデュエルフェイズに移行する。
また、フィールド上に共鳴エネルギーが発生する

デュエルフェイズ

特定の攻撃を当てると、2D視点デュエルフェイズに移行する。キーが前方(右向き時)の左右+ジャンプの移動と上下左右と攻撃ボタンの組み合わせで多な攻撃が可になる。
デュエルフェイズでは弱攻撃が打撃技となり、相手を浮かせる技が多くガードされても反撃を受けにくくなるなど近距離での戦闘となる。
キー入れの構え状態から繰り出す攻撃は対に使え、下キー入れの伏せ状態から繰り出す技はリーチの長い攻撃を繰り出すことができる。これらの状態の恩恵はそう大きくはないが、ポケモンによって効果が異なる。
デュエルフェイズ特定の攻撃を当てる、または相手に一定のダメージを与えるとフィールドフェイズに戻る。


サポートポケモン


2匹セットサポートポケモンバトル前に1セットを選び、ラウンドごとの作戦タイムで選んだ1匹を戦闘中サポートゲージを使用して出すことができる。
直接攻撃を加えるものもあれば移動速度を低下させるなどの妨をするポケモン、自分の攻撃や共鳴ゲージを高める補助技を使うポケモンもいる。直前のラウンドで負けたプレイヤーサポートゲージMAXスタートできるなど有利な状態で次のラウンドを戦える。


共鳴バースト


共鳴ゲージが最大まで溜まっている場合にLボタンとRボタンを同時に押すと、ポケモンが共鳴バースト状態になる。メガシンカが存在するポケモンはこのときにメガシンカした姿に変わる。
攻撃に専用のエフェクトが出るようになり、一定時間攻撃と防御が上がりHPも少し回復する。また、共鳴バースト中にのみ使用できる攻撃があったり、弱い遠距離攻撃を効化するなど強な効果もある。
共鳴バースト中に1回のみ、LボタンとRボタンを同時押しすることで非常に強バーストアタックを放つことができる。バーストアタックを使用しても共鳴バーストが解けたりはしないのでデメリットは少ない。


応援


ラウンド終了毎にニア応援が発動し、対戦前に設定した傾向に合わせて共鳴ゲージサポートゲージが溜まるようになっている。


スキルレベル(成長要素)


バナパスポートカードを登録すると、プレイ毎に使用したポケモンスキル経験値が得られる。
スキル経験値がいっぱいまで溜まってレベルアップすると、攻撃、防御、共鳴、戦略の4つのいずれかのステータススキルポイントを割り振ることができる。
スキルレベルの上限は100。初期レベルが1なので99ポイント振り分けられ、一度決定しても後で振り直すことが可
上昇幅そこまで大きくはなく、例え攻撃だけに特化して10%アップほどらしい。
対戦時の設定で有効効を切り替えられる。


全国対戦


乱入されない1人用の「シングルプレイ」、同じ店内のプレイヤーと対戦する「店内対戦」、初心者用の「チュートリアル」に加えてポッ拳には「全対戦」モードがある。他店のプレイヤーオンラインで同じ実プレイヤーと対戦できる。同じバンダイナムコゲームスが開発している鉄拳7と同じシステムを使っており、ほとんどラグもなく快適に遊ぶことができる。


その他



Wii U版「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT」


ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT
基本情報
ジャンル ポケモンアクションバトル
対応機種 Wii U
開発元 バンダイナムコエンターテイメント
株式会社ポケモン
発売元 株式会社ポケモン
発売日 2016年3月18日
価格
対応年齢 CERO:A
通信
その他
ゲームソフトテンプレート

アーケード版の稼働開始から遅れること半年、Wii U向けに庭版が発売された。
アーケード版に先んじてバトルポケモンに「ガブリアス」「テールナー」「ミュウツー」「ダークミュウツー」が参戦。サポートポケモンアーケード版より先に登場するセットが収録。
店内対戦の代わりにTV画面とゲームパッドの2画面を用いたローカル対戦が可で、ローカル対戦ではオンライン対戦とは異なりサポートポケモンを毎戦ごとに全てから選び直すことが可
ラクティスモードも収録され、時間や対戦回数を気にせずに練習できる。


次へ»
最終更新日: 17/09/30 15:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ