ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポルシェ


ヨミ: ポルシェ
掲示板をミル!
65カキコ!

ポルシェPorsche)とは、ドイツスポーツカー・レーシングカーを専門とする高級自動車メーカーである。


概要


[画像を見る]ポルシェDr. Ing. h.c. F. Porsche AG)はドイツ西部都市シュトゥットガルトに本社がある自動車メーカーである。高級スポーツカーとレーシングカーを専門に開発・製造し、中でも現在では少数となった駆動方式リアエンジン・リアドライブ水平対向エンジンリアエンドに配したスポーツカーポルシェ911」は有名である。

現在水平対向エンジンを採用している数少ないメーカーの一つであり、自動車メーカーで同エンジンを採用しているのは他にはスバル富士重工)だけである。

モータースポーツ活動が盛んなメーカーとして知られており、GT耐久を中心に活動している。強なレーシングカーでもカスタマーに数多く売ることを始めたメーカーでもあり、ポルシェはそういう意味でもスポーツカーメーカーといえる。またル・マン24時間レースでは通算19回(歴代一位)の総合優勝を飾っており、「耐久王ポルシェ」と呼ばれている。


歴史


技術者フェルディナント・ポルシェがダイムラーモトレンゲゼルシャフトからシュタイアを経て1930年ごろに独立して設立したデザイン事務所が前身となる。アドルフ・ヒトラーアウトウニオン(現:アウディ)等からの依頼で自動車等の設計を行っていた。ヒトラーフォルクスワーゲン)構想、生産台数が2152万台を越えるフォルクスワーゲンタイプ1(フォルクスワーゲンビートル)をはじめ、アウトウニオン・Pヴァーゲン、風力発電機から第二次世界大戦中はキューベルワーゲンティーガー戦車などのドイツ防軍軍用を中心に多種多様な物を設計していた。

戦後フェルディナント・ポルシェは戦争犯罪人として逮捕収監され、それまでの資産などは全て没収されていた。そこを当時南オーストリアケルンテン州グミュントへ疎開していた、設立時からの社員で息子であるフェリー・ポルシェとのルイーズによって1947年に立て直したのが現在に至るポルシェである。ポルシェ356で初の自社生産を開始し、フォルクスワーゲンとの事業提携してシュトゥットガルトへと拠点を戻した。以後、ポルシェ1971年まで直接経営している、現在は同族経営からは脱却しているが現在に至るまでも同社の大である。

事実フォルクスワーゲン式を下に収め、さらには機関から必要に応じて式を追加取得できる権利も含め、約75%まで同社の式を買い進める方針だったが資繰りに行き詰まり、逆にフォルクスワーゲンがポルシェを買収する形で2011年半ばを処に経営統合する予定であった。しかし、こちらも係争中の訴訟問題から難航し、2011年内に決着を見ることはできなかった。2012年8月1日にようやくフォルクスワーゲンによる買収が成立。正式にポルシェはグループ子会社となった。


ポルシェ家


フェルディナント・ポルシェ
「ポルシェAG」の創業者。24歳でハブモーター電気自動車製作パリ博覧会に出展。第二次世界大戦では「エレファント」「キューベルワーゲン」「フォルクスワーゲンビートル」「アウトウニオン・Pワーゲン」などを開発した。第二次世界大戦後、戦争犯罪人として投されたために体を壊し釈放された4年後に死去。生涯の業績から、後年の自動車技術者評論家たちによって『20世紀最高の自動車設計者』に選出されている。享年75歳。
ルイーズ・ポルシェ
フェルディナント・ポルシェの長女。後に結婚してルイーズ・ピエヒとなる。と夫が投されたためフェリーと共にポルシェ社の経営を行った。息子フェルディナント・ピエピは元・フォルクスワーゲン社長
フェルディナントアントンエルンスト・ポルシェ(フェリー・ポルシェ)
フェルディナント・ポルシェの長男。元・ポルシェAG社長で「ポルシェ356」の設計者。
フェルディナントアレクサンダー・ポルシェ(ブッツィ・ポルシェ)
フェリー・ポルシェの長男。「ポルシェ911」のデザインを担当した。後にポルシェデザイン社をして独立
ヴォルフガング・ポルシェ
フェリー・ポルシェの四男。現・ポルシェAG役会会長

主なモデル


ボクスター(Boxster)
オープンカー専用モデルロードスター水平対向エンジンミッドシップへと配置している。
ケイマン(Cayman)
ボクスターハードトップ化させたクーペ。
  • ケイマン / ケイマンS
911
フラッグシップモデル。ポルシェの代名詞ともいえる、スポーツカーでは数少ない後端へエンジンを配置した。下記は現行(2013年3月)で販売している物のみだが、多種多様なモデルがある。
パナメーラPanamera
5ドアハッチバックサルーン
カイエン(Cayenne)
フォルクスワーゲンと共同開発したクロスオーバーSUVだがフォルクスワーゲン・トゥアレグとは台のみ共通。
918スパイダー
ハイブリッドミッドシップスーパーカー
マカン(Macan)
カイエンの下をカバーする、ミドルサイズクロスオーバーSUV

過去のモデル


356
ポルシェの名を冠した初めてのプロダクションモデル
912
911のボディに356用のフラット4エンジンを積んだ廉価版
914
VWビートルの後部メカを流用して作られた安価ミッドシップ
924
914の後継として作られたFRスポーツ
928
911の後継として作られたFRスポーツ。より高級を好む客層を狙っていた
944
924と928の間を埋めるべく作られたFRスポーツ924をブリスターフェンダードレスアップしたスタイル
959
911ベース4WD化、当時の最先端技術が詰め込まれ、後の911の発展に大きな影を与えた
カレラGT
21世紀初頭のポルシェ製スーパーカー600PSえるV10エンジンを搭載

モータースポーツ


ポルシェといえば、モータースポーツとは切っても切り離せない存在といえる。その関わりを、簡単に追って見る。
911に関しては、→ポルシェ911の記事を参照。


スポーツカーレース


ポルシェは、最初のモデル356からすでにモータースポーツの申し子と言えた。
1951年356アルミボディーによるスペシャルマシンで初めてのワークス参戦を果たし、初年からル・マン24時間レースクラス優勝をしてみせたのである。それとは別に、レン・シュポルトRenn Sport)と呼ばれるプロトタイプカーにも着手。当時としては極めて先進的なミッドシップレイアウト550スパイダーを開発し、1500ccの小ぶりなマシンながらル・マン24時間のクラス優勝の常連となった。さらに多くのプライベーターに販売されて、手軽に高性マシンを得やすくすることでレース盛に大いに貢献する事になる。このポルシェの姿勢は、のちのグループC時代にも発揮されている。

1964年にはカレラ904GTSを開発。これも下位クラスながら常に大活躍した。日本では、第2回日本グランプリでのスカイラインGTとのトップ争いが、今もとなっている。1966年に登場した906も、同年のル・マン24時間で1-2-3フィニッシュしたフォードGT40Mk.IIに続いて4-5-6位でゴールしている。翌年にはより良された910、そして1968年には3000ccプロトタイプカーが制限されたことに対応した908が投入された。

1970年には5000ccスポーツカークラスが年間25台生産の条件に緩和(これまでは年間50台)され、事実上の大プロトタイプカーとなったことに対応し、4900cc水平対向12気筒エンジンを搭載した917シリーズを開発。ついに念願のル・マン24時間レース総合優勝を遂げた。翌年も同じ917で連覇を達成する。

1972年にはプロトタイプカーが再び3000ccに制限されたため、ポルシェは一旦ワークス活動から身を引くが、911ベースGTカークラスには依然参戦。1976年スポーツカーレギレーション全面訂により、新しいグループ6(2100ccターボなどのプロトタイプ)とグループ5(屋根などの一部だけ再現するいわゆるシルエットフォーミュラ)にそれぞれ936と935を投入。1976年1977年1979年1981年と両マシンル・マン24時間の総合優勝を獲った。

1982年から新たなグループC規定が始まり、このためのマシン956、962Cにより、1994年に至るまで優勝の常連となり、スポーツカーレース過去最高に盛り上げる立役者となるのである。詳細は→グループC

グループC時代が去った後も、TWR(ジャガーグループC)のモノコックをベース962C用エンジンを積んだWSC951996年1997年を連覇。代わって1998年911GT1で3連覇を達成。再びワークス活動を終わりにする。

21世紀に入ってからは、ワークス活動を控えていたが、2013年WECのLMGTEクラス911RSRに参戦して復活。2014年からはLMPクラス919ハイブリッドで挑戦し、アウディトヨタといったライバルたちを相手に2015~2017年ル・マン24時間3連覇を成し遂げた。

これらの他にも、911によるワンメイクレースカレラカップ」など、世界を見渡せばモータースポーツのあるところポルシェがある。


フォーミュラカー


スポーツカーでのかしい戦績にべると、フォーミュラカーでのそれはいささか寂しいものと言える。


次へ»
最終更新日: 18/01/26 20:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ