ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マイケル・ベイ


ヨミ: マイケルベイ
掲示板をミル!
68カキコ!

破壊大帝ベイトロンことマイケル・ベイMichael Bay)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のアメリカ映画監督である。


解説


もともとはミュージックビデオCMの演出・監督を手がけていたが、数々の賞を受賞した実績からその後映画監督となる。

SFアクションなど、大な予算を次ぎ込んだエンターテインメント超大作ブロックバスター映画)の監督として有名だが、「13日の金曜日」などホラー映画リメイク製作なども手がけている。

かとタッグを組んで映画制作に携わることが多く、監督が独自に取り組んだ作品は『アイランド(2005)』のみで、『バッドボーイズ(1995)』から『バッドボーイズ2バッド(2003)』まではジェリーブラカイマー、『トランスフォーマー3部作(2007~2011)ではスティーブン・スピルバーグと組んでいる(3作ダークサイド・ムーン』ではジェームズ・キャメロン3D制作の助言を与えている)。

内・海外問わずファンの間で「マイケル・ベイのミソには火が詰まってるのではないか」と言われるほど、とにかく迫に満ちた爆発(とカーチェイス)の描写に定評がある。『アイランド』ではベイがを運転しているなか鉄道用の輪運搬トレーラーと遭遇し、「これが落ちたらヤバそう」と感じ、同映画カーチェイスシーンにこの要素を加えている。特に『トランスフォーマー/リベンジ』のクライマックスで使われた火の量はハリウッド映画史上最大級と言われるほど。
また、異様なめまぐるしさのカット割と、やたら揺れたり回ったりのカメラワークから、観客の中には酔う人も多い。「何が起こっているかさっぱりわからないが迫だけは感じる」という評価が少なくない。 
や火の中でカメラを覗き込むベイの姿は、それ自体が既に映画的である。

また、かなりのミリタリーフェチで、映画ではだいたい米軍が活躍する。
伊藤計劃摘していたが、『トランスフォーマー』を例にとると、窮地に陥った味方基地に対して、まず偵察機が飛び、AWACS急行し、A-10が地上を制圧し、そしてAC-130が対地支援攻撃を行う、という過程をかずに(作品全体としてはそんなに必要な描写でもないのに)しっかりと描く。軍事がしっかりしていると言うよりは、米軍の本気を映像にしたいという素直な欲求がにじみ出ていると言える。よく『パール・ハーバー』で突っ込まれるが、本来は明白色のはずの零戦を濃緑色に変えたのは「その方がかっこいいから」とのこと
かっこよく映してくれるので、米軍も快く協してくれるという。

加えて、スピルバーグが舌を巻くほどにの描写が上手く、彼に「をかっこよく撮らせたらベイの右に出る人はいないね」とまで言わせているほど。というのも、そもそもCMを作っていたこともあるからである。

 製作揮の『ミュータント・タートルズ』の制作の際、もともと突然変異で巨大化したというカメたちの設定を、宇宙からきたエイリアンに変更したと発表し、「作品への冒とく」だとファンやかつての役者の怒りを買う事態を引き起こした。
この事態に、氏は自らの公式サイトで「ファンは深呼吸をして、冷静になるべきだ」と反論。「リラックスしたまえ。らは、君たちがファンになったきっかけをすべて盛り込んでいる。ただ、もっと豊かな世界にしようとしているだけだ」とコメントを寄せている。
その後、制作は一時中断となるが、エイリアン的な要素はかれ、元のタートルズに近い設定で制作され開された。


監督作品



製作作品



関連項目



最終更新日: 15/02/15 13:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ