ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マイティ・ソー


ヨミ: マイティソー
掲示板をミル!
325カキコ!

マイティ・ソー(Mighty Thor)とは、マーベル・コミックスーパーヒーローである。

また、彼を役とするコミックアニメ映画タイトルにもなっている。

マイティ・ソー
出版社 マーベル・コミック
出版
著者 スタン・リー
ラリー・リーバー
ジャックカービィ
初出 Journey into Mystery #83
1962年8月10日


概要


北欧神話雷神トール(Thor)を原に作られたキャラクターで、ソーという名前はThorを英語読みしたもの。正しい発音は「ソール」なので間違った読み方という訳ではない。

「マイティ」は"強な"とか"強い"といった意味合いで苗字や名前などではない。近年ではソーとだけ呼ばれることが多い。

本名はソー・オーディンソン。
しかし、オーディンソンは苗字ではなく「オーディン息子」という意味。

アスガルド人は北欧神話同様かねてからフロストジャイアント(巨人族)と敵対し戦争を繰り返していたが、現在は休戦協定を結んでいる。


オリジン


オーディン息子であり、アスガルド皇太子として鍛錬を積んでいた。
々の世界アスガルド最強と言われるまでに恐れられていたが、己のを誇るあまりに増長しすぎていたためオーディンによってを奪われ更生させるために人間世界であるミッドガルド(地球)に堕とされたのがオリジンとなる。

コミックでは人間に転生させられ、ソーの記憶を消された上でドナルドブレイクという名で生を受ける。足が不自由なこと以外は普通人間で非常に頭が良く、医者となっている。子供のころから北欧神話に強く引き付けられ、ノルウェー旅行中に地球侵略を企む土星人の先遣隊に襲われ、洞窟に避難。八方塞がりの状況で、そこで見つけたほどの大きさの木の棒を頼りに脱出を試みるもわず、自暴自棄となって棒を投げつけるとたちまちムジョルニアに変化し、ソーとしての元の姿とと記憶とを取り戻し、土星人を退治した。
その後は医者として働きながらヒーローとしての活動を続けることになる。

実写版では二時間という短い時間でオリジンを消化するために、慢心しての増長ゆえにアスガルド追放という流れは変わらないものの転生はなかったことにされ、だけを封じられたままムジョルニアと共にニューメキシコ州に堕とされる。
ドナルドブレイク」という名前は女性研究者ジェーンフォスター(コミックにも登場するが設定は異なる)の元彼の名前という設定になり、ソーの偽名として使われる。また、ソーは彼女宅に残してあった男物のを借りている。
突如落ちてきても持ち上げられなかったというムジョルニアの存在を知り、取り戻そうとするものの、最初は傲慢なままだったためムジョルニアを持ち上げることができなかった。地上での生活やジェーンフォスターとの、そしてロキが追放されたソーを殺するために送り込み、を破壊して回るデストロイヤーとの戦いを通して心し、ムジョルニアに認められたことでソーとしてのを取り戻した。


特徴


種族 アスガルド
身長 実写版】193cm(6'4")
コミック】198cm(6'6)/【人間時】175cm(5'9")
体重 【通常時】291kg(640Lbs)/【人間時】68kg(150Lbs)実写版の体重は不明
俳優 実写版】クリス・ヘムズワース
声優 実写日本語版】三宅健太

に最高オーディンにミッドガルド(人間界)の大地のジョオド、義理のロキを持つ。オーディンの後継者として育てられ、アスガルド皇太子を務める。
性格は放磊落なオレ様キャラしかしながら『高潔な心を持つ者のみ』扱える"ムジョルニア"を自在に操ることができる。品行方正と言うわけではなく自分の心に偽りがなく素直だということ。素直であるがゆえに全盛期は驕り高ぶってしまった。

寿命は非常に長く、コミックではイドゥンにあるリンゴを定期的に摂取することで寿命を延長できることが明かされている。細かな年齢は不明だが、実写版でも年はゆうに1000歳をえていると思われる。

マーベルユニバース北欧神話は彼らアスガルド人とバイキングの交流から生まれたという設定になっている。


能力


コミックの設定だが、実写版のの大小はあれど差は少ない。

種族は人間ではなくアスガルド人であるため、筋肉組織の構成が人間とは異なり人的な耐久性と怪力と回復を持つ。普段は本気を出すことはなく、手を抜いた状態でさえ全アイアンマン圧倒する力を持ち、量はハルクと互

実写版ではムジョルニアを失って人間化された状態でもエリートエージェント相当の身体は残っており、ムジョルニアを取り返そうとS.H.I.E.L.Dのキャンプに生身で潜入するなどのも行っている。


コスチューム


のボディアーマーの上にマントを羽織る姿が基本。ボディアーマーには発もする丸いパーツが取り付けられている場合もある。普段はノースリーブだが、本気をだすときは袖地が装着される。

アメコミではバイキングがかぶるような兜をしているが、実写版などではかぶっていない。
この兜の側頭部には羽状の飾りがついている(キャップとおい)。おそらく19世紀以降に流行った北欧神話の絵画が影していると思われる。同様の兜をかぶったキャラクターとして日本でもワルキューレ(ナムコ)などがいる。


ムジョルニアについて


■azB00A6IDY3Q

北欧神話トールがもつハンマーミョルニル(Mjolnir)の英語読み読みにくいので実写版では"ムニョムニョ"と発音されたことも。元ネタについてはミョルニルの記事参照。

ソーのメインウェポンにして彼のであり、オーディン魔法によって作られたもの。
非常に大きく、高潔な精を持つ者にしか持ち上げることはできない。ソー以外で持ち上げることができた者はキャプテン・アメリカなどを筆頭に数えられるほどしかおらず、ハルクを以ってしても持ち上げられなかった(コミックアニメなどではソーの腕ごと引きちぎって持ち上げたりなどと例外は結構ある)。
また、高潔な心を持たない者の体に置いた場合は対を動けなくさせる封印効果がある。重さ自体が凄まじい訳ではないためソーの管理下にあればどこでも保管は可

北欧神話に伝わるように投擲してもソーの意思に応じて手元に周囲の物を押しのけながら戻ってくることが可で、凄まじい粉砕を持つ。

普通に殴るだけではなく投擲武器として使用される他、を操ったり、電撃を発したりと魔法的なソーのはムジョルニアによってもたらされたもの。
コミック版ではソーが前世の記憶を取り戻すためのキーアイテムであり、それ以降も人間体からソーへ変身するための変身アイテムとなっている。また、60以上ムジョルニアを手放していると人間に戻ってしまうという弱点があった。コミック版では次元の狭間を突破すまでも持つが、実写版でその設定はない。


シネマティック・ユニバースにおけるマイティ・ソー



マイティ・ソー/監督:ケネス・ブラナー


■azB005IE6ZIE

2011年マーベルシネマティックユニバースの第四作として開された。

これまでの『アイアンマンシリーズや『インレディブル・ハルク』の科学的な世界に、"異世界の存在"や"魔法"の概念を持ち込んだ作品。科学魔術の交差の役を担っている。

冒頭のフロストジャイアントとの戦闘で手にした「コズミック・テスラ(4次元キューブ)」が『アベンジャーズ』のキーアイテムとなる。

大まかなストーリーは上述のオリジン参照。

アスガルド皇太子として育ってきたソーの皇位継承儀式の際にフロストジャイアントが「いにしえのの小」を奪還すべく侵入し、儀式にされたのが事の発端となる。

プライドを汚されたソーが独断で親しい仲間を率いてフロストジャイアントの拠点ヨトゥンヘイムに攻め入ったが、それが原因で休戦協定が揺らぎ、開戦の危機を迎えた。責任な行動に激怒したオーディンが、息子の驕りと傲慢さを心させ「王としてふさわしい」高潔な魂を磨かせるためにソーからスーパーパワーを奪ってムジョルニアと共にニューメキシコ州に堕とした。

一方ソーのロキは己の出自の真実を知って怒り、アスガルドを支配するために動き出すのだった。

時系列的に『アイアンマン2』の後の出来事である。コールソンが『アイアンマン2』ラストで「確認しました」とフューリーに報告していたハンマーはソーのムジョルニアホークアイが初登場したのはこの作品。

演はクリス・ヘムズワースとトム・ヒドルストン。どちらも名の俳優であったがキャラにとてもマッチした演技が評判となり大ヒットを記録した。ちなみに、トム・ヒドルストンは元々ソー役でオーディションを受けていたがロキ役を演じることとなった。

ヴィラン
ロキ
スタン・リー
びくともしないムジョルニアトラックで引っり上げようとしている老人。

アベンジャーズ/監督:ジョス・ウィードン


■azB009WJY4FC

『マイティ・ソー』でソーとの格の違いを見せつけられたロキが今度はソーの愛し地球にして支配してやろうと企んだのがこの作品。

マーベルヒーローの「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」らの大看が一同に介し、コズミックキューブ地球支配を論むロキに立ち向かう。

ヒーロー映画としてのアクション要素もさることながらヒーロー同士の人間関係にも重が置かれているのが特徴。
最初はギクシャクしているアベンジャーズチーム「アベンジ(復讐)」を掲げ後半には結束し共闘する。

ソーの人、ジェーンフォスターはコールソンの図らいでノルウェーへ避難しており作中に直接登場しないが名前と写真だけ出ている。物語キーパーソンとしてセルヴィグ博士が登場。

作中を通して『マイティ・ソー』からロキに支配者としての在り方を問うたりとソーが成長している描写が多く、よく観察すると面い。

コミックではソーはアベンジャーズチームの創設メンバーの一人。アイアンマンキャプテン・アメリカ、マイティ・ソーは"ビッグ3"としてとても有名である。


マイティ・ソー/ダーク・ワールド 監督アラン・テイラー


■azB00JIJVJP4
2014年2月開の実写映画第2弾。アメリカでは2013年11月

々の王としての立場と、地球に残してきたジェーンとの間で揺れ動くソーと、『アベンジャーズ』で敗れ去ったロキの復活を描いている。


次へ»
最終更新日: 19/07/21 14:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ