ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝


ヨミ: マギアレコードマホウショウジョマドカマギカガイデン
掲示板をミル!
3654カキコ!

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝とは、2017年8月22日からアニプレックスより配信されているスマートフォン専用ゲームアプリジャンルは「魔法少女RPG」。

このゲーム原作とするテレビアニメについてはマギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝(アニメ)を参照。

概要

アニメ魔法少女まどか☆マギカ」を原作としたスマートフォンゲームアプリ2019年4月からはDMM GAMESをプラットフォームにWindows版(といってもBlueStacksによるAndroid版のエミュレーションなのだが)のサービスも開始している。

魔法少女まどか☆マギカ」の外伝作品となっており、2016年9月22日から25日まで開催された原作アニメ制作会社であるシャフト40周年イベントMADOGATARI展」で発表された。

開発は「オルタンシア・サーガ」等を開発しているf4samurai。新キャラクターが多数登場し、メインキャラクターの原案は原作と同じ蒼樹うめが担当する。新たな魔女の原案も原作同様に劇団イヌカレーが担当し、OPアニメーション魔法少女変身シーンシャフト制作する。また、新しい魔法少女デザインは様々なイラストレーター漫画家が参加、中には外伝漫画作者や『まんがタイムきらら☆マギカ』連載によるものも含まれている。BGMは基本的にゲームオリジナルの新規楽曲が中心となるが、梶浦由記による「まどか☆マギカアニメ本編音楽も用いられている。主題歌ClariSではなくTrySailが担当。そのためかTrySailメンバー全員メインキャラクターを演じている。ClariSゲーム第2部及びテレビアニメ版から関わるようになる。原作で脚本を務めた虚淵玄の関与は不明。

サービス開始1年を控え、2018年8月には柿崎芽実(いろは役)、丹生明里(まどか役)などけやき坂46のメンバーキャラを演じる舞台版が上演、2018年9月1日にはヒューリックホール東京で「Magia Day 2018」マギアレコード1周年記念イベントが開催、AbemaTVYouTubeでも生配信が行われ、TVアニメ化が発表された。2019年9月8日TOKYO DOME CITY HALLで開催の2周年記念イベントでは2020年1月放送開始がアナウンスされ、予定通り第1期を放送後第2期の制作も発表されている。
まんがタイムきららフォワード2018年10月号からは富士フジノによるメインストーリー漫画版が、2019年からは芳文社サービスを始めるコミック配信サイトCOMIC FUZ』でU35によるアナザーストーリー漫画版がそれぞれ連載されている。

ストーリー

舞台は新都市神浜市

わたしと、いっしょに戦ってくれる?」

少女たちの出会いが、新たな物語をつむぐ。

奇妙なに導かれ、魔法少女たちがこの町に集う。

そこは魔法少女たちがそのままの姿であり続けられる場所。

彼女たちは、魔女から新たなを引き出して戦っていた。

「何が起きてるの……この町で……」

環いろはは、姿を消した・ういを追って、この町にやってきた。

いろはは、魔法少女たちとともにういの手がかりを探しはじめる。

やがて、見滝原市魔法少女暁美ほむらもこの神浜市にたどり着いた。

「このがわかれば、鹿さんを救えるかもしれない……」

ふたつの町の魔法少女が交差して、もうひとつの希望が生まれる。

公式ホームページ[外部]より)

メインストーリー」は本作の主人公である環いろはを軸に物語が展開する。メインストーリーの他にも、第1部ではまどか見滝原魔法少女からの、第2部では物語に関わる様々な魔法少女からの視点で展開される「アナザーストーリー」、魔法少女毎のエピソードである「魔法少女ストーリー」のに3つで構成されるほか、イベント開催時には専用のストーリーが設けられることがある。また、アドベンチャーパートホーム画面ではLive2dが使われており、キャラクターが動いてくれる。

登場キャラクター

キャラクターの他にも原作キャラクターも登場する。また、まんがタイムきらら☆マギカ等で連載された外伝漫画作品(「魔法少女おりこ☆マギカ」等)のキャラクターも初期実装や期間限定で登場している。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝の登場人物を参照

バトル

魔法少女5人でパーティを組み(1人はフレンド魔女と戦っていくコマンド選択式のバトル。3×3のマス魔法少女を配置し形を組んで戦う。

魔法少女には属性タイプがそれぞれ設定されている。
属性は「フレイム(火)」・「アクア)」・「フォレスト(木)」・「ライト)」・「ダーク(闇)」そして調整屋系キャラ専用の「属性」の6種類で、攻撃の際火・・木の3種は三すくみと闇が相対する関係となり、属性はそれらには左右されない。
タイプは攻撃重視の「アタック」、防御重視の「ディフェンス」、攻守のバランスが取れた「バランス」、攻撃よりも後方支援とする「サポート」、回復に長けた「ヒール」、強マギアを放つことができる「マギア」、EXスキルを所持しステータスを誇る「アルティメット」と「エクシード」の8種類となる。

コマンドディスクと呼ばれ、5枚表示される内の3つを選択する。ディスクタイプMPゲージを溜める「アクセル」、チャージゲージを溜め続けたまった分を解放すると大ダメージを与えることができる「チャージ」、MPを溜めることができないが縦横いずれかの方向にまとめて攻撃ができる「ブラスト」の3種類あり、魔法少女毎に異なったディスクを持つ。同一種類または同じ魔法少女ディスク3つを選ぶとコンボが成立し強な攻撃が可(同一種類+同一魔法少女ではより強に)。

同一魔法少女ディスクを累計で3回選択し、ポイントを溜めると魔法少女同士の連携技「コネクト」が使用可になる。これを使うことでコネクトした先にHPMP回復ステータス強化・特殊効果の付与・デバフの解除などがもたらされる。効果はコネクト元によって異なるほか、特定キャラクターに対して特別な効果が発生する事もある(例:いろは→やちよでMP回復が追加)。

MPゲージがたまると「マギア」と呼ばれる魔法必殺技)を唱えることができる。また後述の「ドッペル」を解放していれば、MPゲージが200までたまった時点でドッペルを発動させて超必殺技として攻撃することができる。

育成

ミラーズ

ミラーズとは鏡の魔女が作り出した間のこと。他プレイヤーの映し身とのバトルをすることが出来る。ミラーズに関してはフレンドがないため、自分の手持ちの魔法少女のみで最大5人のパーティ編成をすることになる。
勝ち続けながらミラーズのに行くことが的。対戦することでミラーポイントミラーコインデイリーコインが得られ、ポイントが一定数貯まればの階層へ進め、コインアイテムに交換できる。

また、2018年1月からはランキングを競うミラーズラキングが随時開催され、予選期間5日で組み分けを行い、本選を1日実施して最終的なランキングを決めるようになっている。

ドッペル

魔法少女ソウルジェムが濁りきった場合普通魔女化してしまうのだが、神浜市では魔女化せずにドッペルというが発動する。最大限に覚醒した魔法少女のみ使用可魔女を部分的に引き出して行使するいわゆる超必殺技にあたる。魔法少女全員神浜市に移住すればハッピーエンドなのではないだろうか……と思ったけど実は神浜自体がかなり面倒なである模様。どうしたもんか。

しかし、ドッペル解放するにはかなり長いのりで、


次へ»
最終更新日: 20/12/03 09:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ